ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

見ず知らずの若者たちを支援する麺屋の主人、夢叶える一助に

2020/12/13 05:34 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 東南部地方ドンナイ省ビエンホア市でブンボー(bun bo=牛肉の米粉麺)屋を営むラム・キム・フンさん(男性・65歳)は、この20年近くの間、経済的に困難な大学生や若者たちを何十人も受け入れ、学費や生活費から独立に向けた資金までサポートしてきた。

 ある日のこと、賑やかな音楽の中でフンさんは、グエン・ミン・チーさん(男性)が足を使ってシャンパンボトルを開けるのを静かに見つめていた。チーさんには生まれつき両腕がないが、南部メコンデルタ地方アンザン省のアンザン大学情報技術学科を卒業した。この日はチーさんにとって喜ばしい結婚式の日だった。

 結婚式で新郎家の代表であるチーさんの父親が突然、ステージに上がるようフンさんの名前を呼んだ。フンさんは驚きながらも感動の涙を堪えきれず、見知らぬ300人の招待客の前で声に詰まりつつ、「私は新郎のただのスポンサーです。愛するチーの結婚式を心から楽しみにしていました」とスピーチした。

 チーさんはフンさんが面倒を見てきた数十人の学生のうちの1人だ。「チーは私が自分から探し出した最初の子です。それまでは五体満足の学生の支援をしていましたが、生まれつき両腕がないにもかかわらず努力して勉強している子がいることを知り、彼を探し出してサポートしようと決めたんです」とフンさんは話し始めた。

 今年の初めのある晩、フンさんがフェイスブック(Facebook)を眺めていると、チーさんを紹介する動画が偶然目に入った。「動画を見終わって、両腕のない子が努力の末に足を使って何でもできるようになったということに思いを寄せ、涙を流しました。そして頭の中に次から次へと疑問が浮かび、朝方まで眠れませんでした。彼はどうやって生活しているのだろう?どうすれば1年間に2つのクラスを修了し、さらに優秀な成績まで収めることができるのだろう?と」。

 翌朝、フンさんは店のスタッフたちにチーさんを探すよう頼んだ。ようやくチーさんを見つけることができたが、彼はすでに28歳で、大学を卒業して3年が経っており、東南部地方ビンズオン省で安定した仕事に就いていた。

 しかし、話をする中で、チーさんには6年間付き合っている恋人がいるものの、金銭面の問題と彼女の家族に両腕のない婿を受け入れてもらえないことから、2人が結婚式を挙げられずにいることをフンさんは知った。

前へ   1   2   3   4   次へ
[VnExpress 05:05 10/11/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
レゴでベトナムのテトをリアルに再現、ベトナム人デザイナーが創作 (21日)
 2月15日、1400万人ものフォロワーを抱える「レゴ(LEGO)」のフェイスブック(Facebook)のファンページでベトナムのテト(旧正月)の伝統的な食事をブロックで再現した作品が紹介され、注目を集めた。この作品を手掛...>> 続き
宝くじ売りの女性、唯一の生きがいは「テトに帰省して娘の墓参りをすること」 (14日)
 南中部沿岸地方フーイエン省タイホア郡出身のチャン・ティ・クックさん(女性・54歳)は、ホーチミン市で宝くじを売って生計を立てている。  クックさんにとって、テト(旧正月)にフーイエン省に帰って娘の祭...>> 続き
新型コロナ禍、初めて迎える家族離れ離れのテト (7日)
 間もなくテト(旧正月)を迎えるが、クアン・ティンさん夫婦は、故郷で離れて暮らす5歳の息子に今年のテトは帰れないことをまだ伝えられずにいる。  「1年のうち10か月は離れて暮らしているので、息子に会い...>> 続き
全盲のピアニスト、母と二人三脚で夢を追う (1/31)
 生まれつき視覚障害を持つドー・グエン・アイン・トゥーさんは、ピアニストになるという夢を追って母親と共に故郷の南部メコンデルタ地方キエンザン省ラックザー市からホーチミン市に移り住んだ。18年間に渡る...>> 続き
トランスジェンダーが集う「闇市」に潜入【後編】ネット売春の実態 (1/24)
前編はこちら  トランスジェンダーの人々は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のグループを、性転換の悩みを相談したり、経験をシェアしたりする場としてだけでなく、自分の「サービ>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited