ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

地場石油化学大手、韓国SKグループ傘下企業に株49%売却へ

2020/02/14 16:35 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 地場大手石油化学メーカーであるメコン・ペトロケミカル(Mekong Petrochemical)はこのほど、韓国の財閥SKグループ傘下で潤滑油事業を手掛けるSKルブリカンツ(SK lubricants)に対して株49%を売却する契約を締結した。売却額は4210万USD(約46億円)。

 今回の株式売却は、国内外のエンジンオイル市場シェアの拡大が狙いだ。一方、SKルブリカンツにとっては初の海外投資となり、東南アジア地域での市場拡大を目指す。

 メコン・ペトロケミカルは1996年設立で、潤滑油やエンジンオイル、車のメンテナンス用品などを取り扱っている。同社は南部メコンデルタ地方ロンアン省ベンルック郡で年産能力3万4000tの工場を運営している。2018年には国内の潤滑油市場でシェア6.3%を獲得した。

 なお、インドの市場調査会社ケン・リサーチ(Ken Research)によると、2018~2023年におけるベトナムの潤滑油市場は東南アジアで第3位の規模で、売上高の年平均成長率は+9.2%の見通しだ。

[Vietnam Investment Review 17:30 10/02/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ホーチミン:メトロ2号線を21年着工へ (25日)
 ホーチミン市都市鉄道(メトロ)管理委員会(MAUR)はこのほど、同市メトロ2号線(ベンタイン~タムルオン間)を2021年に着工する計画を明らかにした。  2020年中にコンサルティングおよび主要工事のパッケージの...>> 続き
サムスンディスプレーがベトナム工場に投資継続、設備を連続購入 (25日)
 韓国のサムスンディスプレーが、ベトナムの有機EL(OLED)工場に投資を続けていることが明らかになった。  ディスプレー製造を行う韓国のフィルオプティクス(Philoptics)はこのほど、サムスンディスプレー・...>> 続き
ソクチャン省:第3風力発電所の第1期を着工、タイ企業 (25日)
 タイのエネルギー事業大手バンプー社(Banpu)子会社のバンプーパワー社(Banpu Power)は22日、南部メコンデルタ地方ソクチャン省ビンチャウ町(thi xa Vinh Chau)で、第3風力発電所案件の第1期を着工した。  ...>> 続き
ホーチミン:カンゾー~ブンタウ間フェリー、4月30日までに運航開始 (25日)
 ホーチミン市交通運輸局は、同市カンゾー郡タックスアット(Tac Suat)船着場と東南部地方バリア・ブンタウ省ブンタウ市を結ぶフェリーの運航を4月30日までに開始する計画だ。  運航するフェリーは、コックチ...>> 続き
ビンGとベトナム航空、モスクワ~ニャチャン線就航へ (25日)
 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下のビンパール[VPL](Vinpearl)はこのほど、同社が展開するホテル・リゾート・娯楽施設を訪れるパッケージツ>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)