ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

「異形」のベトナム男児と米国女性の物語

2022/06/05 10:34 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 17年前、ホープさん夫妻は、フンという名のベトナム人男児を養子に迎えた。小さく、体中に疥癬があり、そして顔の半分が腫瘍に覆われた男の子だった。

 「サミュエルはもう高校を卒業して、じきに大学に入るんですよ」。米国カリフォルニア州サンディエゴに住む米国人女性ホープさん(51歳)が語るサミュエルというのはそう、17年前に夫妻が養子に迎えたベトナム人男児フンのことであり、渡航して間もなく、米国の医師からも、言葉を話すことができないか、普通の子のように学校には行けないだろうと言われた子のことである。

 1990年代、疫学者であったホープさんは、仕事で東南アジアを訪れていた。貧しく、やせ細った子供たちと毎日接するうちに、彼女の心には、いつかこの子達を養子に迎えることができれば、という想いが募るようになった。

 「いつも神様にお祈りをしていたのですが、ある晩、ホーチミン市を歩いている夢を見たんです」。

 それが、シグナルだった。2005年に彼女と夫ジョンさんは、ホーチミン市ゴーバップ区の孤児院に、養子を迎えたいという希望を伝えた。すると孤児院からは、赤あざをはじめ健康に多くの問題を抱えた子供を紹介された。名はグエン・レ・フン、16か月の子供だった。しかし孤児院から送られてきた写真を見て、ホープさん夫妻は動揺を隠せなかった。子供の状態が、ここまで深刻だとは思っていなかったからだ。

 しかし夫妻はまず、フンのもとを訪ねることにした。書類によると、男の子は2004年に東南部地方ビンフオック省で生まれた。生後16か月であり、もう歩き始めておかしくない年頃だったが、彼はまだ、生まれたばかりの赤ん坊のように、ベビーベッドのなかにいた。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[VnExpress 06:00 27/05/2022, F].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
「数を数える動画」がバズって人生激変、牛飼いの青年の今 (7日)
 名もなき牛飼いの青年だったソー・イー・ティエットさん(1988年生まれ)は、「英語で数を数える」という1本の動画がバズったことで、たった1晩で一躍有名人となった。この思いがけない幸運に続いて、ティエット...>> 続き
山の上の子供たちに「映画館」を、辺境でのボランティアに尽力する若者 (7/31)
 120インチのスクリーンにアニメ映画のオープニングが投影されると、子供たちは歓声を上げた。その様子を見て、ホー・ホアン・リエムさん(男性・33歳)は満足げに微笑んだ。  これは、国内の山の上に設置され...>> 続き
コロナで逝った女友達との約束、「父ふたり子ひとり」の子育て (7/24)
 グエン・バックさんと同棲中に、タイン・リンさんは女友達との間に子供ができた。しかし、子供が生まれて1か月も経たないうちに、母親は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により幼い我が子を残してこの世を去...>> 続き
パームシュガーを地元アンザン省から欧州へ、クメール族女性の挑戦 (7/17)
 起業して5年、南部メコンデルタ地方アンザン省チートン郡出身で少数民族クメール族のチャウ・ゴック・ジウさん(女性・40歳)は、年間売上高12億VND(約710万円)を達成し、ヨーロッパ各国に地元産のパームシュガー...>> 続き
元夫に火をつけられた女性が見つけた新たな幸せ (7/10)
 元夫に火をつけられて全身に火傷を負った日から、2人の子供を自分で育てていくと決めていたガンさんだったが、同様に火傷を負い、困難な状況にいたミンさんからの愛情がガンさんを変えていった。 【過去の関...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved