ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム最初のドン紙幣印刷工場、その歴史と変遷

2016/01/10 05:07 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 西北部地方ホアビン省ラックトゥイ(Lac Thuy)郡チーネー(Chi Ne)町には、ベトナム民主共和国(1945~1976年)の初期にベトナムで初めてベトナムドン紙幣を印刷していた工場が残っている。

 この工場は、面積7300ha余りの広大なチーネー農場の敷地内に位置する。ベトナム人一家が農場主のフランス人から金2000テール(75kg)相当で買い取り、紙幣印刷工場として使うために国へ提供したものだ。工場は、1946年から1947年まで稼働していた。

 ベトナム民主共和国は、1945年の八月革命によりフランス領インドシナから独立し成立した東南アジアで最初の社会主義国家。故ホー・チ・ミン首席が初代国家主席兼首相に就任した。「独立、自由、幸福(Doc lap - Tu do - Hanh phuc)」を国の標語とし、1976年に南ベトナムを吸収・併合して現在のベトナム社会主義共和国として発展的に消滅するまで続いた。

 ベトナム民主共和国の紙幣はこの工場から誕生し、独立初期に同国の経済回復の一翼を担った。しかし、稼働を始めた当初は機械も粗悪で、印刷するにあたり多くの困難に直面した。最初の紙幣は質が低く、色もきれいではなかった。

前へ   1   2   次へ
Clip to Evernote
[Yen Thao, VNExpress, 3/1/2016 | 16:00 GMT+7, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
9X世代の女性タトゥーアーティスト、タトゥーで傷跡に命を吹き込む (11/27)
 ハノイ市出身の「ゴックライク(Ngoc Like)」ことチャン・ビック・ゴックさん(女性・1993年生まれ)は、長さ10cm以上のケロイドに7時間かけてタトゥーを施し、傷跡にアネモネの花を咲かせた。それは、客の女性に...>> 続き
ベビーリフトで米国へ、母親との再会を夢見るベトナム出身の女性 (11/20)
 米国バーモント州バーリントンに暮らすグエン・ティ・タイン・ホンさん(女性)はこの50年間、小さな女の子がある女性を「お母さん、お母さん!」と呼びながら追いかける夢を頻繁に見ている。しかし、母親と思わ...>> 続き
歌手Mr.ダムと歌声そっくり、視覚障害の青年が光を取り戻すまで Mr.本人が自ら支援 (11/13)
 男性歌手の「Mr.ダム」ことダム・ビン・フンそっくりの歌声を響かせながら、ホーチミン市の市場で雑貨を売り歩く、視覚障害の男性がいる。彼の歌声を初めて聴いた人は誰もが驚き、それが彼の地声であることを知...>> 続き
ホーチミンのバックパッカー街、華やかさの裏で貧しく暮らす人々 (11/6)
 ホーチミン市のバックパッカー街として知られる1区ブイビエン(Bui Vien)通りは、市内で最も賑やかなエリアだ。ここを訪れる人々の中には飲食に数千万VND(1000万VND=約5万9000円)を使うような人もいる。一方、...>> 続き
ホーチミンの路上でおもちゃを売る老人とその事情 (10/30)
 ホーチミン市1区グエンフエ(Nguyen Hue)通りの歩行者天国でおもちゃを売っている白髪の老人が、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で話題となった。  老人は、暗くなった通りの路上にシートを...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved