ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

主要コンビニチェーン7社の業績比較

2020/09/25 15:22 JST配信
Clip to Evernote
(C) cafef
(C) cafef 写真の拡大

 コンビニエンスストア市場は急拡大しており、海外ブランドが業界を席巻している。ただし、各社が激しく顧客・シェアを争う段階にあり、赤字状態が続いている。24時間営業のコンビニチェーン7社を見てみよう。

 7社は、米国のサークルK(Circle K)とセブン-イレブン(7-Eleven)、日系のファミリーマート(Family Mart)とミニストップ(Ministop)、タイのビーズマート(B’s mart)、韓国のGS25、地場のショップ&ゴー(Shop & Go)。

 ベトナム最大の外資コンビニチェーンで、ハノイ市ホーチミン市を中心に400店舗を運営するサークルKは、2018年の売上高が前年比+33%増の2兆3160億VND(約105億円)、売上総利益率が31%超に改善した。ただし、同年の赤字額は▲1300億VND(約▲5億9000万円)となり、累積赤字額を▲8000億VND(約▲36億4000万円)としている。

 売上高2位で、130店舗を運営するファミリーマートの2019年売上高は前年比+6.7%増の1兆3600億VND(約62億円)、赤字額は▲500億VND(約▲2億2700万円)へと縮小した。売上総利益率は26%超を維持している。

 160店舗を運営するビーズマートは、2019年売上高が前年比▲17%減の5220億VND(約23億7000万円)、赤字額は▲1240億VND(約▲5億6000万円)へと減った。累積赤字額は▲9010億VND(約▲41億円)となっている。

 全国のコンビニ店舗数は2012年から2018年末までに4倍に増加している。マサングループ[MSN](Masan Group)の「ビンマート・プラス(VinMart+)」や小売大手ホーチミン市商業合作社(サイゴンコープ=Saigon Co.op)の「チアーズ(Cheers)」など地場コンビニチェーンの大幅な拡大により、競争が熾烈化すると予想されている。

[CafeF 06:35 22/09/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ビナサンタクシー、1~9月期に1300人リストラ (23日)
 ホーチミン市に本拠を置くタクシーサービス大手ビナサンタクシー[VNS](Vinasun)は、経営不振が続き、2020年1~9月期に従業員1300人のリストラを余儀なくされた。  この背景には、グラブ(Grab)など国内市場...>> 続き
ベトテル、ビングループと5G基地局開発で提携 (23日)
 ベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル=Viettel) はこのほど、地場系コングロマリットであるビングループ[VIC](Vingroup)との間で、第5世代移動通信システム(5G)基地局の開発に関する提携契約を締結した。 ...>> 続き
紙インボイス、22年6月末に使用終了 完全電子化へ (23日)
 政府は19日、公式領収書(レッドインボイス)などの書類に関する政令第123号/2020/ND-CPを公布した。同政令は2022年7月1日に施行される。  政令によると、企業各社は2022年6月30日に紙インボイスの使用を終了...>> 続き
給与支払い無利子融資、政府が条件緩和を決定 新型コロナの影響軽減策 (23日)
 政府は19日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けた人々への支援に関する政府の4月9日付け決議第42号/NQ-CPを改正・補足する決議第154号/NQ-CPを公布した。  決議第154号では、ベトナム社会政...>> 続き
ベトナムヨーロッパ企業委員会が設立、EVFTAの恩恵活用 (23日)
 在ベトナムヨーロッパ商工会議所(ユーロチャム=EuroCham)およびベトナム商工会議所(VCCI)は22日、ベトナムヨーロッパ企業委員会(EVBC)の設立記念式典を開催した。  EVBCの設立は、ベトナムEU自由貿易協定(...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited