ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナムの経済自由度は世界128位に上昇、日本30位

2019/02/26 06:29 JST配信
Clip to Evernote
イメージ写真
イメージ写真 写真の拡大

 米シンクタンクのヘリテージ財団が発表した2019年版「経済自由度指数(Index of Economic Freedom)」によると、ベトナムの経済自由度は前年比+2.2ポイント上昇の55.3ポイントで、世界180か国・地域中128位にランクを上げた。日本は同▲0.2ポイント低下の72.1ポイントで、前年と同じく世界30位だった。

 ベトナムは「やや不自由」(50.0~59.9ポイント)に分類され、アジア・太平洋地域ではベトナムが43か国・地域中30位となり、カンボジア(57.8ポイント、22位)やラオス(57.4ポイント、24位)を下回っている。世界の経済自由度は60.8ポイントで、前年から▲0.3ポイント低下した。

 経済自由度の世界一は今回も香港。香港は前年と同じ90.2ポイントだった。以下、◇2位:シンガポール(89.4ポイント)、◇3位:ニュージーランド(84.4ポイント)、◇4位:スイス(81.9ポイント)、◇5位:オーストラリア(80.9ポイント)と続いた。

 経済自由度指数は、各国の経済活動の自由度を100点満点で指数化したもので、点数が高いほど自由度が高いことになる。評価の指標は、「法制度」、「政府の規模」、「管理・監督の効率」、「市場の開放」の4分野各3項目、合計12項目。項目には、◇財産権の保護、◇汚職の少なさ、◇政府支出の少なさ、◇財政の健全性、◇ビジネスの自由度、◇労働の自由度、◇通貨の自由度、◇貿易の自由度、◇投資の自由度、◇金融の自由度などがある。

[The Heritage Foundation, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ヤマハ、スポーツタイプの新スクーター「フリーゴー」発売へ (2:01)
 ヤマハモーターベトナム(Yamaha Motor Vietnam)はこのほど、若者を主なターゲットとしたスポーツタイプの新たなスクーター「フリーゴー(FreeGo)」のモデル2種を発表した。  発表したのは、標準モデル「フリ...>> 続き
ECラザダ、地方の特産品をオンライン販売―まずはベンチェ省から (22日)
 2016年に中国の電子商取引(eコマース=EC)最大手アリババ(Alibaba)に買収されたECサイト「ラザダ(Lazada)」は、地方の特産品のオンライン販売プロジェクトを開始した。  これは、農村地域にある世帯や中小...>> 続き
ホーチミン:カンゾー橋のデザインを正式発表、マングローブをイメージ (22日)
 ホーチミン市建築計画局は19日、同市のソアイラップ川におけるカンゾー郡とニャーベー郡を結ぶカンゾー橋建設案件の橋梁デザイン発表式を開催した。  デザインはコンサルティング会社5社が提案した17案の中...>> 続き
ホーチミン:メトロ1号線、駅に接続する路線バス増強へ (22日)
 ホーチミン市都市鉄道(メトロ)1号線(ベンタイン~スオイティエン間)の開通に向けて、同市当局はメトロと接続する路線バスの再編・増強を計画している。  ホーチミン市交通運輸局は18日、同市人民委員会に計...>> 続き
ベトナム産マンゴー、米国へ初めて輸出 (22日)
 メコンデルタ地方ドンタップ省のチャイントゥー果物輸出入有限会社(Chanh Thu)は18日、ベトナム産マンゴー8tを米国へ初めて輸出した。これに先立ち、米農務省動植物検疫局(APHIS)はベトナム産マンゴーの輸入を...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)