ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

帰郷、そして家族との対面……「異形」のベトナム男児と米国女性の物語

2022/09/04 10:33 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 東南部地方ビンフオック省ドンソアイ市の住宅地に1台の車が停まった。開いたドアから出てきた若者は、立ち尽くす女性に駆け寄り、ひしと抱きしめた。

【過去の関連記事】「異形」のベトナム男児と米国女性の物語

 その様子を、ニコニコと携帯電話で撮影するのは、米国カリフォルニア州サンディエゴに住む米国人女性ホープさん(51歳)だ。

 「会いたかった」。青年を抱きしめる女性リエンさん(37歳)の頬を涙がつたう。面長の顔に太い眉、目、鼻、口、まるで夫と瓜二つの青年を見ると、18年間の苦しみはたちまちに消えた。

 その母の肩を、サミュエルことグエン・レ・フン(18歳)がそっとたたく。

 リエンさんは、この数日は様々な想いが胸を駆け巡り、眠れなかったという。我が子を孤児にさせてしまった自分に対する怒り、そして、我が子が自分を抱きしめてくれるだろうかという不安。「でも私を見ると、あの子が駆け寄ってきて、ぎゅっと抱きしめてくれました。これ以上幸せなことなどありません」とリエンさんは言う。

 彼女が双子をやどしたのは2004年のこと。だが妊娠6か月目に破水、未熟児で生まれた息子たちは弱々しく、血腫もあった。命を救うべく医師は彼らを、町病院から省で一番大きい病院へと移し、そして2人は最終的には、ホーチミン市第1小児病院の保育器に入る。

 リエンさんは出産後、力尽き果て、ベッドに横たわるしかなかった。我が子の顔を見ることもかなわず、目には涙が溢れた。その後、子供の世話はすべて、夫や家族、親戚の手で行われることになったのだが、夫のレ・スアン・フンさんによると、当時、家は貧しく治療費も出せなかったため、仕方なく子供たちを病院に預け、スアン・フンさんはビンフオック省に戻った。

 それから1か月ほどしてスアン・フンさんが病院を訪ねると、そこに我が子の姿はなかった。「尋ねると、お兄ちゃん(=サミュエル)はゴーバップ区の孤児院に預けられたと知らされました。弟の行方はわかりません。生きているのか、そうでないのかさえ…」とスアン・フンさん。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[VnExpress 06:00 24/08/2022, F].  © Viet-jo.com 2002-2023 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
この記事に関連するおすすめの記事
最新ニュース [特集]
うまい話には裏がある、「キッズモデル」詐欺の世界 (10:48)
 「2~15歳のキッズモデル募集!在宅で月収700万~1500万VND(約3万8000~8万2000円)!!」  2022年11月、ホーチミン市に住むTさんは、フェイスブック(Facebook)上に出ていたこんな広告を目にして、8歳になる...>> 続き
【特集】2022年ベトジョー記事アクセス数ランキング (22日)
 VIETJOベトナムニュースが2022年に配信した「特集」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:「ベトちゃんドクちゃん」のドクさん、日越交流と平和教育に意欲 コロナ禍とウクライナの戦...>> 続き
暗闇を抜け出し司会者に、視覚障がいを持つ9X世代の女性 (15日)
 スタッフがメモを書き込んだ分厚い台本を見ると、フオン・ザンさん(女性・27歳)のような視覚障がいを持つ司会者がどのように膨大な台本の内容を覚え、スタジオで輝くことができるのだろうかと多くの人が驚嘆す...>> 続き
ウクライナの戦地に留まったベトナム人の300日【後編】 (8日)
 ロシアによるウクライナ侵攻が始まって300日余りが経った。ウクライナ在住のチン・アイン・トゥアンさん(男性・54歳)は、戦争が勃発して以来、ウクライナから退避していない数少ないベトナム人の1人だ。トゥア...>> 続き
ウクライナの戦地に留まったベトナム人の300日【前編】 (1日)
 ロシアによるウクライナ侵攻が始まり、ロシア軍がハルキウ(首都キーウに次いで2番目に大きい都市)に侵入したとき、チン・アイン・トゥアンさん(男性・54歳)の息子はまさにハルキウの玄関口にいた。爆弾やミサイ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2023 All Rights Reserved