ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

主要コンビニチェーン7社の業績比較

2020/09/25 15:22 JST配信
Clip to Evernote
(C) cafef
(C) cafef 写真の拡大

 コンビニエンスストア市場は急拡大しており、海外ブランドが業界を席巻している。ただし、各社が激しく顧客・シェアを争う段階にあり、赤字状態が続いている。24時間営業のコンビニチェーン7社を見てみよう。

 7社は、米国のサークルK(Circle K)とセブン-イレブン(7-Eleven)、日系のファミリーマート(Family Mart)とミニストップ(Ministop)、タイのビーズマート(B’s mart)、韓国のGS25、地場のショップ&ゴー(Shop & Go)。

 ベトナム最大の外資コンビニチェーンで、ハノイ市ホーチミン市を中心に400店舗を運営するサークルKは、2018年の売上高が前年比+33%増の2兆3160億VND(約105億円)、売上総利益率が31%超に改善した。ただし、同年の赤字額は▲1300億VND(約▲5億9000万円)となり、累積赤字額を▲8000億VND(約▲36億4000万円)としている。

 売上高2位で、130店舗を運営するファミリーマートの2019年売上高は前年比+6.7%増の1兆3600億VND(約62億円)、赤字額は▲500億VND(約▲2億2700万円)へと縮小した。売上総利益率は26%超を維持している。

 160店舗を運営するビーズマートは、2019年売上高が前年比▲17%減の5220億VND(約23億7000万円)、赤字額は▲1240億VND(約▲5億6000万円)へと減った。累積赤字額は▲9010億VND(約▲41億円)となっている。

 全国のコンビニ店舗数は2012年から2018年末までに4倍に増加している。マサングループ[MSN](Masan Group)の「ビンマート・プラス(VinMart+)」や小売大手ホーチミン市商業合作社(サイゴンコープ=Saigon Co.op)の「チアーズ(Cheers)」など地場コンビニチェーンの大幅な拡大により、競争が熾烈化すると予想されている。

[CafeF 06:35 22/09/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ベトジェットエア、航空貨物専門誌のアワード2部門受賞 (23日)
 格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)はこのほど、シンガポールの航空貨物専門誌「ペイロード・アジア(Payload Asia)」のアワードで「ザ・ローコストキャリア・オブザイヤー(the Low-Cos...>> 続き
英語学校運営会社5社の19年業績、いずれも黒字計上 (22日)
 ベトナム経済が世界経済への統合を深めていることや、人口に占める若年層の割合が高いこと、1人当たりの平均年収が増えていることにより、英語教育市場の開発余地はまだ大きいと見られている。  これを背景...>> 続き
韓国KB証券がデジタル金融サービス提供開始、地場Gグループと共同開発 (22日)
 韓国の金融大手であるKB金融グループ(KB Financial Group=KBFG)傘下のベトナムKB証券(KBSV)がこのほど、デジタル金融総合プラットフォーム「KB Fina」の提供を開始した。  「KB Fina」は、ベトナムで決済...>> 続き
FLCグループ、クアンビン省で5つ星ホテルと国際会議センターを着工 (22日)
 地場不動産会社FLCグループ[FLC](FLC Group)はこのほど、北中部地方クアンビン省クアンニン郡ハイニン村(xa Hai Ninh, huyen Quang Ninh)で「FLCクアンビンビーチ&ゴルフリゾート(FLC Quang Binh Beach & Golf...>> 続き
FPTソフトウェア、コスタリカに支社開設 アメリカ大陸初進出 (22日)
 通信・IT分野最大手FPT情報通信[FPT]傘下のFPTソフトウェア(FPT Software)はこのほど、中央アメリカに位置するコスタリカの首都サンホセに支社を開設した。同社がアメリカ大陸に支社を構えるのは初めてで、世界...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited