ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

日本軍がベトナムに「慰安所」設置、仏軍の公式資料で初めて確認

2019/08/14 06:57 JST配信
Clip to Evernote
(C) VIETJO
(C) VIETJO 写真の拡大

 朝鮮の歴史を研究する韓国の国家機関である国史編纂委員会(NIKH)は12日、日本軍が1940年代にベトナムを侵略した際、北部の複数の都市に「慰安所」を設置していたことを示すフランス軍の資料を確認したと発表した。

 これは、フランス国立海外文書館(ANOM)に保管されているフランス軍の公式資料で、日本軍がハイフォン市(紅河デルタ地方)、バクニン省(同)、ハノイ市に慰安所を設置していたことが記されていた。

 ベトナムにおける日本軍の慰安所の設置は、これまで口頭などで部分的に伝えられてきたが、公式の文書を介して確認されたのはこれが初めて。

 1940年9月、日本軍はヴィシー政権(第二次世界大戦中のフランス政権)と手を結び、フランス領インドシナ北部(現在のベトナム北部)に進駐を開始。翌年、フランス領インドシナ全域に進駐し、ハイフォン市やバクニン省、ハノイ市への侵略も拡大した。

 今回確認されたフランス軍の報告書は、1940年10月7日から10日にかけて書かれたもので、報告書によると日本軍は陸軍と海軍の兵士のためにハイフォン市に2か所の慰安所を設置したという。

 また、バクニン省の日本軍配置図に、慰安所の所在を示す印があることが確認された。慰安所は日本軍の基地のすぐそばに置かれており、日本軍が主体として慰安所を直接管理・統制していたことがわかった。

 ハノイ市の日本軍配置図にも、市中心部に日本軍の他の主要施設とともに慰安所が置かれていたことが示されている。

 これとは別のフランス軍の報告書には、1941年2月に看護婦70人と身元不明の女性25人がハイフォン港からベトナムに入ったことが記されている。国史編纂委員会はこの女性たちについて、日本軍の関係者であることは間違いないとし、慰安婦としてベトナムに送られた可能性が高いとしている。

 なお、国史編纂委員会は2016年から、日本軍の慰安婦および戦争犯罪資料の収集・編纂事業を進めている。

[大韓民国国史編纂委員会 12/08/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
ハノイ:イオンなど小売業者に在庫増強を指示 通常の3倍に (3:15)
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第2波が南中部沿岸地方ダナン市を中心に国内の広い範囲に飛び火していることを受け、ハノイ市商工局は市内の主要小売業者に対し、生活必需品の在庫を通常の3倍に増やすよ...>> 続き
新型コロナで国内初の死者が出たホイアン、社会的隔離措置を継続 (13日)
 南中部沿岸地方クアンナム省ホイアン市人民委員会は13日朝、市内で適用されている社会的隔離措置について14日以降も継続することを決定した。  これにより、ホイアン市民は引き続き、不要不急の外出自粛が...>> 続き
ホーチミン:教育訓練局長ら幹部3人の過ちを厳しく批判 (13日)
 ホーチミン市人民委員会はこのほど、同市調査機関が2019年6月の調査報告書で指摘していた同市教育訓練局の幹部3人の組織管理に関する過ちや欠点を厳しく批判した。同局は、国の予算を使用して海外出張を行って...>> 続き
スクールバス車中置き去り死亡事故、控訴審で被告3人減刑 (13日)
 2019年8月6日にハノイ市カウザイ区にある小中一貫校「ゲートウェイ(Gateway)」のスクールバスで登校した6歳男児がバスの中に置き去りにされ死亡した事件の控訴審で、同市人民裁判所は11日、減刑を求めていた被...>> 続き
クアンナム:13日以降も不要不急のサービスを営業停止 (13日)
 南中部沿岸地方クアンナム省人民委員会は13日以降も引き続き、娯楽イベントや不要不急のサービスの営業を停止する決定を下した。これは、新型コロナウイルスが同省とダナン市を中心に感染が拡大しているためで...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited