ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

国内初、ベトナム人も入場可のカジノがフーコック島で開業

2019/01/22 06:18 JST配信
Clip to Evernote
(C) dantri
(C) dantri 写真の拡大

 メコンデルタ地方キエンザン省フーコック島で19日、カジノ付き観光娯楽施設建設案件の一部となるカジノ「リゾート&カジノ・コロナ・フーコック(Resort & Casino Corona Phu Quoc)」が開業した。

 これは、国内で初めてベトナム人の入場が認められるカジノとなる。ベトナム人の入場条件は、◇満21歳以上であること、◇民事行為能力を有すること、◇毎月の収入が1000万VND(約4万6700円)以上であることを証明できること、◇本人の家族(実父母・養父母、配偶者、実子)が反対していないことなど。

 カジノは24時間営業で、オランダ系アップフィニティ・ゲーミング・マネージメント(Upffinity Gaming Management)が運営する。ベトナム人の入場料は、◇24時間:100万VND(約4700円)、◇1か月間(720時間):2500万VND(約11万7000円)。カジノにより、今後5年間で19兆9500億VND(約930億円)の税金をもたらすと予想されている。

 このカジノ付き観光娯楽施設建設案件の投資主は、地場系コングロマリット(複合企業)のビングループ[VIC](Vingroup)が50%を出資しているフーコック観光投資開発で、投資総額は50兆VND(約2340億円)に上る。同案件では、カジノを併設する娯楽施設やホテルのほか、国際会議場などからなる総合観光娯楽施設を建設する。

 首相の決定では、このカジノと地場系サングループ(Sungroup)が東北部地方クアンニン省で建設中のカジノの計2か所に対して、ベトナム人のカジノ入場を試験的に3年間認めている。

[Vnexpress 09:51 20/1/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
タイニン省のタイ系太陽光発電所、アジア開発銀行が42億円融資 (6:27)
 タイ系ガルフ・エナジー・デベロップメント(GED)傘下のTTCエネルギー(TTC Energy)は22日、アジア開発銀行(ADB)との間で3780万USD(約42億円)の融資に関する契約を締結した。  融資金は、TTCエネルギーが東南...>> 続き
国家金融政策実施基金、2月20日から利用開始―中銀通達 (5:23)
 ベトナム国家銀行(中央銀行)は2019年12月31日、国家金融政策実施基金の管理と利用に関する通達第36号(36/2019/TT-NHNN)を公布した。通達は2月20日に施行される。  通達は、銀行活動や金融機関システムの安...>> 続き
ホーチミン:電子納税システム「eTax」導入、2月10日から (28日)
 ホーチミン市税務局は2月10日からワンストップ電子納税システム「イータックス(eTax)」を導入する。  これまで納税者は、税申告や税金の支払い手続きの際にそれぞれ異なる複数のウェブサイトを利用しなけれ...>> 続き
アップル製品組立の台湾系メーカー、ベトナム北部で工場建設を計画 (22日)
 米ブルームバーグ(Bloomberg)によると、米アップル社(Apple)製品の組み立てを行う台湾系メーカーのペガトロン社(Pegatron)がベトナム北部に工場を新設する計画だという。具体的な地域名は明らかにされていない...>> 続き
ビングループ、タイバーツ建て社債発行へ―現地での自動車部品購入が目的か (22日)
 日経アジア(Nikkei Asian Review)によると、タイ財政省がベトナム系コングロマリット(複合企業) ビングループ[VIC](Vingroup)に対し、タイバーツ建て社債の発行を承認したという。  発行時期や発行対象など...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)