ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

ベトナム、日本・韓国行き定期便運航再開を提案、週4往復ずつ

2020/09/03 02:05 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 交通運輸省傘下ベトナム民間航空局(CAAV)はこのほど、日本および韓国とベトナムを結ぶ定期便の運航を9月15日から再開することを同省に提案した。

 ベトナム~韓国線とベトナム~日本線をそれぞれ週4往復ずつ運航する方針で、4往復のうち、ベトナム国内の航空会社が2往復、韓国・日本のパートナーが2往復を運航する。

 CAAVのディン・ベト・タン局長は国際線の再開について、国内の隔離施設の処理能力や隔離料金、入国者向け隔離規制などの状況を見ながら検討する必要があるため、保健省や国防省など関連当局に意見聴取を行っているとし、関連当局からの合意が得られれば、航空券販売を認めると述べた。

 これに先立ち、グエン・スアン・フック首相は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策に関する政府会合で、日本や韓国、安全性の高い地域とベトナムを結ぶ定期便の運航を早急に再開し、その一環として日本と韓国への派遣労働者の渡航を優先的に手配するよう指導していた。

[Vnexpress 22:51 31/8/2020 U].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
全国63省・市の1人当たりGRDP目標、ハイフォンがトップ (6:34)
 全国63省・市における2025年までの国民1人当たり地域内総生産(GRDP)の目標値が発表された。  北部紅河デルタ地方ハイフォン市の2025年の国民1人当たりGRDP目標は2億7300万VND(約125万円)で、全国で最も高い...>> 続き
20~30年にホーチミンの不動産市場を牽引する3地域 (6:21)
 ホーチミン市不動産協会(HoREA)が発表した2020~2030年の不動産市場見通しに関するレポートによると、今後10年間に同市の住宅供給を牽引する地域は、◇「東部都市」(仮称:トゥードゥック市=TP. Thu Duc)、◇郊...>> 続き
信頼性の高い輸送企業トップ10、ジェマディプトがロジスティクス部門1位 (5:41)
 ベトナム評価レポート社(ベトナムレポート=Vietnam Report)は、2020年の信頼性の高いロジスティクス・輸送企業トップ10を発表した。同ランキングは、財務能力やメディアによる信頼度、資金力や売上高と利益の...>> 続き
浄水器メーカー大手5社の19年業績、熾烈な競争で市場活発化 (25日)
 ベトナム国民の健康意識が高まっていることを背景に、国内の浄水器メーカーは需要の増加による恩恵を受け、業績も日々改善されている。今回は、浄水器メーカー大手5社の業績を見てみよう。  5社は、◇地場電...>> 続き
ベストブランドランキング2020、ベトナム航空が首位キープ (25日)
 英国の市場調査会社ユーガブ(YouGov)が発表した「ベトナムベストブランドランキング2020」によると、トップ3はベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)、韓国のサムスン(Samsung)、>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited