ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

【第21回】テト明けに増えるベトナム人の転職、その実情は

2016/02/24 08:55 JST配信

ベトナムの転職市場が最も盛り上がるのは、テト旧正月)明けの時期です。テト前にボーナスを受け取っていること、またテトに田舎に帰ったことで心機一転したいという気持ちが高まることが背景として挙げられます。

テト明けの今、どの程度の人が転職活動をしているのか、どういった理由で転職を希望するのか、調査してみました。

転職活動をしている人は3人に1人

ベトナムのフルタイム労働者500人に対して テト明けに実施した調査では、32%−実に3人に1人が「転職活動中」 と回答しており、特に20代でこの割合が顕著に高くなっていました。

日本人から見ると、今の会社で働き続けようと考えている人が5人に1人しかいないということに大きな衝撃を受けます。転職に対して後ろ向きなイメージがある日本人とは異なり、ベトナム人は転職について前向きな印象を持っています。逆にベトナム人は、日本に「終身雇用」という考え方があることに対して大きな驚きを覚えるようです。

転職で最も優先するのは「給与」

「転職したい」「良い機会があれば転職したい」と思うようになることと、会社への満足度は、ある程度の関連性はありますが、絶対的なものではありません。会社に不満があるわけではないけれど、 より良い機会を積極的に求めて転職活動する 人々も数多く含まれます。

この背景には、現在のベトナム労働市場が、新卒を除いて 売り手市場 となっており、給与が右肩上がりのため、転職というステップを活用することで給与額を一気にアップできるという現状があります。特に売り手市場傾向が強いエンジニアなどの職種では、同じようなスキルでも、転職経験があるかないかで給与に3割もの差が生まれることも珍しくありません。

ベトナム人が新たな転職先探しで最も優先するのは「給与」です。 日本人の場合、「給与」を条件として前面に押し出すのは後ろめたい雰囲気もあるのですが、ベトナム人は非常に明確です。これに続くのが「福利厚生」や「昇進の機会」など。自分の労働の「対価」がいくらかというのが仕事探しのベースにあります。

転職活動のツール

それでは、ベトナム人はどのように転職先を探すのでしょうか? 最も一般的なのは、 オンラインの転職サイト です。その中でも人気なのが、エン・ジャパン株式会社(東京都新宿区)傘下のナビゴスグループ(ホーチミン市)が運営するベトナム最大の求職求人サイト Vietnamworks や、全国にホットラインを設け迅速な対応を売りにした Timviecnhanh などで、月々のアクセスが数百万にものぼり、登録者数も極めて多いです。そのほか、知人の紹介や親・親戚の縁故も有力となっています。

ベトナム人にとって、転職はキャリアをステップアップさせるための手段です。特に20代の若い世代の1社当たりの勤務期間は短く、 いかに自分を高く売るかという点について貪欲 です。とはいえ、希望給与にスキルが伴っていないケースも多く、採用してみたらミスマッチだったという話もよく聞きます。人材が流動的なだけに、面接で自社との相性をしっかりと見極めると同時に、自社が求めている人材像を明確化しておくことが採用を成功させる上で必要不可欠でしょう。

※本調査は、ベトナム人フルタイム勤務者男女500名に対して実施。「転職を考える理由」「転職ソース」については、「転職を検討中」「良い機会があれば転職を検討」と回答した376名を調査した。

著者紹介
株式会社Asia Plus代表取締役社長 黒川賢吾

株式会社Asia Plus ( www.asia-plus.net )代表取締役社長。
NTT、ソニー、ユニクロにて海外マーケティングを担当。
2014年にAsia Plusを設立しベトナムマーケットリサーチサービス
「Q&Me( www.qandme.net )」を展開中


統計から見るベトナム
その他の記事はこちら>
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
チョン書記長の国葬で最高レベルの航空保安対策を適用 (6:51)

 7月19日に死去したグエン・フー・チョン書記長の国葬に伴い万全な体制を確保すべく、交通運輸省傘下のベトナム民間航空局(CAAV)は、空港や航空サービス施設、航空会社などに対し、最高レベルに当たる「レベル1...

ベトジェットエア、エアバスからA330neo型機20機を購入 (6:27)

 格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は、英国の首都ロンドンで22日に開幕した航空展示会「ファーンボロー国際航空ショー2024」で、仏エアバス(Airbus)との

「ATM」でごみを預けて現金化、セメント会社のユニークな取り組み (5:28)

 クアンニンセメント建設[QNC](Quang Ninh Construction And Cement)は2022年4月、「Vracbank−ごみを預けてお金をもらおう」をキャッチコピーに、ベトナムで初めて「ごみを受け付け

87歳で大学院生に、生涯学び続ける元教師 (21日)

 「幸運にも試験に合格した、高齢の学生である私へのカントー大学の配慮に、心から感謝の意を表したいと思います」。南部メコンデルタ地方カントー市にあるカントー大学の修士課程の入学式で、新入生のグエン・...

元資源環境次官を逮捕、鉱物違法採掘事件で 中国への密輸も (5:16)

 西北部地方イエンバイ省で発生した鉱物違法採掘事件で、資源環境省の元幹部とイエンバイ省資源環境局の幹部・元幹部ら計7人が起訴、または在宅起訴された。  最高人民検察院が逮捕状などの関連書類を承認し...

プロサッカー選手・スタッフ3人の交通死亡事故、追突トラックの.. (4:02)

 南中部高原地方ザライ省人民裁判所は22日、道路交通法に違反して3人を死亡させたとして、同省在住のトラック運転手であるディン・ティエン・ビン被告(男・37歳)に禁固10年の判決を言い渡した。  ビン被告が...

アジアのベストバー、トップ100にベトナムから3軒ランクイン (3:20)

 英メディア「ウィリアムリード(William Reed)」はこのほど、2024年度版「アジアのベストバー50(Asia’s 50 Best Bars)」を発表した。ベトナムからベスト50に入ったバーはなかったが、ベスト100には3軒がランクイ...

ニップン、ベトナム子会社をドンナイ省に設立へ (2:23)

 製粉事業や食品事業を手掛ける株式会社ニップン(東京都千代田区)は、ASEAN地域における同社グループの業務用商品などの販売拡大を図るため、ベトナム子会社を設立する。同社グループにとって、ベトナムは5か国...

チョン書記長の国葬に菅総理特使が参列へ (23日)

 ベトナム政府は20日、グエン・フー・チョン書記長の国葬を25日と26日に行うと発表した。  日本からは、総理特使として菅義偉前内閣総理大臣(日本ベトナム友好議員連盟最高顧問)が、25日に参列する。  ...

経営支配者逮捕のSCB、2年足らずで100店舗近くが閉鎖 (23日)

 華人系不動産大手VTPグループ(Van Thinh Phat Group)と密接なコネクションがあるサイゴン商業銀行(SCB)は15日と18日の両日に、出張所9か所の閉鎖を発表した。  VTP会長のチュオン・ミー・ラン被告(女・68歳...

1~6月期の国内旅客輸送量、ベトジェットがシェア44%で最多 (23日)

 交通運輸省傘下のベトナム民間航空局(CAAV)のデータによると、2024年1~6月期の旅客輸送量は前年同期比+3.7%増の3700万人余りで、うち国内旅客が同▲18%減の1700万人余り、外国人旅客が同+38.6%増の約2000万...

ホーチミン:中心部トンドゥックタン通りの地下トンネル化を計画 (23日)

 ホーチミン市交通運輸局はこのほど、同市人民委員会に2030年までのトンドゥックタン(Ton Duc Thang)通りトンネル建設プロジェクトを優先投資計画に組み込むよう提案した。  トンドゥックタン通りトンネル(...

FPT情報通信、クアラルンプールに2か所目の事務所開設 (23日)

 ベトナムIT最大手FPT情報通信[FPT](FPT Corporation)はこのほど、マレーシアのクアラルンプールに新事務所を開設した。同市2か所目の事務所となる。  同オフィスは

ベトナム空港、バックアップシステムでWindows障害の影響回避 (23日)

 世界各地で「ウィンドウズ(Windows)」搭載パソコンでのシステム障害が発生したが、ベトナムの各空港では、バックアップコンピューターシステムへの早期切り替えにより、この障害による影響を回避することができ...

24年の建国記念日は4連休、首相が労働省提案に同意 (23日)

 ファム・ミン・チン首相はこのほど、2024年の建国記念日(9月2日)に伴う休暇について、2024年8月31日(土)~9月3日(火)の4連休とする労働傷病兵社会省の案に同意した。  チン首相は、関連機関や企業などに建...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved