ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ベビーリフトで米国へ、母親との再会を夢見るベトナム出身の女性

2022/11/20 10:03 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 米国バーモント州バーリントンに暮らすグエン・ティ・タイン・ホンさん(女性)はこの50年間、小さな女の子がある女性を「お母さん、お母さん!」と呼びながら追いかける夢を頻繁に見ている。しかし、母親と思われるその女性の顔を見たことは一度たりともない。

 その夢を見るようになったのは、当時6歳のホンさんが米国の家族の養子になった頃からだ。米国に着いた初日、幼かったホンさんは靴を脱いで壁を汚してしまったことで、米国の家族から叩かれた。その夜、ホンさんは初めてその夢を見た。それ以来、悲しい気持ちになるたびに同じ夢を見るようになった。

 「私はキッチンでご飯を1人で食べなければならず、そういう時にはいつもお母さんがいてくれたらな、と思っていました。当時は、母が私を3歳くらいまで育ててから、米国に行くチャンスが得られるように、評判の孤児院に私を託してくれたんだろうと思っていたんです」と、ホンさんは語る。

 ホンさんは15歳で育ての親の元を離れ、自分で生計を立てるようになった。18歳の時に、米国に渡る際に身元保証人となってくれたカトリック教会を見つけ出し、自分のすべての身分証明書類を取り戻すことができた。

 書類によれば、かつてのザーロン通り(現在のホーチミン市1区リートゥチョン通り)のマンションの外に捨てられていたホンさんを、ある修道女が見つけて同市ゴーバップ区にあるホアビン・ザーディン孤児院に連れて行ったのだということがわかった。しかし、ホンさんは捨て子だったため、出生証明書はなく、母親に関する情報は一切残されていなかった。

 そして1975年4月15日、米軍の「オペレーション・ベビーリフト」により、ホンさんはベトナムを離れ、米国に渡った。「オペレーション・ベビーリフト」とは、1975年4月30日のサイゴン陥落前のベトナム戦争末期に米軍が行った南ベトナムの孤児を国外へ避難させる空輸作戦で、3000人以上の南ベトナムの孤児が米国やオーストラリアなどに養子として迎えられたとされている。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[VnExpress 06:16 20/10/2022, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
9X世代の女性タトゥーアーティスト、タトゥーで傷跡に命を吹き込む (11/27)
 ハノイ市出身の「ゴックライク(Ngoc Like)」ことチャン・ビック・ゴックさん(女性・1993年生まれ)は、長さ10cm以上のケロイドに7時間かけてタトゥーを施し、傷跡にアネモネの花を咲かせた。それは、客の女性に...>> 続き
歌手Mr.ダムと歌声そっくり、視覚障害の青年が光を取り戻すまで Mr.本人が自ら支援 (11/13)
 男性歌手の「Mr.ダム」ことダム・ビン・フンそっくりの歌声を響かせながら、ホーチミン市の市場で雑貨を売り歩く、視覚障害の男性がいる。彼の歌声を初めて聴いた人は誰もが驚き、それが彼の地声であることを知...>> 続き
ホーチミンのバックパッカー街、華やかさの裏で貧しく暮らす人々 (11/6)
 ホーチミン市のバックパッカー街として知られる1区ブイビエン(Bui Vien)通りは、市内で最も賑やかなエリアだ。ここを訪れる人々の中には飲食に数千万VND(1000万VND=約5万9000円)を使うような人もいる。一方、...>> 続き
ホーチミンの路上でおもちゃを売る老人とその事情 (10/30)
 ホーチミン市1区グエンフエ(Nguyen Hue)通りの歩行者天国でおもちゃを売っている白髪の老人が、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で話題となった。  老人は、暗くなった通りの路上にシートを...>> 続き
両手を失くした溶接工、自分の生き方を見つけるまで (10/23)
 農作業をしながら頭の上まで高く積み上がった野菜の荷車を汗だくで押している母親の姿を見て、ゴック・ニュットさんは家に駆け込み、両手を失った自分の無力さを感じて子供のように泣きじゃくった。  ホー...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved