ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナムに伝わるビルマ皇族の万能軟膏、末裔がブランド復刻

2019/01/13 05:58 JST配信
Clip to Evernote
(C) thanhnien.vn
(C) thanhnien.vn 写真の拡大
(C) thanhnien.vn
(C) thanhnien.vn 写真の拡大

 かつてのサイゴンの人々に親しまれたフレーズ「ボンボンシークーラー・バインタイスアホットガー・ザウクーラーマックスー(Bon bon xi cu la, banh tay sua hot ga, dau cu la mac su)」。ボンボンはブルボンのお菓子、シークーラーはショコラ(チョコレート)、バインタイは西洋のケーキ、スアホットガーはミルクセーキを意味する。

 そして、ザウクーラーは当時の人々に万能薬として使われていた軟膏で「MacPhsu」というブランド名が訛ってマックスーと呼ばれていた。どれも当時の人々に愛されていた品々だ。しかし、マックスーが実は長い物語と共に遥々ビルマ(現在のミャンマー)人によってベトナムへ持ち込まれたものだと知る人は少ないだろう。

 マックスーは1979年に発売されてから長きにわたり流通していたが、ある時を境に市場から姿を消していた。それが2013年になると、マックスーのブランドの元、カオソアコンコン(Cao Xoa Con Cong)という商品名で復刻したのだ。そして、マックスーを蘇らせたのが、ホーチミン市タンビン区に住む、ビルマ王室の末裔の2人の女性、レ・キム・ガーさん(1945年生まれ)とレ・キム・フンさん(1947年生まれ)姉妹だ。今ではマックスーの調剤方法を知るのは姉妹だけだという。

 ガーさんによれば、一族は1930年にカンボジアのプノンペンでマックスーの製造を開始した。ガーさん姉妹の祖父トン・オン・ザンさんが、妻でビルマのミョンミン(Myngoon Min)王子の娘だったマックスー(MacPhsu)さんの家に伝わる軟膏を基にシンガポールで調剤を学んだ。

 シンガポールでは、ザンさんはシンガポール人とビルマ人のハーフだった男性と共に英国人医師に師事し、精油の抽出方法などを学んだ後、それぞれ帰国の途につき、オリジナルブランドを確立した。

前へ   1   2   3   次へ
[thanhnien.vn 12:08 06/12/2018, T].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
女優から転身、バンブー航空唯一の女性パイロット【前編】 (21日)
 女優だったジエウ・トゥイ(Dieu Thuy)さんは、26歳でパイロットになるための勉強を始めた。彼女にとって、これはリスクの高い賭けのようなものだった。チャンスは1度きり。絶対にこのチャンスをつかむと決めた...>> 続き
徒歩でベトナム縦断、越僑夫婦の挑戦―生死さまよう病気乗り越え (14日)
 ベトナム系米国人のディーン・グエンさんと妻のキャサリン・グエンさんは、ディーンさんが生死をさまよう病気を乗り越えた後、故郷ベトナムを60日かけて徒歩で縦断するという計画を立てた。  夫婦はそろっ...>> 続き
村に戻って早6年、ジャングル生活40年の「森の人」は今 (7日)
 40年間もジャングルの中で暮らし、2013年8月に父親とともに保護されたホー・バン・ランさん(47歳)は、現在も食べる物を探すため毎日森に入っている。村に戻って早6年、何人かの老人が彼のはっきりとしない話に...>> 続き
病気の弟を見舞うため、13歳の少年が自転車で100km一人旅 (3/31)
 西北部地方ソンラ省からハノイ市に向かって100km余りの道のりをブレーキもない自転車に乗って一人で走り、途中で気を失いかけたりサンダルが壊れたりしながらも、入院している最愛の弟を見舞いに行った13歳の少...>> 続き
障がい者の生活改善へ、高3男子が音声操作型ロボットハンド開発 (3/24)
 北中部地方ハティン省のキーアイン高校3年生の男子生徒2人が、上肢に障がいを持つ人向けに声で操作することができるロボットハンドを開発し、全国中高生科学技術コンテストで3位に入賞した。ロボットハンドを開...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)