ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

新人ボーイズグループ「TEMPEST」にベトナム人メンバー、韓国デビューへ

2022/01/07 06:29 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 中国・北京に本社を置き、韓国・ソウルにも拠点を構える多国籍芸能プロダクションのウィエファ・エンターテインメント(Yuehua Entertainment)は3日、新たなボーイズグループ「TEMPEST(テンペスト)」のメンバー7人のビジュアルを発表した。

 公式ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に投稿されたメンバーの写真の中には、唯一のベトナム人メンバーとなるハンビン(Hanbin)も含まれている。まだメンバーの個別プロフィールは明らかになっていないが、公式SNSで順次公開される予定だ。

 デビューは2022年の予定。ウィエファからグループがデビューするのは、EVERGLOW以来約3年ぶりとなる。

 ハンビンは1998年1月19日生まれの23歳で、西北部地方イエンバイ省出身。本名はゴ・ゴック・フン(Ngo Ngoc Hung)。ハノイ市にある商科大学(Thuongmai University)の国際マーケティング学部を卒業している。

 ベトナムのK-POPダンサー界では「フンビン(Hung Bin)」として有名で、グループ「C.A.C」のリーダーを務めるなど、ファンも多かった。2018年には、ハノイ市で行われたK-POPのランダムダンスコンテストでベストパフォーマーを受賞している。

 ハンビンは2020年、韓国の総合エンターテインメント企業でBTS(防弾少年団)を輩出したHYBE(ハイブ、旧社名:ビッグヒット・エンターテインメント=Big Hit Entertainment)と、韓国のコングロマリット(複合企業)CJグループ傘下のメディア企業であるCJ ENMによる超大型プロジェクト「I-LAND」で人気を集めた。練習生の期間は11か月で、パート2まで進出したが、テスト3で脱落した。その後、HYBEとCJ ENMが共同で設立したレーベル「BELIFT LAB」を2021年6月に退所し、ウェイファに移籍した。

 「I-LAND」は日本でもABEMAやMnet Japanで放送され、パート2で勝ち残った7人は「ENHYPEN(エンハイプン)」として2020年11月30日にデビューしている。

 なお、ウィエファには「SUPER JUNIOR(スーパージュニア)」の元メンバーであるハンギョンや「IZ*ONE(アイズワン)」の元メンバーであるチェ・イェナなども所属している。

[VnExpress 23:07 03/01/2022, A].  © Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
ビングループ、オーストラリアに駐在員事務所を開設 (13:38)

 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)は21日に開いた取締役会で、オーストラリア駐在員事務所の開設を決議した。  同事務所は、オースト

ベトテル、顔認証に関する国際認証取得 ディープフェイク検出可 (13:17)

 携帯通信大手の軍隊工業通信グループ(Viettel Group=ベトテル)は、オンライン本人確認サービス「Viettel eKYC (Viettel electronic Know Your Customer)」がISO認証機関Taylorcoxからレベル2の顔認証(Face ID)...

SUNNYDAY、地場ハチネットソフトウェアと戦略的業務提携 (12:21)

 外国人留学生及び日本国内転職者の就職支援事業やベトナム人技術者受け入れ事業などを手掛けるSUNNYDAY株式会社(東京都狛江市)と地場ハチネットソフトウェア(Hachinet Software、ハノイ市)は、ハチネットソフト...

ホーチミンの教会に100年以上眠る遺体、謎めいた神聖な「宝物」 (23日)

 ホーチミン市4区のソムチエウ教会には、5つの面がガラス張りになった棺がある。棺の中には、100年以上も前に亡くなった女性の遺体が納められている。科学的な方法によって保存されているわけではないにもかかわ...

信頼性の高いICT企業トップ10、ベトテルが7年連続1位をキープ (6:02)

 ベトナム評価レポート社(ベトナムレポート=Vietnam Report)は21日、2024年における信頼性の高い情報通信技術(ICT)企業トップ10を発表した。ベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル=Viettel)は2018年のランキ...

地場電機アサンゾ脱税事件、5年の歳月を経て元会長を起訴 (6:00)

 地場電機メーカーのアサンゾ・ベトナム(Asanzo Vietnam)がベトナム製を装って中国製製品を国内外で販売していた事件で、同社のファム・バン・タム元会長(男・44歳)が脱税容疑で起訴された。ホーチミン市警察が...

カットティエン国立公園、IUCNグリーンリストに認定 (5:31)

 東南部地方ドンナイ省カットティエン国立公園で21日、国際自然保護連合(IUCN)が認定する「グリーンリスト(Green List)」の授与式が開催された。  同国立公園は、ドンナイ省と南中部高原地方ラムドン省の5つ...

映画「ドクちゃん−フジとサクラにつなぐ愛−」、サントラ配信開始 (5:25)

 ベトナム戦争時に米軍が散布した枯葉剤の影響で結合双生児として生まれた「ベトちゃんドクちゃん」の「ドクちゃん」ことグエン・ドクさん(43歳)の、今も後遺症と戦う宿命、そして平和のメッセンジャーという使...

ラムドン省:リエンクオン空港が南中部高原地方初の国際空港に (4:40)

 交通運輸省の決定により、南中部高原地方ラムドン省リエンクオン空港は、22日より正式に国際空港としての運用が開始され、海外からの航空機および軍用機の受け入れが可能となった。同空港は、南中部高原地方で...

ハノイ:バッチャン陶芸村行きの観光バスを年内に運行開始 (4:19)

 ハノイ市人民委員会はこのほど、市内各地および市内と近隣省を結ぶバス路線を承認する決定第3187号を発行した。  決定によると、ハノイ市では市内を走る路線バス136本と近隣省を結ぶ18本が運行することとな...

フェイガー、米卸業者と肥料メーカーと水田プロジェクトで覚書締結 (3:18)

 農業由来のカーボンクレジット創出に取り組む日本初のスタートアップである株式会社フェイガー(東京都港区)は、ベトナム最大規模の米卸業者であるアンザン輸出入[AGM](An Giang Imp

台湾鴻海、バクニン省でプリント基板工場建設へ 投資総額590億円 (3:14)

 北部紅河デルタ地方バクニン省人民委員会は、電子機器受託生産(EMS)で世界最大手の台湾フォックスコン・テクノロジー・グループ(Foxconn Technology Group=鴻海)に対し、FCPVフォックスコン・バクニン工場案件...

フェイガー、国家農業普及センターと水田プロジェクトで覚書締結 (2:55)

 農業由来のカーボンクレジット創出に取り組む日本初のスタートアップである株式会社フェイガー(東京都港区)は、農業農村開発省傘下の国家農業普及センター(NAEC)との間で覚書(MOU)を締結し、ベトナムにおける農...

米国務次官補がベトナム外相と会見、プーチン露大統領帰国直後に (24日)

 ブイ・タイン・ソン外相は21日、ベトナムを訪問したダニエル・クリテンブリンク米国務次官補(東アジア・太平洋担当)と会見した。  ソン外相はこの席で、ベトナムが常に米国を戦略的パートナーとして重視し...

1日の電力消費量が10.3億kWhに、過去最高を更新 (24日)

 ベトナム電力グループ(EVN)によると、6月14日の全国の電力消費量は10億2500万kWhで過去最高を更新した。電力需要のピークについても19日午後に4万9533MWとなり、こちらも過去最高となった。  この数日は夕...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved