ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

16年Q4の消費者信頼感指数112P、世界5位に上昇―前期比+5P

2017/02/24 17:01 JST配信
Clip to Evernote

 米国の市場調査会社ニールセン(Nielsen)は、2016年第4四半期の世界消費者信頼感指数(CCI)を発表した。ベトナムのCCIは112ポイントで、前期比で+5ポイント上昇し、10期連続で100ポイントを超えた。

 今期のベトナムのCCIは、前期の7位から2つ順位を上げて世界63か国・地域中で5位、東南アジア6か国中では前期の4位から1つ順位を上げて3位となった。世界のCCIは前期比+2ポイント上昇の101ポイント、日本は同+2ポイント上昇の73ポイントだった。世界1位はインドの136ポイント(同+3ポイント上昇)、最下位は韓国の43ポイント(同▲3ポイント低下)。

 東南アジア地域では、フィリピンが前期と同じく132ポイントで同地域1位、世界2位だった。フィリピンに次いでインドネシアが前期比▲2ポイント低下の120ポイントで同地域2位、世界4位に後退した。タイは同+2ポイント上昇の110ポイントでベトナムを下回った。シンガポールは同▲8ポイント低下の86ポイント、マレーシアは同▲5ポイント低下の84ポイントで、同地域中で最も低かった。

 「余剰金の使い道」について、ベトナムでは消費者の76%が「貯蓄」と回答し、引き続き世界最高水準となっている。「貯蓄」以外の使い道としては、「旅行」(35%)、「買い物(衣料品)」(33%)、「娯楽」(32%)、「ハイテク製品購入」(30%)、「住宅修繕」(27%)が挙げられる。

 このほか、ベトナム人消費者の関心事として、「職業の安定」(45%)、「健康」(42%)、「ワーク・ライフ・バランス」(26%)、「両親の健康と幸せ」(20%)、「国の経済」(20%)が挙げられている。

[Nielsen, 20/02/2017, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [統計]
ホーチミン:Q2の不動産市場、共有オフィスの面積拡大 (22日)
 不動産仲介大手CBリチャードエリス(CBRE)ベトナムはこのほど、2019年4-6月期のホーチミン市のフレキシブルオフィス市場とオフィス賃貸市場、小売スペース市場、新築分譲マンション市場に関するレポートを発表し...>> 続き
1-6月期の訪日ベトナム人25.3万人、前年同期比+30.3%増―上位国で伸び率最高 (19日)
 日本政府観光局(JNTO)が発表した統計によると、2019年6月の訪日ベトナム人の数は前年同月比+20.1%増の3万5400人で、2018年6月の2万9476人を約5900人上回り、6月の過去最高値を更新した。ベトナムは2012年1月か...>> 続き
6月の対日貿易収支は462億2600万円の黒字、前年同月比+68.2%増 (19日)
 日本の財務省が発表した2019年6月の貿易統計(速報)によると、ベトナムの対日貿易収支は前年同月比+68.2%増となる462億2600万円の黒字だった。  日本からベトナムへの輸入額は前年同月比▲4.8%減の1504億06...>> 続き
19年の持続可能な開発目標指数、ベトナムは世界54位―東南アジア2位 (19日)
 2019年の持続可能な開発目標指数(SDGs)の達成度レポートで、ベトナムは前年から3ランクアップの54位につけた。これは東南アジアではタイに次いで2番目に高い順位。同レポートは、SDSN(Sustainable Development ...>> 続き
6月の貿易収支、19億USDの黒字―1-6月期は16億USDの黒字 (15日)
 税関総局が発表した統計データによると、2019年6月の輸出額は前月比▲2.2%減の214億2800万USD(約2兆3360億円)、輸入額は同▲15.9%減の194億9500万USD(約2兆1250億円)だった。これにより、6月の貿易収支は19億33...>> 続き
これより過去の記事は、統計記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)