ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

メコンデルタ産のザボンとマンゴー、ベトナム航空の機内食で提供

2019/02/01 16:01 JST配信
(C) tapchicongthuong
(C) tapchicongthuong 写真の拡大
(C) tapchicongthuong
(C) tapchicongthuong 写真の拡大

 メコンデルタ地方の特産品であるザボン(ブオイザーサイン=buoi da xanh)およびホアロックマンゴー(xoai cat Hoa Loc)が、2月1日から15日にかけてベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)の機内食のデザートとして提供される。

 提供の対象となるのは、国内線のハノイ~ホーチミン線およびハノイ市ホーチミン市を出発する国際線のビジネスクラス。

 ブオイザーサインとホアロックマンゴーはいずれもベトナム安全農産物基準(Vietnamese Goods Agricultural Practices=VietGAP)を満たしているほか、品質を確保するため、同社は収穫から乗客への提供までの間にも厳しい選別や検査、監視の手続きを踏んでいる。

 ベトナム航空が地域の特産品を機内で提供するのはブオイザーサインとホアロックマンゴーが4種類目および5種類目となる。これに先立ち、2018年6月に東北部地方バクザン省ルックガン郡産のライチ、8月に紅河デルタ地方フンイエン省産のリュウガン、12月には西北部地方ホアビン省カオフォン郡産のオレンジを機内食のデザートとして提供した。

 ベトナム航空は2018年、有名シェフであるルーク・グエン氏をグローバル・キュイジーヌ・アンバサダーに迎え、機内食の更なる向上に向けた取り組みをスタートした。各地域の季節ごとの特産品を機内食に取り入れるのも同氏のアイデアによるもので、ベトナム航空の機内食の多様化に寄与している。

Clip to Evernote
[Tapchicongthuong 13:15 31/01/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [観光]
ホーチミン:カンゾー郡とクチ郡で観光再開、4か月ぶり (21日)
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の国内第4波がおおむね制御されたホーチミン市カンゾー郡とクチ郡で19日、観光活動が4か月ぶりに再開された。  ホーチミン市人民委員会傘下のサイゴンツーリスト(Saigon...>> 続き
フーコック島:海外からの観光客受け入れ試行、首相が原則承認 10月から実施 (14日)
 首相はこのほど、ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の保有者を対象に海外から南部メコンデルタ地方キエンザン省フーコック市(島)への観光客受け入れを試験的に再開する案を原則承認した。同案は文化スポ...>> 続き
フーコック島:10月から国内外の観光客受入再開 ハロンやホイアンも順次再開 (10日)
 文化スポーツ観光省は7日、経済振興政策の一環として、2022年初めにかけての観光刺激計画案を発表した。  計画によると、同省は、新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)を有する国内外...>> 続き
バンブー航空、ハノイ発成田行き便を11~12月に運航 (10日)
 地場不動産デベロッパー大手FLCグループ[FLC](FLC Group)傘下のバンブー航空(Bamboo Airways)は、ベトナム人の就学・就労目的の渡航や在ベトナム外国人の帰国・出張の需要に応えるため、11月と12月にハノイ発成...>> 続き
ベトナム航空、日本発ベトナム行き特別便の運航計画を発表 22年3月まで【9月16日更新版】 (9日)
 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴うベトナム政府によるベトナム着の国際線定期商用便の運航制限を受けて、9月から2022年3月までの成田国際空港/関西...>> 続き
これより過去の記事は、観光記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited