ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

コーヒー大手チュングエン会長夫婦の経営支配権争い、妻に復権

2018/09/21 15:30 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 国内大手コーヒーメーカーのチュングエングループ(Trung Nguyen Group)の経営支配権を巡る争いの裁判の控訴審で、ホーチミン市人民裁判所は20日、チュングエングループ会長を務めるダン・レ・グエン・ブー氏(47歳)の妻レ・ホアン・ジエップ・タオ女史(45歳)を支持する判決を言い渡した。

 同裁判所は、ブー氏が2015年にタオ女史の常務副社長の職を解任したことを「違法」だとして、タオ女史に権利を即時に戻すことを命じると共に、タオ女史による同社管理の阻害を禁止することを決定した。

 タオ女史は違法に解任された後、これまで出勤を阻害され、株主でありながらも財務報告を提供されず、配当を受け取ることもできていない。

 チュングエングループの株主構成について、チュングエン投資株式会社(Trung Nguyen Investment=TNI)が70%を保有する筆頭株主となっており、ブー氏が20%、タオ女史が残る10%をそれぞれ保有している。TNIもブー氏夫婦のファミリーカンパニーで、保有率はブー氏が61.7%、タオ女史が30.0%、他の家族らが8.3%となっている。

 ホーチミン市人民裁判所は、ブー会長とタオ女史夫婦の離婚手続きを行っている。同裁判所は離婚時の財産分割のため、夫婦2人の共有資産であるTNI系列企業の会計監査を命じたが、ブー氏はこれに応じておらず、会計監査会社が作業を開始できないままとなっている。

 ブー氏は数年前に新宗教を立ち上げたとされている。それ以来、ほぼ会社に姿を現さず、南中部高原地方ダクラク省にある農場で修行に専念して部下に会社の管理を任せている。タオ女史は、ブー氏を利用して会社の資産横領など不正を働いたとして同社の複数の幹部を提訴している。

[Vnexpress 13:42 20/9/2018, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
中央銀行、ドン建て法定準備預金金利を引き下げ 今年2回目 (7日)
 ベトナム国家銀行(中央銀行)はこのほど、金融機関の法定準備預金金利や法定準備預金額の超過分に対する金利について定めた決定第1349号/QD-NHNN、複数の国営機関の預金金利について定めた決定第1350号/QD-NHNN...>> 続き
DDoS攻撃受けたVPS証券、ハッカーの特定に900万円の懸賞金 (7日)
 VPS証券(VPS Securities)は、先日同社の取引システムに分散型サービス妨害攻撃(Distributed Denial of Service attack=DDoS攻撃)を行ったハッカーの特定に20億VND(約925万円)の懸賞金をかけることを決定した。...>> 続き
ハノイ~ハイフォン間高速道路、料金所にETC専用レーン設置 (7日)
 ベトナムインフラ開発・金融投資総公社(VIDIFI)は8月11日、ハノイ市と北部紅河デルタ地方のフンイエン省、ハイズオン省、ハイフォン市を通過するハノイ~ハイフォン間高速道路で、ノンストップ自動料金収受シス...>> 続き
配車アプリ「ゴーベト」停止、「ゴジェック」ブランド運用開始 (7日)
 インドネシアの配車サービス大手ゴジェック(Go-Jek)は5日、ベトナムで新たな配車アプリブランド「ゴジェック(Go-Jek)」の運用を開始した。  これにより、2018年にベトナムで開始した「ゴーベト(Go-Viet)」...>> 続き
JCB、リエンベトポストバンクとクレカ発行開始 (7日)
 日本発唯一の国際カードブランド運営会社である株式会社ジェーシービー(東京都港区)の海外業務を行う子会社、株式会社ジェーシービー・インターナショナル(JCBI、東京都港区)は、中規模行のリエンベトポストバ...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited