ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

街を駆ける一本足の配達人

2022/10/02 10:57 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 21時30分、スマートフォンの画面に「配達」の文字が光る。トン・タン・クオックさんは、今日1日の仕事をスクロールして振り返ると、画面をタップして、バイクを外に出した。

 目的地に着くと、片足跳びで店内へ。食べ物の入った袋を受け取り、配達へ。仕事が終わったのは22時のこと。こうして一本足で街を配達して回って、もう3年になる。

 彼が右足を失ったのは2017年、16歳の時だった。激しい痛みが、片方の足を突然襲った。様々な病院にかかったが症状は一向に良くならず、最終的にホーチミン市の病院で、骨のがんであると結論付けられた。医師からは、放射線治療をして、がん細胞が転移しないよう、片足を切断することを勧められた。

 事実にクオックさんはショックに打ちのめされ、母親はただ涙を流して、我が子の足を揉むだけだった。「平気よ。病気は治るものなんだから」。

 手術前夜は眠れなかった。そして術後に目覚めてみると、消えた片足と骨に染みる痛みに、涙が止まらなかった。2年にわたる放射線治療で髪は抜け落ち、体は瘦せ細り、大学へ行く道も、閉ざされた。

 病床のため息を、励ましてくれたのは両親だった。松葉杖は慣れず、進もうとすれば転んだ。一番大変だったのは、三輪バイクから、普通の二輪バイクに乗り換える時だ。そろそろと動き出すバイクの後部座席で足を踏ん張る父の姿が、クオックさんの胸を熱くした。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[VnExpress 06:00 23/09/2022, F].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
9X世代の女性タトゥーアーティスト、タトゥーで傷跡に命を吹き込む (11/27)
 ハノイ市出身の「ゴックライク(Ngoc Like)」ことチャン・ビック・ゴックさん(女性・1993年生まれ)は、長さ10cm以上のケロイドに7時間かけてタトゥーを施し、傷跡にアネモネの花を咲かせた。それは、客の女性に...>> 続き
ベビーリフトで米国へ、母親との再会を夢見るベトナム出身の女性 (11/20)
 米国バーモント州バーリントンに暮らすグエン・ティ・タイン・ホンさん(女性)はこの50年間、小さな女の子がある女性を「お母さん、お母さん!」と呼びながら追いかける夢を頻繁に見ている。しかし、母親と思わ...>> 続き
歌手Mr.ダムと歌声そっくり、視覚障害の青年が光を取り戻すまで Mr.本人が自ら支援 (11/13)
 男性歌手の「Mr.ダム」ことダム・ビン・フンそっくりの歌声を響かせながら、ホーチミン市の市場で雑貨を売り歩く、視覚障害の男性がいる。彼の歌声を初めて聴いた人は誰もが驚き、それが彼の地声であることを知...>> 続き
ホーチミンのバックパッカー街、華やかさの裏で貧しく暮らす人々 (11/6)
 ホーチミン市のバックパッカー街として知られる1区ブイビエン(Bui Vien)通りは、市内で最も賑やかなエリアだ。ここを訪れる人々の中には飲食に数千万VND(1000万VND=約5万9000円)を使うような人もいる。一方、...>> 続き
ホーチミンの路上でおもちゃを売る老人とその事情 (10/30)
 ホーチミン市1区グエンフエ(Nguyen Hue)通りの歩行者天国でおもちゃを売っている白髪の老人が、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で話題となった。  老人は、暗くなった通りの路上にシートを...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved