ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ヤミ美容整形の世界【前編】あなたも3日で「センセイ」に

2022/04/24 10:10 JST配信
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 美しくなりたいと受ける美容整形……しかし術後のトラブルは後を絶たず、死亡事故も出ている。ホーチミン市には、美容整形の技術を教えるという「教室」も多数存在するが、果たしてその実態は――。


練習はホンモノで

 「ウチなら何日かで技術が身につくわ。生徒はみんなスパや美容クリニックの経営者。実践が多いから3~4日で覚える人もいる」。

 3月某日、ホーチミン市6区ハウザン(Hau Giang)通りの美容整形教室で応対してくれた30歳前後の女性Lが説明した。フィラー(充填剤)注射の学費は400万VND(約2万1900円)という。

 別の日、今度はゴーバップ区ブイクアンラー(Bui Quang La)通りの教室に行くと、女性Pは「唇、頬、顎のフィラー注射は500万VND(約2万7300円)。最初の1週間は見学。その後、顎とか頬とか簡単なところの注射から始める。ホンモノの人間で練習するのよ。じゃなきゃ身につかないから。でもヒトでやるんだから注意しないと。機械なら修理すればいいし、何なら新しいのを買えばいいけど、人間だとそうはいかないからね」と言い、最も難しいのは鼻のフィラー注射だと説明した。血管にあたれば非常に危険で、壊死することもあるそうで、「ちょっとウデがいるわね」と言う。


全国各地から集まる生徒

 Pによると、この仕事は女性よりも男性の方がいいらしい。男の先生の方が信頼できるという女性の心理があるという。

 またPの教室には、全国各地からスパや美容クリニックの経営者が学びにくる。ちょうど居合わせた女性B(30歳)は、北部紅河デルタ地方ニンビン省で歯医者を営んでいるが、美容整形の方が儲かるため、ここに来たという。フィラー注射や鼻整形などを3か月かけて学び、終わればニンビン省に帰ってクリニックを開くのだそうだ。

 Pの生徒はほとんどがクリニック経営者で、客が少ない時期に教室に来る。先日は南部メコンデルタ地方キエンザン省から生徒が来て、二重まぶたの切開法を5日ほど学んで帰っていった。施術が難しい客がいれば電話でアドバイスを求めてくるそうで、「この人は、ひとつ覚えたら地元に帰ってお客さんに施術して、またしばらくしたら別の技術を勉強しに……って感じね」とPは説明した。

次ページ → 出張講習に同行

前へ   1   2   次へ
Clip to Evernote
[Thanh Nien 06:25 13/04/2022, F].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
がんに打ち勝ったシングルマザー、病を経て人生に輝き (26日)
 トゥイさんにとってがんは人生の終わりではなく、彼女の人生をより輝かしく再スタートさせるためのチャンスとなった。 1日が50時間あればと願った闘病の日々  「お母さんね、がんになっちゃった!」トゥ...>> 続き
ハノイの「鍛冶屋村」唯一の女性職人 (19日)
 初夏の午前7時、ドー・ティ・トゥエンさん(女性・57歳)は手持ちの中で一番古い服を選び、ブーツを履き、分厚いグローブをはめ、布の帽子をかぶって、40年物の炉に火を入れる。  トゥエンさん一家の工房は、...>> 続き
日本初のベトナム人ロックバンド「KURROCK」、異彩を放つ魅力 (12日)
 2022年6月に東京・代々木公園イベント広場で開催された「ベトナムフェスティバル2022」で、ひときわ異彩を放つアーティストがステージに登場した。東京をベースに活動する、ベトナム人5人と日本人1人からなる6...>> 続き
「異形」のベトナム男児と米国女性の物語 (5日)
 17年前、ホープさん夫妻は、フンという名のベトナム人男児を養子に迎えた。小さく、体中に疥癬があり、そして顔の半分が腫瘍に覆われた男の子だった。  「サミュエルはもう高校を卒業して、じきに大学に入...>> 続き
兄は姉、妹は弟…トランスジェンダーの兄妹が自分自身を見つけるまで (5/29)
 男性の身体を持って生まれたキム・トゥンさんは、自分に無理をしながら周りの人々のために男性として生きていた。しかしある時トゥンさんは、妹のイエン・ニーさんも女性の身体を持ちながら内面は男性であるこ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved