ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

2019年の新規海外派遣労働者12万人を目標、日本への派遣も増加の見通し

2019/01/25 05:07 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 労働傷病兵社会省海外労働管理局のグエン・ザー・リエム副局長によると、ベトナムは2019年通年に新たに送り出すベトナム人の海外派遣労働者数の目標値として12万人を打ち出した。ただし、この数字は2018年の実績を下回っている。

 2018年通年は前年比+6%増の14万2860人で、同年の年間目標値11万人を30%上回った。これにより、5年連続でベトナム人の新規海外派遣労働者数が年間10万人を超えた。

 2018年にベトナム人労働者を送り出した派遣先のうち、派遣労働者数が最も多かったのは日本で、日本への派遣は全体の約48.1%を占める6万8737人に達した。2017年通年では、全体(13万4751人)の約40.4%を占める5万4504人だった。2019年も引き続き、日本、韓国、台湾、ルーマニアなどが主な派遣先となる見通しだ。

 現在、ベトナム人の海外派遣労働者の総数は約58万人に上り、この5年は各年10万人以上増加している。一方で、当局はベトナム人労働者の派遣先での逃亡や違法な居住を懸念しているのが現状だ。

 なお、日本政府は2018年12月25日、日本における外国人労働者の受け入れ拡大に向けて、新たな在留資格「特定技能」の枠組みを定めた「基本方針」および分野別の人数や業務などの詳細を定めた「分野別運用方針」を閣議決定した。これにより、今年4月からの5年間に、介護業や外食業、建設業、ビルクリーニング業、農業など14業種で最大34万5150人の外国人労働者を受け入れることを見込む。

 これは、今まで就労ビザの取得が認められていなかった分野の業務に対して、専門性と技能を有し、即戦力となる外国人に就労目的の在留資格を与えるもので、多くの海外派遣事業者やベトナム人労働者からも注目されている。

[VnExpress 11:47 20/1/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
アリババ不動産会長ら逮捕、7000人から金銭騙し取る (3:05)
 公安省捜査警察機関はこのほど、ホーチミン市警察と協力して同市トゥードゥック区ヒエップビンチャイン街区(phuong Hiep Binh Chanh)にあるアリババ不動産(Alibaba)本社の立ち入り検査を実施した。  検査で...>> 続き
ホーチミン:家伝の肉まん、屋台で1日100個販売 (21日)
 多くのベトナム人にとって肉まんは朝食の定番で、通勤途中に店に立ち寄って、1個当たり5000~2万VND(約23.5~93.9円)の肉まんを頬張る。テーブルや椅子がなく屋台で販売するだけだが、おいしいと評判の肉まんが...>> 続き
ハノイ:トーリック川で錦鯉50匹を放流、水質改善アピール (20日)
 日越環境改善株式会社(JVE)は16日、日本の最新技術を応用した水処理システムが設置されたトーリック川の第4処理槽に、日本の錦鯉50匹とベトナムの金魚50匹を放流した。このほかにも各種淡水魚の稚魚を放流し、...>> 続き
ラムドン食品、ベトナム初の欧州規格ワインセラーをオープン (20日)
 「ダラットワイン」を製造販売するラムドン食品[VDL]はこのほど、南中部沿岸地方ラムドン省ダラット市チャムハイン村ファットチー村落(thon Phat Chi, xa Tram Hanh)の自社ワイナリー「ラドラ・ワイナリー(Lado...>> 続き
ハノイ:連日の濃いスモッグ、気象の逆転現象でPM2.5濃度上昇 (20日)
 ハノイ市はここ数日、朝を中心に目視できるほど濃いスモッグに覆われている。15日朝8時には市内40か所の観測地で大気汚染の程度を示す指標である大気質指数(AQI)が150~170を記録した。指数が51~200の場合は「...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)