ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

EVタクシー、事業開始から1年余りで全国タクシー台数の4割に

2024/05/28 05:32 JST配信
イメージ写真
イメージ写真 写真の拡大
  • EVタクシー、全国タクシー台数の4割超
  • ビンEVタクシーのEV普及戦略が奏功
  • サインSMはリリース1年で5000万回輸送

ベトナム国内で電気自動車(EV)によるタクシーサービスが導入されてから、1年余りが経過した現在、全国のEVタクシー台数は3万台以上に増加し、タクシー台数全体の4割以上を占めるまでになっている。

 この背景には、地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下ビンファスト(VinFast)ブランドの電気自動車(EV)・電動バイクのレンタカー・タクシー会社であるグリーン・スマート・モビリティ(GSM)がベトナムでのEV普及戦略に積極的に取り組んでいることがある。

 GSMは2023年4月、ハノイ市でEVタクシーサービスを開始。これを皮切りにホーチミン市、北中部地方トゥアティエン・フエ省、南中部沿岸地方カインホア省ニャチャン市などにサービスエリアを拡大していった。

 GSMはさらに今年4月にラオス進出を果たし、同国でEVタクシーサービスを開始した。国外ではラオスを皮切りに周辺諸国にサービスエリアを拡大させる計画で、2025年までに9か国でのサービス提供を目指している。

 GSMの輸送サービス「サインSM(Xanh SM)」は、アプリのリリースから1年(2023年4月14日~2024年4月15日)で5000万回の輸送を実現した。同期間の輸送距離は合計3億kmとなっており、環境への二酸化炭素(CO2)排出量5万2000tの削減に寄与したと推定される。

 同社はEVや電動バイクの配車サービスだけでなく、宅配やレンタカーなどのサービスも手掛けている。GSMはベトナム全国40省・市近くでサービスを展開中。同社はこのほか、輸送業界のパートナー企業30社余りと事業提携し、企業のガソリン車からEVへの切り替えをサポートしている。

 なお、◇「エンバン(En Vang)」(北部紅川デルタ地方ハイフォン市)、◇「マイラブ(MaiLove)」(北中部地方ゲアン省)、◇「バックダイズン(Bach Dai Dung)」(同)、◇「ラド(Lado)」(南中部高原地方ラムドン省)など、多くの従来型タクシー会社がGSMの支援のもと、EVへの切り替えを推進している。

[Bnews 18:02 24/05/2024 U].  © Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
チン首相、副首相4人の役割分担を決定 (6:02)

 ファム・ミン・チン首相は13日、副首相4人の役割分担を決定した。これに先立つ6月上旬、日本留学経験があるレ・タイン・ロン司法相が新たに副首相に任命されて、副首相が4人体制となっていた。役割分担は以下の...

ベトナム映画「Lat Mat 7」、ベトナム映画興収ランキング2位に (5:11)

 ベトナム全国の映画館の興行収入データを分析するボックスオフィス・ベトナム(Box Office Vietnam)によると、ベトナムの歌手・俳優・映画監督のリー・ハイ(Ly Hai)が監督を務める4月26日公開のベトナム映画「La...

ベトナムの子供向けMV、国内初のYouTube10億再生達成 (5:02)

 ベトナムの子供向けMV「Mot Con Vit(童謡アヒルの歌)」がこのほど、YouTubeの再生回数10億回を突破した。ベトナムのMVがこの大台を達成するのは今回が初めて。  「Mot Con Vit」は2019年8月31日にYouTube上...

EURO2024開幕、ベトナムのカフェとバーはサッカー特需で大繁盛 (4:24)

 UEFA EURO2024(ユーロ2024)が6月14日にドイツで開幕して、連日グループステージの熱戦が繰り広げられている。ベトナムの現地時間では、夜遅くから明け方にかけて中継があるが、多くのカフェやバーは夜通し大勢...

ウェビナー「ベトナム・オープンイノベーション事例集」発表イベ.. (3:32)

 日本貿易振興機構(ジェトロ)は、スタートアップなどとのオープンイノベーションを進めるベトナム大企業へのインタビューを収録した「ベトナム・オープンイノベーション事例集 −地場大手8社によるスタートアップ...

ハノイ:第1回広告デザインアート展、6月24日まで開催 (2:26)

 ベトナム芸術協会が主催する「第1回ベトナム広告アート展2024」が、ハノイ市ホアンキエム区のゴークエン美術展示場(16 Ngo Quyen, Hoan Kiem, Ha Noi)で開催中だ。  これは2024年度のベトナム広告業界で活...

ハノイ市党委書記を処分、財政相在任時に華人系VTPの違反に関与 (17日)

 ベトナム共産党中央監査委員会は12日から14日にかけて開いた会合で、ハノイ市共産党委員会のディン・ティエン・ズン書記が、財政相時代に党規約に違反したとして、適切な処分を科すよう管轄機関に提案した。 ...

ベトナム・ロシア友好条約締結30周年、両国首脳が祝賀書簡を交換 (17日)

 ベトナムのグエン・フー・チョン書記長とトー・ラム国家主席は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領との間で、ベトナム・ロシア友好条約締結30周年(1994年6月16日~2024年6月16日)を迎えるに当たって祝賀の...

ヘルスケアプラットフォームのマーソ、ハノイに開発拠点を設立へ (17日)

 ヘルスケアプラットフォームの運営を手掛けるマーソ株式会社(東京都港区)は、事業成長へ向けたエンジニアの確保を目的として、ハノイ市に開発拠点として子会社を設立する。  子会社「マーソ・アジア(MRSO A...

30年までにGDPに占める観光業割合を13~14%に拡大 (17日)

 チャン・ホン・ハー副首相は13日、「2045年を視野に入れた2021年~2030年の観光開発計画」を承認する決定第509号/QD-TTgに署名した。   同計画では、2025年までにベトナムを世界でも高い観光開発力を...

レンタカー市場規模、32年までに10億USDへ (17日)

 市場調査レポートオーシャン(Report Ocean)によると、ベトナムのレンタカー市場の規模は2024年から2032年までの期間に年平均+14%のペースで成長し、2032年までに10億USD(約1560億円)に達すると予想される。 &...

VSIP、ランソン省で工業団地を起工 投資総額390億円 (17日)

 ベトナム・シンガポール工業団地(VSIP)は14日、東北部地方ランソン省でVSIPランソンの起工式を開催した。まずはインフラ整備から着手する。規模としては同省最大の工業団地となる見通し。  VSIPランソンは...

通信郵便技術学院、ビンAIとAI人材育成で提携 (17日)

 情報通信省傘下の通信郵便技術学院(PTIT)はこのほど、地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下の人工知能研究所(ビンAI=VinAI)との間で、AI人材育成に関

リタイア後に住みたい国トップ8、ベトナムとコロンビアが選出 (17日)

 米国の2大旅行雑誌の一つ「トラベル・アンド・レジャー(Travel + Leisure)」はこのほど、「リタイア後に住みたい国トップ8」を発表した。東南アジアからは、ベトナムが選ばれている。  これは、欧米の高齢...

配車アプリ運転手の制服、飲酒運転の摘発逃れで人気 (17日)

 外国人観光客がベトナムを訪れた際に、よくお世話になる配車アプリ。少しハードルが高いかもしれないが、東南アジアを旅慣れた人なら、バイクタクシーを利用するという人も多いだろう。配車アプリと契約したバ...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved