ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナムの経済自由度は世界141位、日本は30位

2018/02/09 16:02 JST配信
Clip to Evernote
(C) cafef
(C) cafef 写真の拡大

 米シンクタンクのヘリテージ財団が発表した2018年版「経済自由度指数(Index of Economic Freedom)」によると、ベトナムの経済自由度は前年比+0.7ポイント上昇の53.1ポイントで、世界180か国・地域中で141位につけている。日本は同+2.7ポイント上昇の72.3ポイントで世界30位だった。

 アジア・太平洋地域では、ベトナムが43か国・地域中35位となり、カンボジア(58.7ポイント、22位)、ミャンマー(53.9ポイント、33位)、ラオス(53.6ポイント、34位)を下回っている。

 世界の経済自由度は61.1ポイントで、調査を開始して以来の最高値となった。ベトナムは「やや不自由」(50.0~59.9ポイント)に分類され、税関政策の改革や汚職の削減、法制度の効率化により経済自由度も前年に比べ改善している一方、貿易の自由度や労働の自由度、財産権の保護などの指標が依然として低いと評価されている。

 経済自由度の世界一は、調査開始から24年連続で香港。香港は前年比+0.4ポイント上昇の90.2ポイントだった。以下、◇2位:シンガポール(88.8ポイント)、◇3位:ニュージーランド(84.2ポイント)、◇4位:スイス(81.7ポイント)、◇5位:オーストラリア(80.9ポイント)と続いた。

 経済自由度指数は、各国の経済活動の自由度を100点満点で指数化したもので、点数が高いほど自由度が高いことになる。評価の指標は、「法制度」、「政府の規模」、「管理・監督の効率」、「市場の開放」の4分野各3項目、合計12項目。項目には、◇財産権の保護、◇汚職の少なさ、◇政府支出の少なさ、◇財政の健全性、◇ビジネスの自由度、◇労働の自由度、◇通貨の自由度、◇貿易の自由度、◇投資の自由度、◇金融の自由度などがある。

[Lan Anh, CafeF等, 11:55 (GMT+7) 05/02/2018, A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ハノイのBRT、利用者は定員の50%―非効率運営続く (22日)
 政府調査機関は、ハノイ市のバス高速輸送システム(BRT)1号線整備プロジェクトの調査結果を発表し、この中で同市人民委員会の多くの違反を指摘した。  ハノイ市のBRT1号線(バーディン区キムマーバスターミナ...>> 続き
物流配車アプリ「EcoTruck」、国内外の投資ファンドから170万USD調達 (22日)
 物流分野の配車アプリを展開するスタートアップ企業、エコトラック(EcoTruck)は、プレシリーズAラウンドと呼ばれる初期段階の資金調達で、国内外の複数の投資ファンドから計170万USD(約1億9000万円)の出資を受...>> 続き
ホーチミン:交通渋滞と事故の削減に96兆VND (22日)
 ホーチミン市人民委員会はこのほど、2018~2020年における同市の交通渋滞と交通事故の削減計画を発表した。計画に充てられる予算は96兆VND(約4600億円)以上となる。  計画によると、同市は今後2年間で総延...>> 続き
バイオエタノール工場が3年ぶり稼働再開、19年に3万5000m3生産へ (19日)
 ビンソン製油石化[BSR](Binh Son Refining & Petrochemical)の子会社、中部バイオエタノール(BSR-BF)は14日、南中部沿岸地方クアンガイ省のズンクアット経済区でズンクアット・バイオエタノール工場の稼働を再...>> 続き
ハノイ:土地使用料の過小評価で1兆4800億VNDの損失 (19日)
 政府調査機関は、2003年から2016年までの間に公有地から使用目的が変更された土地で展開されている不動産案件38件の調査結果を発表した。  公的機関・組織と国営企業が、割り当てられた土地の土地使用権を...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)