ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ベトナムの元サッカー選手、日本のアマ大会参加中に心臓発作 治療費1800万円で支援の輪が広がる

2024/01/30 14:21 JST配信
(C)thanhnien
(C)thanhnien 写真の拡大
  • 越サッカー選手が日本で心臓発作
  • 1800万円の高額治療費に直面
  • 在日ベトナム人の間で支援が広がる

ベトナム1部ソンラム・ゲアン(SLNA)のU-21チームに所属してキャプテンも務めていた元サッカー選手のチャン・ゴック・ズン氏が、昨年12月に日本で開催されたアマチュアサッカー大会に参加中、心臓発作を起こして救急車で緊急搬送された。あれから2か月、日本で受けた治療費が30億VND(約1800万円)にも上っており、家族は同氏を帰国させる方法を探している。

 ズン氏は昨年12月10日に埼玉県で開催された、在日ベトナム人による国内最大規模のサッカー大会「FAJIVA CUP」に参加。試合開始から数分後、ズン氏は息苦しさを感じてピッチに倒れこみ、そのまま意識不明となった。さいたま市病院で受けた救命治療のおかげで幸い一命をとりとめた。医師は最も危険な不整脈とされる心室細動と診断。心房細動は心房内の血液がよどむことで、血栓ができやすくなる危険な病。

 ズン氏のSLNA時代のチームメイトであるレ・タイン・ラム氏は、「大会に出場するため、ズンと一緒に日本に行って、試合中に彼が倒れるのを目撃した。状況は困難だ。彼はもうすぐ海外に出て働く予定だったが、その前に不幸にも病魔が襲った」と話した。

 ラム氏は帰国後、ズン氏の家族に日本での出来事を報告した。ラム氏によると、SLNAで一緒にトレーニングしていた時、ズン氏に心臓疾患の兆候は一切見られなかった。そのため、日本でズン氏が倒れた際は脳卒中の可能性を疑ったという。

 ズン氏が倒れたというニュースは、在日ベトナム人コミュニティの間で瞬く間に広がった。ベトナム・日本総合情報チャンネル「Honto TV」は最近、ズン氏が倒れてから2か月にわたり入院している現在の状況をレポートしている。

 在さいたまベトナム人協会のファム・ディン・トゥオン会長は、「我々はズン氏の容体を注意深く見守っている。双方が安心できるよう、ズン氏とも家族とも定期的に連絡を取って情報交換している」と語った。Honto TVが報じたところによると、ズン氏の12月中の治療費は約20億VND(約1200万円)、1月末までの入院治療費を含めると、総額30億VND(約1800万円)にも上るという。

 この金額は、ベトナムに残されたズン氏の家族が支払うには、あまりにも高額だ。在さいたまベトナム人協会と日本ベトナム国際交流機構(FAJIVA)はズン氏の家族と協力して、彼を帰国させる時期や方法について算段を練っている。また、日本とベトナムに住む多くの同胞や組織がズン氏を支援するために寄付を募っている。直近では、ベトナム代表FWグエン・ティエン・リンが1000万VND(約6万円)を寄付して、SNS上でファンや友人に寄付への参加を呼び掛けた。

 ズン氏は2003年生まれの21歳。名門SLNAの下部組織で育ち、184cmの恵まれた体格で将来を嘱望された若手DFだった。U-19とU-21ベトナム選手権では、SLNAのキャプテンとして出場。同年代には、U-23ベトナム代表のMFディン・スアン・ティエンやDFホー・バン・クオンがおり、SLNAユースでは左SBのレギュラーを務めていた。靭帯損傷の大怪我がなければ、同期と共にトップチームに昇格していた可能性が高いと言われている。

 SLNAのファム・ニュー・トゥアット監督は、大怪我を負ったズン氏に対し、トップチーム昇格のポストを準備するので、もう1年クラブに留まるよう説得していたが、2014年に父親を亡くし、年老いた母親と大学生の妹を持つズン氏は、家計を支えて妹の学費も工面すべく退団して働くことを決意。仕送りするために、韓国かヨーロッパに働きに出る予定だったが、その前に参加した日本でのサッカー大会で病に倒れた。

※記事提供:ベトナムフットボールダイジェスト+

[2024年1月28日 ベトナムフットボールダイジェスト+].  © Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
ハノイ、家屋識別番号を利用した火災警報アプリを試験導入へ (13:21)

 ハノイ市人民委員会は、家屋などの識別番号を利用した火災警報アプリを試験導入する計画を発表した。  アプリには、建物の建設許可に関連する情報、防火システムの審査・検収状況、消防活動を監視するため...

ヤオコー、ベトナム市場に参入 地場企業に出資・業務支援 (6:41)

 スーパーマーケット事業を手掛ける株式会社ヤオコー(埼玉県川越市)は、 今後の成長戦略の布石として地場企業に出資・業務支援を行い、ベトナム市場に参入する。  具体的には、食品スーパーマーケット事業を...

スタンチャート銀、ベトナムの24年GDP成長率予想+6%に下方修正 (6:38)

 英スタンダードチャータード銀行(Standard Chartered Bank)はこのほど発表したベトナムのマクロ経済に関する最新レポートの中で、2024年におけるベトナムの国内総生産(GDP)成長率予想を前回レポートの+6.7%か...

10代で結婚、30代で孫の世話…連鎖する児童婚 (21日)

 他に人のいない家の中で、タオ・バン・ポーさん(男性・36歳)が子供をあやして泣き止ませようとしている。一見、ポーさんが自分の子供をあやしているのかと思いきや、実はこの子供はポーさんの「孫」だ。  ...

ビンファスト、米国のディーラー12社と代理店契約締結 (5:58)

 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)の子会社である電気自動車(EV)メーカーのビンファストオート(VinFast Auto)は23日、米国のディーラー12社との間で代

FPT、米エヌビディアとAIファクトリー開発などで協力 覚書締結 (5:55)

 ベトナムを代表する情報技術(IT)最大手FPT情報通信[FPT](FPT Corporation)はハノイ市で23日、米国のグラフィックスプロセッサ・半導体大手のエヌビディア・コーポレーション(NVIDIA

イエンバイ省:セメント工場の10人死傷事故、従業員1人を逮捕 (4:09)

 西北部地方イエンバイ省イエンビン郡(huyen Yen Binh)にあるイエンバイセメント鉱産[YBC](Yen Bai Cement And Minerals)のセメント工場で22日に発生した深刻な労働災害に関連し、イ

栃木県、ハノイに「とちぎベトナムサポートハブ」を開設 (4:03)

 栃木県は、ハノイ市に「とちぎベトナムサポートハブ(とちぎハブ)」を開設し、24日より活動を開始した。  とちぎハブは、県内事業者のベトナムにおける販路開拓、事業所設置、インバウンド誘客、高度外国人...

FPTジャパンと大末建設、建設業DX化推進でパートナーシップ契約 (3:58)

 ベトナムIT最大手FPT情報通信[FPT](FPT Corporation)グループの日本法人FPTジャパンホールディングス株式会社(東京都港区)の子会社であるFPTソフトウェアジャパン株式会社(FPTジャ

金属プレス加工の河政工業、バクニン省に子会社を設立 (2:20)

 金属プレス加工や部品組み立てなどを手掛ける河政工業株式会社(東京都葛飾区)は、北部紅河デルタ地方バクニン省に子会社を設立した。  子会社「河政工業ベトナム(KAWAMASA INDUSTRY VIETNAM)」は、ダイドン...

第15期第7回国会、5月20日開幕 法案の審議予定を調整 (24日)

 国会常務委員会は20日、第15期(2021年~2026年任期)国会の第7回会議の会期を5月20日から6月8日までと6月17日から6月28日までの2期に分けて開催することを決定した。  国会常務委員会は、2024年法律・法令作...

台湾の自転車製造大手ジャイアント、ビンズオン省に新工場建設 (24日)

 台湾の大手自転車製造メーカーのジャイアント(Giant)は22日、ベトナム事業拡大を目的に、1億2000万USD(約186億円)を追加投資し、新工場を建設する計画を発表した。  新工場は、東南部地方ビンズオン省の第3...

タカラレーベンとフジタ、ハイフォンの分譲マンションを竣工 (24日)

 MIRARTHホールディングス株式会社(東京都千代田区)のグループ会社である株式会社タカラレーベン(東京都千代田区)と株式会社フジタ(東京都渋谷区)は、北部紅河デルタ地方ハイフォン市において共同で開発中の分譲...

ダナン空港、スマートターミナル開発へ FPTソフトウェアと提携 (24日)

 南中部沿岸地方ダナン市ダナン国際空港の国際線ターミナルを運営するダナン国際ターミナル投資開発(Da Nang International Terminal Investment and Operation=AHT)は22日、ベトナムを代表するIT最大手

政府、違法漁業と闘う行動計画を公布 (24日)

 政府は22日、違法・無報告・無規制漁業(IUU漁業)と闘うための行動計画に関する決議第52号/NQ-CPを公布した。  この行動計画は、IUU漁業と闘うことの役割と重要性に対する認識に大きな変化をもたらし、それ...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved