ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

国内初の製油所、クアンガイ省にようやく着工

2005/11/30 07:20 JST配信
Clip to Evernote

 28日、ベトナムで初めての製油所となるズンクワット製油場が、クアンガイ省ビンソン県(クアンナム省との省境付近)で着工された。

 同製油所は、1997年に計画されて以来、およそ7年間着工に至らないままであったが、テクニップ社(フランス)、JGC(日揮・日本)、テクニカス・リユンダ社(スペイン)の企業コンソーシアムがペトロベトナム社から総計250億米ドルで建設を受注していた。総工期は44ヶ月(2009年落成)、陸上338ヘクタール、海上417ヘクタールのスペースに、日産14万8000バレル、年間6,500万トンの原油の処理能力をもつ大型製油所が建設される。主な生産品は、ガソリン(オクタン価90、92、95)、灯油、重油、燃料油、LPG液化ガス、プロピレンなどで、国内需要の30−40%を満たす予定。

 同製油所は、ベトナム国家戦略の要と位置付けられており、アジアにおける石油・ガス産出国としてベトナムのプレゼンスを高めることが期待されている。また、ズンクワット経済区の中心事業として、ベトナム戦争後放棄されていたが、今年春に民間飛行場として供用が再開されたチューライ空港とともに、中部地域の経済発展の牽引役として注目されている。

[2005年11月29日: Thanh Nien紙].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
20年の医療用マスク・防護服の生産量6倍に (5:01)
 世界銀行(WB)グループの国際金融公社(IFC)によると、ベトナムにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策向けの医療用マスクや防護服などの生産量は、2020年に前年の6倍へと増加した。ベトナムは、個人用...>> 続き
カントー:集中技術情報区の設立が決定 (3:20)
 ブー・ドゥック・ダム副首相はこのほど、南部メコンデルタ地方カントー市における集中技術情報区の設立に関する決定書に署名した。  カントー市の集中技術情報区は、同市カイラン区フンタイン街区(phuong H...>> 続き
ホーチミン:下水道料金、22年から徴収開始 (11日)
 ホーチミン市はこのほど、市の下水道を利用する個人・組織を対象として、2022年から下水サービス料金の徴収を開始することを決定した。  決定によると、2022年における下水サービス料金は上水道料金の15%...>> 続き
ハノイ:仏系コンサルがメトロ2A号線の安全性リスクを指摘 (11日)
 間もなく運行開始が予定されているハノイ市都市鉄道(メトロ)2A号線(ドンダー区カットリン~ハドン区間)の安全性評価について、フランス系コンサルタントはこのほど、システム作動時に不安視されるリスク16件を...>> 続き
ハノイ:BT契約によるPPP案件82件を停止、一部は公共投資に (11日)
 ハノイ市計画投資局はこのほど、建設・譲渡(BT)契約による官民パートナーシップ(PPP)案件82件について、実施停止を指示する文書をそれぞれの投資主に通知した。同局は理由として、PPP投資法が2021年1月1日に施...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited