ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

自分らしく生きたい、性転換手術を待ち望む思い

2016/09/11 05:20 JST配信
Clip to Evernote
(C)NVCC, VNExpress
(C)NVCC, VNExpress 写真の拡大
(C)NVCC, VNExpress|19歳と20歳の誕生日<br>ホルモン使用開始
(C)NVCC, VNExpress|19歳と20歳の誕生日
ホルモン使用開始 写真の拡大

 タイ・ハーさん(本名ドー・ミン・ティエン、1993年生まれ)は幼いころからスカートを履いたり女の子のような遊びが好きで、からかわれるとすぐに泣きだす泣き虫な男の子だった。両親はそんな末息子を男の子らしくしようと武道やバレーボールのクラブに通わせ、ハーさんは家族の期待に応えようと本当の自分を押し殺していた。

 しかし、ハーさんは自分が男の子の体をした女の子であることをはっきりと自覚していた。ほかの女の子がそうであるように男の子に心をときめかせ、8年生の時には一つ上の学年の先輩を好きになったが、先輩が卒業しハーさんの恋はあっけなく終わった。

 二度目の恋は19歳の時。大学進学に伴い東南部地方タイニン省からホーチミン市に引っ越した時で、相手は同級生で親友の男の子だった。親友は大人しく弱虫のハーさんのことをいつも気にかけ守ってくれ、時にはハーさんが女の子なら嫁にしてやってもいいと冗談を言ったりもした。その一方で、ハーさんは親友が自分のことを男同士の親友だとしか見ていないと分かりながらも親友への恋心を募らせていった。 たくさん考えた末にハーさんは親友に告白をしたが、結果は心配していた通りになった。親友はハーさんの告白に愕然とし、ハーさんの前から姿を消した。

前へ   1   2   3   次へ
[05:00 GMT+7, 6/9/2016, Kim Anh, VNExpress, T].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
大女優タイン・ガー殺害から40年、「舞台の女王」の人生をたどる【前編】 (9日)
 1978年11月26日、当時のベトナム南部で「舞台の女王」と称された大女優タイン・ガー(Thanh Nga)とその夫が、見知らぬ男2人に殺害される事件が起きた。この事件は犯人らの残虐さや犯行の大胆さから世間を震撼さ...>> 続き
合気道家と運命の出会い、寝たきりから自立できるようになった少年 (2日)
 ホーチミン市フーニュアン区児童館の3階では障がい者向けに無料の合気道教室が開かれている。教室に通じる階段には、母親に見守られながら伝い歩きで一歩ずつゆっくりと階段をあがる少年の姿がある。少年の名前...>> 続き
身長2.2mのボビナム選手、夢は「身長1.6m」 (11/25)
 身長があまりにも高いため、チャン・ゴック・トゥーさん(22歳・男性)はこれまで数々の不都合に直面し、外に出れば周りの人々から注目されてしまう。そんな彼は「身長がもっと低ければ…」と何度となく願...>> 続き
発売から86年、懐かしの「バーおばさんの石鹸」が復刻へ (11/18)
 1932年に発売されてから長きにわたりベトナムで広く親しまれつつも一度は市場から姿を消した、緑色のパッケージと女性の写真が印象的な石鹸ブランド「バーおばさん(Co Ba)の石鹸」が、本格的に復活を遂げようと...>> 続き
祖父母と暮らす両手両足のない少女、学校に通い夢を追う (11/11)
 メコンデルタ地方ソクチャン省クーラオズン郡第2アンタイン村に住むチャン・ヒエウ・タオちゃん(8歳)は、生まれつき両手両足がない。早くに父親を亡くし、母親も出稼ぎに行っているため、母方の祖父母とともに...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)