ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:2か所目の廃棄物発電所が着工、1日当たり2000t処理

2019/10/18 15:29 JST配信
Clip to Evernote
(C)Tuoi tre
(C)Tuoi tre 写真の拡大

 タムシンギア投資開発社(Tam Sinh Nghia Investment - Development)は14日、ホーチミン市クチ郡で廃棄物発電所を着工した。同市の廃棄物発電所としては2か所目となる。

 同発電所の1日当たりごみ処理能力は2000t、出力は40MW。ドイツの焼却炉メーカー、マルチン(Martin)社の焼却炉を採用している。収集したごみは5~7日間乾燥させてから焼却し、生じた熱を発電に利用する。発生する排気は、活性炭などを使用した排気処理装置で有害物質を除去し、環境基準達成後に排出する。焼却後の灰は、れんがの材料として利用する。

 廃棄物発電所の建設は、ホーチミン市のごみ埋め立て処理率低減計画の一環で、埋め立て処理の割合を2020年に50%、2025年に20%に引き下げることを目標としている。着工式に参列したベトナム共産党政治局員 兼 ホーチミン市共産党委員会書記のグエン・ティエン・ニャン氏は、「市の環境改善に向けた大きな転換点になる」と着工を歓迎し、ごみ処理問題の解決のためにこうした廃棄物発電所を増やすことに期待を示した。

 同市初の廃棄物発電所は、8月28日にクチ郡のベトスター(VietStar)社の敷地内で着工された。1日当たりのごみ処理能力は2000tとなっている。
 

[Tuoi tre 15:00 16/10/2019,O].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ビンコマース、25年までにコンビニ1万店舗へ拡大―現在の4倍に (16:31)
 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下のビンコマース貿易サービス(ビンコマース=VinCommerce)は、2025年までにスーパーマーケットやコンビニエンスストアの店舗網を拡大させるほ...>> 続き
20年国家予算配分案が国会通過、中央政府の歳出は1070兆VND (16:25)
 国会は14日、2020年の国家予算の配分に関する決議を90.48%の賛成多数で採択した。歳入は、中央政府が851兆7686億3600万VND(約4兆1100億円)、地方政府は660兆5313億6400万VND(約3兆1900億円)。中央政府の歳出は...>> 続き
韓国JW中外製薬が買収のユビファームJSCが正式発足、ASEANへ事業拡大 (15:01)
 9月に韓国のJW中外製薬が株式の100%を買収した、南部メコンデルタ地方ロンアン省にある製薬会社ユビファーム(Euvipharm)がこのほど、新体制で正式発足した。  JW中外製薬は13日、ユビファームJSC(Euviphar...>> 続き
「Zalo」ドメイン名2件が45日間の停止処分、無認可でSNS運営 (14:51)
 ベトナムインターネットセンター(VNNIC)はこのほど、地場総合インターネットメディア運営会社であるVNGコーポレーション(VNG Corporation)が使用する「Zalo.vn」と「Zalo.me」の2件のドメイン名を停止したこと...>> 続き
不動産市場の発展見通し、ホーチミンはアジア太平洋地域で1位 (13:46)
 世界最大の都市開発シンクタンクのアーバンランド・インスティテュート(ULI)と税理士法人のプライスウォーターハウスクーパース(PwC)はこのほど、「アジア太平洋地域における2020年の不動産市場動向レポート」...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)