ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

ホーチミン:「映え」スポットの路地に「撮影禁止」の標識

2020/09/14 06:37 JST配信
Clip to Evernote
(C) Zing news
(C) Zing news 写真の拡大

 100年以上の歴史を持つホーチミン市5区11街区チャンフンダオ(Tran Hung Dao)通り206番地のハオシーフオン(Hao Si Phuong)路地は、香港の影響が色濃く残る建築様式で、「映え」スポットとして多くの若者が訪れてきた。ところが最近になって、この路地に「撮影禁止」の標識が掛けられたのだ。

 この路地で生まれ育った華僑の女性によると、標識は住民が協議して1か月ほど前に掛けられたのだという。撮影を禁止した背景には、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第2波から住民を守るという目的と、来訪者による撮影で煩わされたくないという住民の意図があるようだ。

 路地の両脇は2階建ての長屋が軒を連ねるが、現在は地上からのみ撮影が可能で、2階部分からの撮影は禁止されている。

 今から3~4年程前に美しい景観として路地があらゆるメディアに取り上げられて以来、国内外から多くの人が写真や動画を撮りに路地を訪れるようになった。当初は住民らも快く来訪者に対して路地の暮らしや文化について語っていた。

 しかし、日を追うごとに来訪者が増え、中には1日中路地で撮影に明け暮れる人や、大声で騒いだり、ごみをポイ捨てするなどして秩序を乱す人が現れ、住民らは不快な思いをするようになった。「ここは老若男女数百人が暮らす居住区であって、観光地でも撮影スポットでもないんですよ。マナーを守らない人があまりにも多く、生活に支障が出ているので仕方なく撮影禁止の標識を掛けたんです」と住民の1人は語る。

 路地は1910年に建設され、かつては中国福建省厦門地域出身の華僑商人フイン・バン・ホア(黃文華:1845~1901年)の会社が所有していた。路地には古典的な中華建築に現代的でカラフルな建築が混在し、別名を「チョロンの香港」、「サイゴンで最も美しい路地」といい、注目されるようになった。

[Zing news 05:56 09/09/2020, T].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
ダナン:カラオケやバーの営業再開、2か月ぶり (25日)
 南中部沿岸地方ダナン市新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防指導委員会は24日午後に文書を発出し、営業停止を継続していた市内のディスコとバー、カラオケ、マッサージ店について、25日午前0時からの営業再...>> 続き
ベトナムから日本到着の3人、空港検疫で新型コロナ陽性 (25日)
 厚生労働省が24日に発表した「新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者の発生について(空港検疫)」によると、23日にベトナムから日本に到着した3人が空港検疫により新型コロナの無症状病原体保有者と報告...>> 続き
ソンラ省:西北部地方最大規模の総合病院が竣工 (25日)
 西北部地方ソンラ省ソンラ市チエンシン街区で22日、同地方で最大規模のソンラ省総合病院の竣工式が行われた。  同病院は550病床の規模で、面積13.95haの用地で2017年に着工された。投資総額は1兆5000億VND(...>> 続き
ハノイ:ノイバイ国際空港で点検作業中の整備士が落雷直撃で死亡 (25日)
 ハノイ市ノイバイ国際空港で22日午後6時5分ごろ、点検作業中の航空整備士が落雷を受けて死亡する事故が発生した。  死亡したのは、ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)子会社のベトナム航空エンジニアリン...>> 続き
国際情報五輪2020、ベトナムの高校生4人がメダル獲得 (25日)
 シンガポールでこのほど開催された「第32回国際情報オリンピック(IOI 2020)」で、ベトナム代表として出場した高校生4人がメダルを獲得した。今大会は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でオンライン開...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited