ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム映画「つぶらな瞳」、アカデミー賞国際長編映画賞ノミネート逃す

2021/02/20 04:16 JST配信
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大

 アカデミー賞を主催する米映画芸術科学アカデミー(AMPAS)はこのほど、第93回アカデミー賞9部門のノミネート最終候補作品を発表した。この中で、「国際長編映画賞」にベトナム代表としてエントリーしていた「Mat Biec(原作邦題:つぶらな瞳)」は、惜しくも最終候補入りを逃した。日本代表の「朝が来る」も落選となった。

 今回の国際長編映画賞では、世界93か国のエントリー作品から15作品が最終候補に選ばれた。さらにこの中から5作品が選ばれ、3月15日にノミネート作品が発表される。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、授賞式は当初の2021年2月28日から2か月延期され、4月25日に行われる。

 「つぶらな瞳」は有名作家グエン・ニャット・アイン(Nguyen Nhat Anh)の同名小説が原作で、日本では「つぶらな瞳」の邦題で出版されている。ビクター・ブー(Victor Vu)が監督を、ビクター・ブーと、グエン・ケイ(Kay Nguyen)率いる脚本家集団エータイプマシン(A Type Machine)が脚本を手掛ける。公開から約1か月で興行収入1720億VND(約8億円)を突破し、ベトナム映画の歴代興行収入ランキングで3位となっている。

 なお、第92回のベトナム代表作品はゴ・タイン・バン(Ngo Thanh Van)主演・プロデュースの「ハイ・フォン(原題:Hai Phuong、英題:Furie)」(2019年2月公開)。第91回では同じくゴ・タイン・バンが主演・プロデュースする「サイゴン・クチュール(仕立て屋 サイゴンを生きる、原題:Co Ba Sai Gon、英題:The Tailor)」(2017年11月公開)が「外国語映画賞(第92回から国際長編映画賞に名称変更)」のノミネート候補に選ばれたが、いずれも本選へのノミネートを逃した。

 過去に本選にノミネートされたベトナム映画は、トラン・アン・ユン(Tran Anh Hung=チャン・アイン・フン)監督作の「青いパパイヤの香り(原題:Mui Du Du Xanh、英題:The Scent of Green Papaya)」(1993年公開)の1本のみに留まっている。

Clip to Evernote
[Tuoi Tre 11:44 10/02/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2023 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [エンタメ]
映画「僕愛」「君愛」、ベトナムで2月10日同時公開 (4日)
 乙野四方字による小説「僕が愛したすべての君へ(僕愛、越題:Nhan Gui Tat Ca Cac Em, Nhung Nguoi Toi Da Yeu)」と「君を愛したひとりの僕へ(君愛、越題:Nhan Gui Mot Toi, Nguoi Da Yeu Em)」の劇場アニメが...>> 続き
ベトナム系米国人俳優2人、アカデミー賞にノミネート (1日)
 アカデミー賞を主催する米映画芸術科学アカデミー(AMPAS)は米国現地時間24日、第95回アカデミー賞の各部門のノミネートリストを発表した。この中で、ベトナム系米国人俳優2人が「助演男優賞」と「助演女優賞」...>> 続き
テトに公開のベトナム映画、興行収入1000億VNDを過去最速で突破 (1/30)
 人気男性コメディアンのチャン・タイン(Tran Thanh)が監督を務めるベトナム映画「Nha Ba Nu」が、テト(旧正月)の元日にあたる1月22日に公開された。  同作品は25日夜までに、過去最短記録となる公開3.5日間...>> 続き
「ミス・ユニバース2022」、ベトナム代表が特別賞を受賞 (1/27)
 米国のニューオーリンズで現地時間14日に開催された「ミス・ユニバース(Miss Universe)」の世界大会で、ベトナム代表のグエン・ティ・ゴック・チャウさん(29歳)はトップ16入りを逃したものの、観客の投票による...>> 続き
【エンタメ】2022年ベトジョー記事アクセス数ランキング (1/26)
 VIETJOベトナムニュースが2022年に配信した「エンタメ」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:新人ボーイズグループ「TEMPEST」にベトナム人メンバー、韓国デビューへ >> 続き
これより過去の記事は、エンタメ記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2023 All Rights Reserved