ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

結合双生児ドクさん、分離手術から30年の時を経て「第2の父」と再会

2018/06/06 06:27 JST配信
Clip to Evernote
(C) L.P, VnExpress
(C) L.P, VnExpress 写真の拡大

 ホーチミン市第2小児病院で5月31日、ベトナム戦争時に米軍が散布した枯葉剤の影響で結合双生児として生まれた「ベトちゃんドクちゃん」の弟、グエン・ドクさんと妻子が、分離手術から30年の時を経て「第2の父」と慕うチャン・ドン・アー医師との再会を果たした。この度の再会は同病院の創立40周年を記念して実現した。

 ベトちゃんドクちゃんは1981年2月25日に南中部高原地方コントゥム省サタイ郡で結合双生児として生まれ、2人の分離手術は1988年10月4日にホーチミン市ツーズー産婦人科病院で行われた。

 手術が行われた当時、アー医師はホーチミン市第2小児病院外科部長で外科チーム長として15時間に及ぶ分離手術に携わった。アー医師は、これまでに結合双生児が分離手術後に結婚し、子供をもうけた事例は世界でも他にないとし、ドクさん一家が幸せに暮らしていることが自身にとって何よりもの贈り物だと当時を振り返った。

 一方でドクさんは、病院での職員としての勤務を通じて多くの患者を目にしてきたため、医療従事者の苦労は身に染みて感じており、アー医師をはじめとする手術に携わった人々のおかげで自分が生きていることは素晴らしいことで、「お父さん」をとても尊敬していると語った。

 分離手術後、ドクさんの兄ベトさんは19歳で亡くなったが、ドクさんは順調に回復した。その後2006年に妻トゥエンさんと結婚、2009年には男女の双子が生まれた。双子はそれぞれ富士山と桜にちなみ、男の子が「グエン・フー・シー」、女の子が「グエン・アイン・ダオ」と名付けられ、現在は小学4年生になっている。

 ドクさんは2017年5月に尿路感染症と水腎症を発症し、同市ビンザン病院で緊急手術を受けたが、経過は良好でツーズー病院平和村にも職場復帰している。

 日越国交樹立45周年を迎える今年、ドクさんは訪日して2017年4月に客員教授に就任した広島国際大学(広島県東広島市)をはじめ、日本各地で平和や命の大切さについて講演する予定だ。

[Le Phuong, VnExpress, 31/5/2018, 14:28 (GMT+7), T].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
台風5号、北中部地方に上陸 1人死亡・29人負傷 (18日)
 自然災害防止中央指導委員会の18日正午ごろの発表によると、台風5号(アジア名:ノウル、日本では台風11号)が同日午前10時ごろに北中部地方クアンビン省から同トゥアティエン・フエ省にかけての地域に上陸した後...>> 続き
入国者向け隔離料金計画案、首相が承認 ウィズコロナ対策 (18日)
 グエン・スアン・フック首相は17日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の持続可能な対策の一環として、ベトナムへの入国者に対する隔離料金に関する財政省の計画案を承認した。9月1日に遡って適用する。 ...>> 続き
ダナン:不要不急のサービス営業再開、カラオケやバーは休業継続 (18日)
 南中部沿岸地方ダナン市人民委員会は17日午後、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第2波の影響で営業を一時停止していた市内の不要不急のサービスについて、18日午前0時からの営業再開を許可した。  た...>> 続き
新型コロナ、入国者3人陽性で感染者1066人に 市中感染は16日連続ゼロ (18日)
 保健省の17日午後の発表によると、海外から帰国した3人が新型コロナウイルスに感染していることがわかった。市中感染は16日連続でゼロ人となっている。  18日午前6時の時点でベトナム国内の新型コロナウイ...>> 続き
ホーチミン:ディンティエンホアン通りの一部をレバンズエット通りに改称 (18日)
 ホーチミン市ビンタイン区にあるレバンズエット廟で16日、188回忌を祝う儀式が盛大に行われた。式典にはレ・バン・ズエットの子孫のほか、同市共産党委員会、人民委員会、人民評議会、祖国戦線委員会などの代表...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited