ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

シンガポールやドバイなど、ベトナムから隔離なしで入国できる国々

2020/10/05 15:02 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 現在、ベトナムから入国する場合に14日間の隔離措置なしで入国できる幾つかの国を紹介する。最も近いところでは、10月8日からシンガポールがベトナムから訪れる旅客に対する入国制限を解除すると発表した。10月1日からエア・トラベル・パス(ATP)の受付を開始しており、空港到着時のPCR検査で陰性が確認されれば、そのまま入国可能。入国予定日の7日~30日前までの間はATPの申請料金が無料となる。

 モルディブでは7月15日から外国人観光客の受け入れを再開。対象となっているのは、リゾート島や無人島にあるホテルに宿泊する旅客で、入国には観光省が認定した宿泊施設の事前予約が必要。モルディブ政府は当初、新型コロナの陰性証明書の提示を求めていなかったが、感染者が増えたことで、9月11日から陰性証明書の提示要請を開始した。

 ドバイでは、さらに早い7月7日の段階で外国人観光客の受け入れを再開。入国の際は、出発4日前までに実施したPCR検査の陰性証明書の提示が必要。空港到着時に特に症状がなければ隔離措置なしで入国できる。

 南アフリカ共和国では10月1日からハイリスク国以外からの外国人観光客受け入れを再開。この中にはベトナムも含まれ、入国には出発前72時間以内に実施したPCR検査の陰性証明書が必要とされる。また、海外旅行保険の加入も推奨されている。

 タンザニアでは6月以降、海外からの入国者に隔離を強制していないが、検温やマスクの着用、ソーシャルディスタンスの実施を継続している。9月15日にはPCR検査の陰性証明書の提示も必要なくなったが、規定は頻繁に変更されるため、事前確認が必要。

 感染者多数のブラジルでは、あらゆる地域からの入国に制限を設けておらず、入国者に対する隔離も実施していない。入国時に求められるのは、有効なビザ、海外旅行保険、検温のみ。また、コロンビアでも10月1日以降、空路で入国する旅客に対して、出発前96時間以内に実施されたPCR検査の陰性証明書が提示できる場合に隔離措置を行わないことになった。ただし、オンライン健康申告と定期的な健康状態の報告が必要。

 英国では、60か国・地域余りから成る新型コロナ低リスク国のリストを発表。この中には、ベトナム、日本、韓国、香港、台湾、マカオなどが含まれる。10月7日以降、低リスク国から2週間以内に第3国を経由せず英国に入国する旅客に対して隔離を実施しないことになった。

[Vnexpress 08:09 2/10/2020, U].  © Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
ハノイ市党委書記が辞任、財政相在任時に違反に関与 (15:12)

 ベトナム共産党政治局は19日、違反があった共産党委員会と党員の処分を決定するための会合を開き、ハノイ市共産党委員会のディン・ティエン・ズン書記の辞任の申し出に同意した。  政治局と書記局は、党中...

フンイエン省:商業街「リトル香港」がオープン、香港グルメに舌鼓 (14:05)

 北部紅河デルタ地方フンイエン省にある都市区「ビンホームズ・オーシャンパーク2(Vinhomes Ocean Park 2, Ocean City)」内に15日、香港の街並みを再現した商業街「リトル香港(Little Hong Kong)」がオープンし...

ベトナム航空傘下LCCパシフィック航空、国内線の運航再開 (14:01)

 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)傘下の格安航空会社(LCC)であるパシフィック航空(Pacific Airlines)は18日、国内線の運航再開を発表した。  同社は当面の計画

相棒は白いアヒル、農村から世界に羽ばたく女性YouTuber (16日)

 南部メコンデルタ地方ビンロン省チャーオン郡に暮らすグエン・トゥイ・チャンさん(女性・22歳)は、力強く生きる少女達のストーリーを紹介する短編動画シリーズ「少女達が未来を変えてい

韓国系企業、工場で活用できる協働ロボットをベトナムで販売へ (13:45)

 ロボットの開発を手掛ける韓国のレインボー・ロボティクス(Rainbow Robotics)はこのほど、自動化設備を製造するベトナム所在の韓国系企業コビFAビナ(KOVI FA Vina)と協働ロボットの販売契約を締結した。  ...

プーチン露大統領がハノイ到着、ベトナム公式訪問を開始 (13:37)

 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は20日午前1時45分、ハノイ市ノイバイ国際空港に到着し、5回目となるベトナム公式訪問を開始した。  ノイバイ国際空港では、レ・ホアイ・チュン中央対外委員長やチャ...

東南アジア大手500社、ベトナムの13社がトップ100入り (6:24)

 米経済誌フォーチュン(Fortune)はこのほど、東南アジアの大手企業500社のランキング「フォーチュン・東南アジア500(Fortune Southeast Asia 500)」を初めて発表した。この中で、ベトナムから70社がランクインし...

ビンズオン省:32人死亡のカラオケ店火災、新たに2人起訴 (6:01)

 東南部地方ビンズオン省トゥアンアン市アンフー街区(phuong An Phu, TP. Thuan An)チャンクアンジエウ(Tran Quang Dieu)通りのカラオケ店「アンフー」で2022年9月6日に発生した、死者32人を出した大規模火災事...

ハノイ:メトロ2A号線、累計利用者数2500万人突破 (5:51)

 ハノイ市都市鉄道(メトロ)2A号線(ドンダー区カットリン~ハドン区間)を運営するハノイ・メトロ(Hanoi Metro)によると、メトロ2A号線は2021年11月6日の運行開始から2024年6月16日までの期間に累計の利用者数が25...

ドンアバンク元頭取、終身刑服役中に死去 65歳 (5:18)

 ドンアバンク(東亜銀行=Dong A Bank)における違法融資など複数の違反事件で終身刑の判決を受けて服役中だった同行元頭取・副会長のチャン・フオン・ビン氏(男性)が、18日夜に死去した。65歳だった。死因は公表...

ホーチミン:トゥーティエム劇場を建設へ、投資総額123億円 (4:45)

 ホーチミン市人民委員会のファン・バン・マイ主席はこのほど、同市文化スポーツ局に対して、同市直轄トゥードゥック市のトゥーティエム新都市区で計画されているトゥーティエム劇場の建築設計案を早急に完成さ...

クアンガイ省:民家で一家4人殺傷事件、身内の土地トラブルで (4:14)

 南中部沿岸地方クアンガイ省クアンガイ市ギアゾン村(xa Nghia Dong)の民家で19日午前6時30分頃、家主の夫婦2人が殺害され、その子供2人も重傷を負う事件が発生した。  殺害されたのは、L・H・Tさん(男性・4...

5月の対日貿易収支、1160億円の黒字 前年同月比▲2.2%減 (3:15)

 日本の財務省が発表した2024年5月の貿易統計(速報)によると、ベトナムの対日貿易収支は前年同月比▲2.2%減の1160億5300万円の黒字だった。  日本からベトナムへの輸入額は前年同月比+24.4%増の1933億1000...

Green Carbon、タインホア省当局と水田プロジェクト推進で覚書 (2:57)

 カーボンクレジット創出販売や農業、環境などの事業を手掛けるGreen Carbon株式会社(東京都港区)はこのほど、北中部地方タインホア省農業農村開発局との間で、水田面積最大10万haでのカーボンクレジット創出を...

EC経由の少額輸入品、VAT課税すべき 国会財政予算委員会 (19日)

 ホー・ドゥック・フォク財政相は国会で17日、財政省が策定した付加価値税(VAT)法の改正草案について報告した。  レ・クアン・マイン国会財政予算委員長は草案の審議にあたり、多くの国が少額の輸入品に対す...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved