ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:外国人の違反による交通事故が多発、取り締まり困難

2018/03/02 06:56 JST配信
Clip to Evernote
(C) Le Thoa, Phap Luat
(C) Le Thoa, Phap Luat 写真の拡大

 ホーチミン市では、2017年に外国人による交通事故が75件発生し、3人が死亡、50人が負傷した。また75件のうち28件がバイク、16件が乗用車の運転中に起きた事故だった。同市では外国人の無免許運転や通行帯違反、通行区分違反、車間距離不保持などにより交通事故の発生が後を絶たない。

 同市警察道路鉄道交通警察部(PC67)によると、外国人違反者には英語以外の言語を話す人や身分証明書や車両に関する書類を提出できない人が多く、取り締まりが非常に困難だという。

 この場合、取り締まりには入国管理局や同市警察、大使館と連携して通訳を介して車検手続や傷害査定、事故の当事者双方間における補償に関するやり取りを進めなければならない。ところが、なかには電話で繰り返し出頭要請をしても多忙を理由に断固として出頭しない人もおり、事故処理が長引いたり未処理のままになることもあるという。

 PC67によれば、市内でも特に外国人が多く居住する7区で外国人による交通違反が多発しているという。また、深夜に泥酔状態で自損事故を起こす外国人も少なくなく、死亡に至る事故も起きている。

 外国人による交通事故の多発を受けて、PC67は2018年に英語を始めとする外国語で交通ルールを記載したパンフレットにより外国人への交通ルール周知を図る。PC67はまた、同市人文社会科学大学と協力し、同大学の留学生らに向けて交通ルール順守PRチームを組織するほか、市内関連当局とも同様の活動を実施する計画。

[Le Thoa, Phap Luat, 10/2/2018 05:10, T].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
昭和39年製の「ゼブラケンコー」自転車、ホーチミンで初の組み立て (15:09)
 日本では「昭和レトロ」の自転車ブランドとして知られるゼブラケンコーの自転車「ジップシグマ」が、製造から55年を経てホーチミン市で初めて組み立てられた。  所有者はホーチミン市ビンチャイン郡ビンフ...>> 続き
ハノイ:デング熱感染者、前年同期の3倍超に (14:56)
 ハノイ市疾病管制センターによると、同市内における年初から6月16日までのデング熱感染者数は市内19区・郡の548人で、前年同期の3倍超に急増している。ただし、現時点で死亡者は出ていない。  デング熱のほ...>> 続き
地場電子アサンゾ、ベトナム産装い中国産を販売―「ベトナム製品賞」受賞も (13:16)
 近年飛躍的な成長を遂げている地場電機メーカーのアサンゾ・ベトナム(Asanzo Vietnam)が、ベトナム産を装い中国産の製品を販売していたことが世間を賑わせている。大手新聞「トゥオイチェー(Tuoi Tre)」が昨年...>> 続き
国民電子カルテ、7月から正式導入へ (6:07)
 保健省情報技術局は、7月から全国で国民電子カルテデータベースを正式に導入する。2020年の完成を目指す。  同省は4月から東南部地方バリア・ブンタウ省で、5月から北中部地方ゲアン省で電子カルテデータベ...>> 続き
ベトナム初の「麻薬博物館」、薬物乱用防止に寄与 (4:58)
 ハノイ市バービー郡のロンベト(Long Viet)観光区には、ベトナム初の「麻薬博物館」がある。麻薬の有害性を紹介する展示エリアは、同観光区の1.5haの敷地に建てられている。  ここには、アヘンやヘロインと...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)