ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

駐在員の世界生活費ランキング、ハノイ137位・ホーチミン124位に後退

2018/06/28 06:22 JST配信
Clip to Evernote
(C) VIETJO/Sa Huynh
(C) VIETJO/Sa Huynh 写真の拡大

 米国の組織・人事コンサルティング会社マーサー(Mercer)が発表した「2018年世界生計費調査(Cost of Living)」の都市ランキングによると、ベトナムの2大都市の生活費は、対象となった世界209都市中でハノイ市が137位(前年100位)、ホーチミン市が124位(同97位)といずれも前年に比べて後退した。

 同調査は、世界209都市で住居費、交通費、食料、衣料、家庭用品、娯楽費用などを含む200品目以上の価格を調査し、それぞれを比較したもの。世界で最も包括的な生計費調査の1つで、多国籍企業や政府機関が海外駐在員に対する報酬や手当てを設定する際の目安として利用されている。ニューヨークをベースとし、同都市を100とした場合の各都市の指数を比較している。

 24年目となる今回のランキングでは、トップ10のうち6都市をアジアが占めた。日本は、東京の順位が前年の3位から2位に上昇した一方、大阪が同20位から23位に、名古屋が同34位から41位にそれぞれ後退した。

 マーサーの調査によると、海外駐在員にとって世界で最も物価が高い都市は前年2位の香港。一方、最も物価が低い都市は、前年123位のウズベキスタンのタシケント。続いて、チュニジアのチュニス(前年209位)、キルギスタンのビシュケク(同208位)などとなっている。

 同ランキングの上位10か国は以下の通り(カッコ内は前年順位)。

1位:香港(香港) (2位)
2位:東京(日本) (3位)
3位:チューリッヒ(スイス) (4位)
4位:シンガポール(シンガポール) (5位)
5位:ソウル(韓国) (6位)
6位:ルアンダ(アンゴラ) (1位)
7位:上海(中国) (8位)
8位:ンジャメナ(チャド) (15位)
9位:北京(中国) (11位)
10位:ベルン(スイス) (10位)

[2018年6月26日 マーサー A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved.  免責事項
最新ニュース [統計]
1-6月期の訪日ベトナム人19万4300人、前年同期比+23.7%増 (20日)
 日本政府観光局(JNTO)が発表した統計によると、2018年6月の訪日ベトナム人の数は前年同月比+34.9%増の2万9500人で、2017年6月の2万1869人を約7600人上回り、6月の過去最高値を更新した。ベトナムは2012年1月か...>> 続き
6月の対日貿易収支は270億6000万円の黒字、前年同月比▲45.9%減 (20日)
 日本の財務省が発表した2018年6月の貿易統計(速報)によると、ベトナムの対日貿易収支は前年同月比▲45.9%減となる270億6000万円の黒字だった。  日本からベトナムへの輸入額は前年同月比+18.5%増の1580億1...>> 続き
1-6月期のバイク販売台数160万台、VAMM加盟5社がシェア99.4% (19日)
 ベトナムバイクメーカー協会(VAMM)の発表によると、2018年1-6月期におけるベトナム全国のバイク販売台数は160万台で、うちVAMM加盟5社のバイク販売台数が159万台で約99.4%を占め、残り0.6%は大型バイクメーカ...>> 続き
6月の貿易収支8億USDの黒字に、1-6月期は34億USDの黒字 (16日)
 税関総局が発表した統計データによると、2018年6月の輸出額は前月比▲0.5%減の198億4500万USD(約2兆2400億円)、輸入額は同▲8.3%減の190億4600万USD(約2兆1500億円)だった。これにより、6月の貿易収支は7億9900...>> 続き
世界技術革新力ランキング(GII)、越はASEANで4位に後退 (12日)
 2018年の世界技術革新力ランキング(Global Innovation Index=GII)で、ベトナムは2017年の世界世界127か国・地域中47位から順位を2つ上げて、世界126か国・地域中45位となった。日本は前年の14位から1ランク上...>> 続き
これより過去の記事は、統計記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)