ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

16年Q2の消費者信頼感指数107P、世界トップ10を維持

2016/08/10 17:24 JST配信
Clip to Evernote

 米国の市場調査会社ニールセン(Nielsen)は、2016年第2四半期の世界消費者信頼感指数(CCI)を発表した。ベトナムのCCIは107ポイントで、前期比で▲2ポイント低下したが、8期連続で100ポイントを超えた。

 今期のベトナムのCCIは、前期の5位から2つ順位を下げて世界63か国・地域中で7位となったが、東南アジア6か国中では3位を維持した。世界のCCIは前期と同じく98ポイント、日本は前期比▲4ポイント低下の69ポイントだった。世界1位はフィリピンの132ポイント(同+13ポイント上昇)、最下位は韓国の45ポイント(同+1ポイント上昇)。

 東南アジア地域では、フィリピンに次いでインドネシアが同+2ポイント上昇の119ポイントで同地域2位、世界3位だった。タイは同▲4ポイント低下し101ポイント、シンガポールは前期と同じく88ポイント。マレーシアは同+8ポイント上昇の87ポイントで、同地域中で最も低かった。

 「余剰金の使い道」について、ベトナムでは消費者の76%が「貯蓄」と回答し、引き続き世界最高水準となっている。「貯蓄」以外の使い道としては、「旅行」(41%)、「買い物(衣料品)」(38%)、「娯楽」(37%)、「住宅修繕」(34%)、「ハイテク製品購入」(32%)が挙げられる。

 調査対象となったベトナム人の86%が過去12か月間に支出を抑えるため消費習慣を変えて節約を心掛けたと回答。特に支出を抑えた項目は、「買い物(衣料品)」(56%)、「娯楽」(53%)、「ガス・電気代」(51%)、「携帯電話代」(39%)などとなっている。

 このほか、ベトナム人消費者にとっての関心事として、「健康」(32%)、「職業の安定」(29%)、「国の経済」(26%)、「ワーク・ライフ・バランス」(21%)、「公共料金の値上がり」(13%)が挙げられている。

[Nielsen, 02/08/2016, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ベトナムのオンライン旅行市場、国内勢のシェア2割未満 (16:50)
 観光総局によると、ベトナムにおけるオンライン旅行市場の規模はおよそ35億USD(約3800億円)となっている。国内のオンライン旅行会社(OTA)は約10社あるが、同市場のシェアは国内企業が20%未満に留まり、外資系...>> 続き
ドンナイ省、1-6月期FDI認可額が年間計画上回る (16:48)
 東南部地方ドンナイ省統計局のデータによると、2019年1-6月期における同省への海外直接投資(FDI)認可額は前年同期比+8%増の10億2680万USD(約1119億円)で年間計画を2%上回った。  このうち、新規認可案件...>> 続き
電子納税システム、99.8%の企業が利用 (16:15)
 税務総局によると、2019年6月20日時点における電子納税システムを利用している企業は72万3667社で、活動中の企業の99.8%に達した。       電子納税システム利用が急速に拡大しているほか、...>> 続き
「アジアで働きたい企業」、在ベトナム51社が選出 (16:03)
 HRアジア(HR Asia)がこのほど発表した「HRアジア・アワード2019(HR Asia Awards 2019)」の中で、ベトナムで活動している国内外の企業51社が「アジアで働きたい最高の企業(Best Companies to Work for in Asia)...>> 続き
ホーチミン:1.1億USDの地下駐車場案件が中止に (15:59)
 ホーチミン市人民委員会はこのほど、同市1区のレバンタム公園(Cong vien Le Van Tam)で建設が計画されていた投資総額1億1000万USD(約120億円)の地下駐車場案件について、実施の中止を発表した。  これに先...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)