ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

23年の即席めん需要、ベトナムは81.3億食に減少 世界4位に後退

2024/05/15 05:23 JST配信
イメージ写真
イメージ写真 写真の拡大
  • ベトナムでは「トムチュアカイ味」が人気
  • 米麺のフォーを使った商品が多いのも特徴
  • 世界の即席めん総需要は合計1202.1億食

世界ラーメン協会(WINA)によると、2023年におけるベトナムのインスタントラーメン(即席めん)需要は81億3000万食で、前年の84億8000万食から▲3億5000万食減少した。順位も前年の3位から4位に後退した。

 WINAの統計を見ると、ベトナムの年間即席めん需要は、◇2012年:50億6000万食(世界4位)、◇2013年:52億食(同)、◇2014年:50億食(世界5位)、◇2015年:48億食(世界4位)、◇2016年:49億2000万食(同)、◇2017年:50億6000万食(世界5位)、◇2018年:52億食(同)、◇2019年:54億4000万食(同)、◇2020年:70億3000万食(世界3位)、◇2021年:85億6000万食(同)、◇2022年:84億8000万食(同)だった。

 WINAによると、ベトナムでは「トムチュアカイ味(エビ風味に辛味と酸味が加わったもの)」が一番人気で、麺は歯ごたえのある食感のものが好まれている。また、調理したインスタントラーメンにオニオンや唐辛子を加えて食べたり、米麺のフォーを使った商品が多いこともベトナムの特徴となっている。

 2023年における世界の即席めん総需要は合計1202億1000万食で、前年比▲9億9000万食減少した。

 国・地域別に見ると、中国と香港が計422億1000万食で1位を維持。以下、◇2位:インドネシア(145億4000万食)、◇3位:インド(86億8000万食)、◇4位:ベトナム(81億3000万食)、◇5位:日本(58億4000万食)などとなっている。

[2024年5月13日 世界ラーメン協会 A].  © Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
パソナテックベトナムなど3社、ダナン進出支援コンソーシアム組成 (3:30)

 ベトナムでHRソリューションやBPOサービスなどを提供するパソナテックベトナム(Pasona Tech Vietnam、ホーチミン市)は、日本企業の南中部沿岸地方ダナン市への投資・進出支援の強化に向け、TMI総合法律事務所ベ...

ホーチミン:ホームデコ・ギフト展示会「LifeStyle」、10月開催 (2:30)

 ホーチミン市12区のクアンチュンソフトウェアパークにあるスカイエキスポベトナム(Sky Expo Vietnam:duong So 1, Cong vien Phan mem Quang Trung, quan 12, TP. Ho Chi Minh)で、10月18日(金)から21日(月)ま...

趣味でアリを飼育する会社員、月10万円以上の副収入に (26日)

 ハノイ市ドンダー区在住の会社員のブイ・ゴック・クオンさん(男性)は、ストレスの多い仕事の後の趣味として、観賞用のアリを飼育している。クオンさんは、アリの個体や飼育用品を販売することで、月に2000万~3...

「24年夏の人気観光地」にダナンが選出、トリップアドバイザー (25日)

 世界最大の旅行プラットフォーム「トリップアドバイザー(TripAdvisor)」は、世界6か国(米国、英国、イタリア、オーストラリア、シンガポール、日本)の旅行者への意識調査とサイトの利用状況データをもとに、202...

ダナン:アジアパークが新たなショー開催、ハリウッド級演出も (25日)

 南中部沿岸地方ダナン市にあるテーマパーク「アジアパーク(Asia Park)」では6月、「Symphony of River」や「Roi Viet(ベトナム人形劇)」など初登場となる多くのショーを開催して夏季の来場者を歓迎する。  ...

ホーチミン:「南部フルーツフェスティバル」開催、6月1日から (25日)

 ホーチミン市直轄トゥードゥック市タンフー街区のスオイティエン公園(120 xa lo Ha Noi, phuong Tan Phu, TP. Thu Duc, TP. Ho Chi Minh)で6月1日から8月30日まで3か月間にわたり、「南部フルーツフェスティバ...

ハノイ:深夜の貸家で火災、死者14人・負傷者3人 (24日)

 ハノイ市カウザイ区チュンホア街区チュンキン(Trung Kinh)通りの狭い路地にある3階建ての家屋で24日午前0時45分ごろに大規模な火災が発生した。これまでに14人が死亡する大惨事となっている。  この家屋は...

プーチン露大統領ら各国首脳、ベトナムのラム新国家主席に祝電 (24日)

 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領をはじめとする各国の首脳らが、22日に開かれた第15期(2021~2026年)第7回国会で、ベトナムの新国家主席に選出されたトー・ラム氏に祝電を送った。  プーチン大統領は...

外国籍船とはしけが衝突、コンテナ9個がドンナイ川に落下 (24日)

 23日午後、ホーチミン市直轄トゥードゥック市カットライ街区を流れる3本の川(ドンナイ川、サイゴン川、ニャーベー川)の合流点エリアで、シンガポール船籍の船とはしけが衝突する事故が発生した。この事故により...

WEF旅行・観光開発指数ランキング、越は119か国中59位 (24日)

 世界経済フォーラム(WEF)が発表した「2024年版旅行・観光開発指数(The Travel & Tourism Development Index 2024)」のランキングによると、ベトナムはスコアが3.96で世界119か国・地域中59位となった。2019年と...

ベトテル子会社、ウェアラブル医療機器の提供で韓国企業と提携 (24日)

 韓国の医療機器メーカーであるシアース・テクノロジー(Seers Tecnology)はこのほど、ベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル=Viettel)傘下のベトテル企業ソリューション総公社(ベトテル・ソリューションズ=Vi...

非現金決済に関する新政令、電子マネーを初めて定義 (24日)

 政府は、非現金決済に関する政令第52号/2024/ND-CPを公布した。これは、政令第101号/2012/ND-CPと政令第80号/2016/ND-CPに置き換わるもので、7月1日に施行される。  新政令によると、「電子マネー」は、電...

三菱電機、ベトナムでFA機器の合弁会社を設立 (24日)

 三菱電機株式会社(東京都千代田区)は、ASEAN向けFA機器の生産体制を強化するため、冨士ベークライト株式会社(岡山県小田郡)との間で、冨士ベークライトの子会社である冨士ベークライトベトナム(Fuji Bakelite V...

ベトジェットエア、運賃割引・0VNDキャンペーン実施中 (24日)

 格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は、5月27日(月)まで、ベトナム~インド路線の往復運賃が最大50%割引(税など含まず)からとなるキャンペーンを実施して

ベトナムの越境EC輸出額、直近5年で4倍に (24日)

 商工省傘下の電子商取引・デジタル経済局(IDEA)は22日、アマゾン・グローバル・セリング・ベトナム(Amazon Global Selling Vietnam)と協力し、プログラム「国境を越えた電子商取引:画期的時代」の第2期の発表...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved