ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

結合双生児ドクさん、分離手術から30年の時を経て「第2の父」と再会

2018/06/06 06:27 JST配信
(C) L.P, VnExpress
(C) L.P, VnExpress 写真の拡大

 ホーチミン市第2小児病院で5月31日、ベトナム戦争時に米軍が散布した枯葉剤の影響で結合双生児として生まれた「ベトちゃんドクちゃん」の弟、グエン・ドクさんと妻子が、分離手術から30年の時を経て「第2の父」と慕うチャン・ドン・アー医師との再会を果たした。この度の再会は同病院の創立40周年を記念して実現した。

 ベトちゃんドクちゃんは1981年2月25日に南中部高原地方コントゥム省サタイ郡で結合双生児として生まれ、2人の分離手術は1988年10月4日にホーチミン市ツーズー産婦人科病院で行われた。

 手術が行われた当時、アー医師はホーチミン市第2小児病院外科部長で外科チーム長として15時間に及ぶ分離手術に携わった。アー医師は、これまでに結合双生児が分離手術後に結婚し、子供をもうけた事例は世界でも他にないとし、ドクさん一家が幸せに暮らしていることが自身にとって何よりもの贈り物だと当時を振り返った。

 一方でドクさんは、病院での職員としての勤務を通じて多くの患者を目にしてきたため、医療従事者の苦労は身に染みて感じており、アー医師をはじめとする手術に携わった人々のおかげで自分が生きていることは素晴らしいことで、「お父さん」をとても尊敬していると語った。

 分離手術後、ドクさんの兄ベトさんは19歳で亡くなったが、ドクさんは順調に回復した。その後2006年に妻トゥエンさんと結婚、2009年には男女の双子が生まれた。双子はそれぞれ富士山と桜にちなみ、男の子が「グエン・フー・シー」、女の子が「グエン・アイン・ダオ」と名付けられ、現在は小学4年生になっている。

 ドクさんは2017年5月に尿路感染症と水腎症を発症し、同市ビンザン病院で緊急手術を受けたが、経過は良好でツーズー病院平和村にも職場復帰している。

 日越国交樹立45周年を迎える今年、ドクさんは訪日して2017年4月に客員教授に就任した広島国際大学(広島県東広島市)をはじめ、日本各地で平和や命の大切さについて講演する予定だ。

[Le Phuong, VnExpress, 31/5/2018, 14:28 (GMT+7), T].  © Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
総合機械商社の南陽、ハノイに子会社を設立へ (4:08)

 産業機器及び建設機械の販売・レンタルを行う総合機械商社の株式会社南陽(福岡県福岡市)は、海外子会社をハノイ市に設立する。  同社は、中国から生産拠点がシフトすることへの対応として、市場に潜在的な...

女子V1のPFUブルーキャッツ、ベトナムの国際大会で優勝 (3:44)

 南中部高原地方ダクラク省バンメトート市で開催されていた「第14回VTV9-ビンディエン国際女子バレーボールカップ2024」は19日に決勝が行われ、招待参加していた日本女子V1リーグのPFUブルーキャッツ(石川県)がL...

ITコンサルのアルベナ、ハノイに新会社を設立 (2:12)

 ITコンサルティングを手掛ける株式会社アルベナ(東京都千代田区)は7日、Odoo事業の開発・テクノロジーを一手に請け負う新会社として、「アルベナ・ベトナム(ALUBENA VIETNAM)」をハノイ市に設立した。  ア...

猛犬を訓練するドッグトレーナー、需要増で安定した収入源に (19日)

 最近、犬のしつけや訓練を専門に行うドッグトレーナーは、安定した収入が得られる職業となりつつある。ドッグトレーナーは、訓練だけでなく、繁殖やペット用品の販売でも大きな収入を得ることができる。  ...

ホーチミン:メトロ1号線、12月上旬にベトナムに引き渡し (20日)

 日本側の外交文書によると、ホーチミン市都市鉄道(メトロ)1号線(ベンタイン~スオイティエン間)は7月末までにプロジェクト全体のテストを完了。その後、8~9月期にスタッフの訓練を行い、10~11月期に商業運転...

VEPR、ベトナムの24年GDP成長率を+5.5~6.0%と予想 (20日)

 ベトナム国家大学ハノイ校(ハノイ国家大学=VNU-HN)傘下経済大学(UEB)附属の経済政策研究センター(VEPR)は17日に発表したレポートの中で、2024年におけるベトナムの国内総生産(GDP)成長率を+5.5~6.0%と予想し...

フーコック:高さ18mの巨大ホー・チ・ミン像が完成 (20日)

 南部メコンデルタ地方キエンザン省人民委員会は、故ホー・チ・ミン主席の生誕134周年(18905月19日年~2024年5月19日)にあわせて、高さ18mの巨大ホー・チ・ミン像の落成式を開催した。落成式には、同省人民委員...

国会、国家主席と国会議長を選出 公安相と常務国会副議長が昇格 (20日)

 ベトナム共産党中央執行委員会は18日、第15期(2021~2026年任期)の国家主席候補としてトー・ラム公安相を、国会議長候補としてチャン・タイン・マン常務国会副議長をそれぞれ推薦することを決定した。  ラ...

Green Carbon、地場2社と連携 アンザン省で水田プロジェクト (20日)

 カーボンクレジット創出販売や農業、環境などの事業を手掛けるGreen Carbon株式会社(東京都港区)はこのほど、農業総合サービス国内大手ロックチョイグループ[LTG](Loc Troi Group)

ベトナム、23年の粗鋼生産量2000万t 世界12位 (20日)

 ベトナムの鉄鋼産業は2010年代から飛躍的な成長を遂げ、鉄鋼の生産と消費において東南アジア諸国連合(ASEAN)で屈指の国となっている。2023年における同国の粗鋼生産量は2000万tで、世界12位につけた。  こ...

24年の政府ガバナンス効率性指標、ベトナムは113か国中50位 (20日)

 シンガポールのチャンドラー・ガバナンス研究所(Chandler Institute of Governance=CIG)は15日、各国政府によるガバナンス(統治)の効率性を評価した「

フォーブス「アジアを代表する30歳未満の30人」、越から4人選出 (20日)

 米経済誌フォーブス(Forbes)は、「アジアを代表する30歳未満の30人(30 Under 30 in Asia)」2024年度版を発表した。ベトナムからは4部門で計4人が選出されている。  アジア太平洋地域から候補者がリストアッ...

生徒に鞭でクラスメイトを叩くよう指示、担任教師が停職処分 (20日)

 ホーチミン市3区チャンクオックトアン(Tran Quoc Toan)通り12番地にあるグエンティジエウ(Nguyen Thi Dieu)高校は17日より、複数生徒にクラスメイトの尻を鞭で叩くよう指示した女性教師Dさんを停職処分とするこ...

日本政府、少数民族の農業・栄養改善事業に55.8万USD供与 (20日)

 日本政府は13日、日本NGO連携無償資金協力「ソンラ省における少数民族の生計向上のための農業及び栄養改善事業(第2年次)」の贈与契約署名式を開催した。  贈与契約に基づく供与金額は55万7663USD(約8700万...

デンマークのジュエリー「パンドラ」、ビンズオン工場を着工 (20日)

 デンマークのジュエリーブランド「パンドラ(Pandora)」は16日、東南部地方ビンズオン省の第3ベトナム・シンガポール工業団地(VSIP 3)内でジュエリー製造工場を着工した。  同工場は年産能力6000万点で、投...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved