ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

2月の新車売れ筋、Bクラスセダン部門で「ヴィオス」が初の首位陥落

2019/03/15 06:53 JST配信
Clip to Evernote
(C) 24h
(C) 24h

 ベトナム自動車工業会(VAMA)が発表した2019年2月の新車販売台数のデータによると、モデル別新車売れ筋ランキングで日本車5モデルがトップ10入りした。Bクラスセダン部門では、トヨタの「ヴィオス」が長く売れ筋ナンバーワンだったが、今回初めてヒュンダイの「アクセント」にトップの座を明け渡した。

 全体の売れ筋トップは1月に引き続きホンダのミドルサイズSUV「CR-V」で961台、価格は9億8300万~10億9300万VND(約480万~530万円)。2位はヒュンダイの小型セダン「アクセント」で933台、価格は4億2500万~5億4000万VND(約207万~263万円)。3位はヒュンダイの小型車「グランドi10」で849台となった。

 今回のランキングでトヨタの小型セダン「ヴィオス」は636台で5位に後退、価格は5億3100万~6億0600万VND(約260万~296万円)。ヒュンダイの「アクセント」は、「ヴィオス」の販売台数を300台近く上回り、Bクラスのセダン部門でトップに浮上した。

 2月の新車売れ筋ランキングの詳細は以下の通り

◇1位:ミドルサイズSUV「CR-V」(ホンダ) 961台
◇2位:小型セダン「アクセント」(ヒュンダイ) 933台 
◇3位:小型車「グランドi10」(ヒュンダイ) 849台
◇4位:中型セダン「マツダ3」(マツダ)  701台
◇5位:小型セダン「ヴィオス」(トヨタ) 636台
◇6位:小型車「シティ(City)」(ホンダ) 614台
◇7位:SUV「CX-5」(マツダ) 610台  
◇8位:ピックアップトラック「レンジャー(Ranger)」(フォード) 596台 
◇9位:小型車「モーニング(Morning)」(起亜) 559台 
◇10位:小型車「セラトー(Cerato)」(起亜) 536台 



 

[24h 12:00 13/03/2019 U].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [統計]
コワーキングスペースの成長速度、ホーチミンは世界41位 (24日)
 コワーキングスペース(共有オフィス)に関する情報を提供するコワーキング・リソーシズ(CoworkingResources)はこのほど、世界の主要都市におけるコワーキングスペースの成長速度に関するレポート「Global Cowork...>> 続き
1-4月期の訪日ベトナム人17.8万人、前年同期比+30.3%増―上位国で伸び率最高 (23日)
 日本政府観光局(JNTO)が発表した統計によると、2019年4月の訪日ベトナム人の数は前年同月比+9.9%増の5万5300人で、2018年4月の5万0299人を約5000人上回り、4月および単月の過去最高値を更新した。ベトナムは20...>> 続き
4月の対日貿易収支は487億5800万円の黒字、前年同月比+62.7%増 (23日)
 日本の財務省が発表した2019年4月の貿易統計(速報)によると、ベトナムの対日貿易収支は前年同月比+62.7%増となる487億5800万円の黒字だった。  日本からベトナムへの輸入額は前年同月比+10.4%増の1468億0...>> 続き
18歳以下の出産が0.5%、13歳以下も―産婦人科病院統計 (20日)
 ハノイ市中央産婦人科病院が発表した18歳以下の未成年者の出産に関する統計によると、2017年と2018年の両年における同病院での出産件数は4万4086件で、このうち10歳~18歳の未成年者による出産件数が227件で全...>> 続き
ベトナムの現金依存度、東南アジアで最高水準 (15日)
 英スタンダードチャータード銀行(Standard Chartered Bank)がこのほど発表した東南アジアにおける電子決済に関する調査結果によると、ベトナムの現金決済への依存度が依然として高いことが分かった。  この...>> 続き
これより過去の記事は、統計記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)