ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

主要コンビニチェーン7社の業績比較

2020/09/25 15:22 JST配信
Clip to Evernote
(C) cafef
(C) cafef

 コンビニエンスストア市場は急拡大しており、海外ブランドが業界を席巻している。ただし、各社が激しく顧客・シェアを争う段階にあり、赤字状態が続いている。24時間営業のコンビニチェーン7社を見てみよう。

 7社は、米国のサークルK(Circle K)とセブン-イレブン(7-Eleven)、日系のファミリーマート(Family Mart)とミニストップ(Ministop)、タイのビーズマート(B’s mart)、韓国のGS25、地場のショップ&ゴー(Shop & Go)。

 ベトナム最大の外資コンビニチェーンで、ハノイ市ホーチミン市を中心に400店舗を運営するサークルKは、2018年の売上高が前年比+33%増の2兆3160億VND(約105億円)、売上総利益率が31%超に改善した。ただし、同年の赤字額は▲1300億VND(約▲5億9000万円)となり、累積赤字額を▲8000億VND(約▲36億4000万円)としている。

 売上高2位で、130店舗を運営するファミリーマートの2019年売上高は前年比+6.7%増の1兆3600億VND(約62億円)、赤字額は▲500億VND(約▲2億2700万円)へと縮小した。売上総利益率は26%超を維持している。

 160店舗を運営するビーズマートは、2019年売上高が前年比▲17%減の5220億VND(約23億7000万円)、赤字額は▲1240億VND(約▲5億6000万円)へと減った。累積赤字額は▲9010億VND(約▲41億円)となっている。

 全国のコンビニ店舗数は2012年から2018年末までに4倍に増加している。マサングループ[MSN](Masan Group)の「ビンマート・プラス(VinMart+)」や小売大手ホーチミン市商業合作社(サイゴンコープ=Saigon Co.op)の「チアーズ(Cheers)」など地場コンビニチェーンの大幅な拡大により、競争が熾烈化すると予想されている。

[CafeF 06:35 22/09/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
VNインデックス、1年ぶり1000突破 8日続伸 (20:41)
 26日のベトナム株式指数(VNインデックス)は、+6.03ポイント(+0.60%)高の1005.97の高値で引け、8日続伸となり、2019年11月以来1年ぶりに1000の大台を突破した。  VNインデックスは999.24(▲0.07%)で寄り付...>> 続き
国内大手メンズヘアカットチェーン「30Shine」、売上高倍増 (15:09)
 国内大手メンズヘアカットチェーン「30Shine」は2015年に1号店をオープンして以来、全国に店舗網を拡大しており、2020年年初までに店舗数は91か所に増えた。  同チェーンの強みは1回10万VND(約450円)の明瞭...>> 続き
地場電機アサンゾ、新本社屋と研究開発センターを竣工 (14:25)
 地場電機メーカーのアサンゾ・ベトナム(Asanzo Vietnam)は23日、ホーチミン市タンフー区ブオンライ(Vuon Lai)通り65番地で新本社と研究開発(R&D)センターを竣工した。  新本社は6階建てで面積は1000m2、同...>> 続き
スマートシティ・アワード初開催、VINASAが54の賞を授与 ダナンも受賞 (13:23)
 ベトナムソフトウェア協会(VINASA)は24日、「スマートシティ・アワード2020」の授賞式を開催し、26の企業や組織に54のアワードを授与した。同アワードはVINASAが初めて開催するもので、スマートシティの発展や...>> 続き
中央銀行、米ドル買値を1年ぶりに引き下げ (12:55)
 ベトナム国家銀行(中央銀行)取引所は24日、米ドル買値を▲50VND、米ドル売値を▲7VND引き下げ、それぞれ2万3125VND、2万3813VNDとした。今回の買値引き下げは1年ぶり。  年末に向けて外貨需要が高まっている...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited