ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:南部名物の汁麺「フーティウ」専門店10選

2019/01/12 06:10 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress

ベトナム南部地方では、「フォー(Pho)」と並んで、豚骨ベースのスープにコシのある細麺が特徴の「フーティウ(フーティエウ=Hu Tieu)」が人々に親しまれている。フーティウの具材はエビや豚肉、イカ、魚、牛肉などフォー以上に多様で、その時の気分で選べるのも魅力だ。ここでは、ホーチミン市で人気のフーティウ専門店10選を紹介する。

1.フーティウ・ナムバン(Hu Tieu Nam Vang)

 1区コーバック通り(Co Bac)25番地(25 Co Bac St.,Dist.1)にある24時間営業店「フーティウ・タインダット(Hu Tieu Thanh Dat)」のメニューはフーティウの王道といえるフーティウ・ナムバン(Hu Tieu Nam Vang)、1杯3万5000VND(約170円)のみ。かつてのナムバン(Nam Vang=南旺)で現在のカンボジア・プノンペンに住んでいたベトナム人から伝わった料理とされている。

 具材はエビに豚肉、豚ひき肉、豚レバー、うずらの卵、ネギなど。別皿に春菊やレタス、ニラなど葉野菜が盛られ、スープに浸しながら食べると葉野菜の香りとシャキシャキとした歯触りが良いアクセントになる。



2.フーティウ・ゴックホア(Hu Tien Goc Hoa)

 1区イェルサン(エルシン)通り(Yersin)に面した創業60年の老舗は、店名こそないものの10m2と小さな店内から路上にまでテーブルが所狭しと並べられている。スープは豚骨ベースで化学調味料無添加にこだわっている。メニューはフーティウ、中華麺(具材は豚肉・豚レバー・豚ハツから選択)。価格は具材の種類や量によって異なるが、1杯3万5000円(約170円)程度。



3.フーティウ・ムック(Hu Tieu Muc)

 フーニュアン区ファンシックロン通り(Phan Xich Long)にある創業10年程、イカ(Muc)を具材にしたフーティウ店のメニューは、スルメで出汁を取った甘めのスープに、その場で捌かれた新鮮なイカの歯ごたえがなんとも言えない。価格は1杯4万VND(約190円)からで、ミックス(イカ・肉団子・うずらの卵・ネギ・もやし)の大盛りは5万7000VND(約270円)。いずれのメニューも春菊とレタスが添えられる。



4.インド風ビーフシチュー・フーティウ(Hu Tieu Bo Kho An Do)

 3区ボーバンタン通り(Vo Van Tan)194/5番地(194/5 Vo Van Tan St., Dist.3)にボーコー(Bo kho=ベトナム風ビーフシチュー)専門店がある。ベトナム人の父とインド人の母の間に生まれ、ベトナムで育った店主が考案したビーフシチューはベトナム料理ながらインドの風味も感じられる。

 ボーコーと一緒にフランスパンかフーティウを選ぶことができ、スープとの相性は抜群。柔らかく煮込まれた牛肉は塩コショウ、チリソース、塩トウガラシなどお好みで付けていただく。1杯3万5000VND(約170円)から。



5.フーティウ・カット(Hu Tieu Cat)

 1区チュオンディン通り(Truong Dinh)62番地(62 Truong Dinh St., Dist.1)にある創業60年以上の老舗(看板がないので要注意)では、具材は豚ハツ(Cat)だが、そのサイズに驚くことに間違いない。麺はメコンデルタ地方ドンタップ省の業者から仕入れるこだわりで、注文時は硬めと柔らかめから選択可能。フーティウのほか中華麺もある。メニューはハツ(5万VND=約240円)のほか、豚リブ・ハツ(6万5000VND=約310円)、豚ヒレ、豚レバーがある。



6.フーティウ・ホー(Hu Tieu Ho)

 6区ゴーコン通り(Go Cong)46番地(46 Go Cong St., Dist.6)、ゴーコン通りとザーフー通り(Gia Phu)の角に創業20年の豚モツのフーティウ店がある。中国・潮州市から伝わるこの料理は、麺が一般的なフーティウと異なり薄く幅広の平麺で、豚のモツや耳、タンなどの具材が特徴。忘れてはならないのが、トッピングされた高菜の漬物の炒め物や付け添えの箸休め。モツはココナッツジュースや五香粉と呼ばれるスパイスミックスに浸け下処理されているので臭みもなく食べやすい。1杯2万5000VND(約120円)から。



7.フーティウ・ゼー(Hu Tieu De)

 5区ティエンハウ(Thien Hau)寺にほど近い、グエンチャイ通り(Nguyen Trai)585B番地(585B Nguyen Trai St., Dist.5)に、フーティウと別の丼にヤギ(De)肉が盛られて提供される珍しい店「Way Ky(威記)」がある。フーティウのスープは辛めで、ヤギ肉のくせも気にならない。1人前4万VND(約190円)から。



8.フーティウ・ボービエン(Hu Tieu Bo Vien)

 1区チャンクアンカイ通り(Tran Quang Khai)40番地(40 Tran Quang Khai St., Dist.1)でメコンデルタ地方出身の店主が1996年から営業する牛肉団子(Bo Vien)のフーティウ店「チュートゥーザー(Chu Tu Gia)」。メインの具材は牛肉団子で歯ごたえがあり牛肉の豊潤な香りが特徴。このほかにレバー、ハツ、タン、チレ(脾臓)などのトッピングがあるが、1杯あたり小さな具が5~6片ほどなので、客の多くは牛肉団子を追加注文する。1杯4万5000VND(約210円)から。



9.フーティウ・カー(Hu Tieu Ca)

 1区カルメット通り(Calmette)に華僑の家族が商う創業75年の老舗があり、同店ではフーティウには珍しくメインの具材が魚(Ca)。スープは魚と旨味が強いとされる豚丸骨を使用しており、コクがありながらすっきりとした味わい。トッピングは魚の切り身にネギとニラで、1杯3万5000VND(約170円)。



10.フーティウ・ホアンタイン(Hu Tieu Hoanh Thanh)

 ゴーバップ区ファンフイイック通り(Phan Huy Ich)にあるワンタン(Hoanh thanh)のフーティウ店では、醤油と中国赤酢で味付けされたスープは本格中華の味わい。ワンタンは注文が入ってから店主自らタネを皮で包みこしらえる。同店はワンタン・フーティウ、リブ・フーティウ、フーティウと中華麺のミックスなどメニューも豊富で、価格は3万~5万VND(約140~240円)。


最終更新:2019年1月14日 13:00 JST

[vnexpress.net 10:13 8/1/2019, T].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [観光]
ベトジェットエア、テトの繁忙期に2500便増便 (4:23)
 格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は、2月5日に旧暦1月1日を迎えるテト(旧正月)の繁忙期の需要増に応えるため、1月20日から2月19日までベトナム国内線および国際線で計2500便(座席数5...>> 続き
キャセイ航空、ベトナム3都市~シアトル間で香港乗り継ぎ可能に (23日)
 キャセイパシフィック航空(Cathay Pacific Airways)は3月31日、香港~シアトル(米国)線を就航する。これに伴い、ハノイ市、ホーチミン市、南中部沿岸地方ダナン市のベトナム3都市とシアトルの間で香港乗り継ぎ...>> 続き
クアンニン省で「国家観光年2018」閉幕、カインホア省に引き継ぎ (22日)
 東北部地方クアンニン省で18日、2018年4月から行われていた「国家観光年2018 ハロン・クアンニン」が閉幕した。  同日、クアンニン省にあるFLCハロン国際会議センターで閉幕式が行われ、ファム・ミン・チン...>> 続き
韓国のホテル新羅、ダナンに新ホテルブランド「新羅モノグラム」開業へ (22日)
 韓国サムスングループ(Samsung Group)が展開するホテル新羅(シーラ=The Shilla)は、新たなホテルブランド「新羅モノグラム(Shilla Monogram)」を2019年内にも南中部沿岸地方ダナン市に開業する予定だ。  ...>> 続き
フィリピン航空、マニラ~ハノイ線を就航へ (21日)
 フィリピン航空(Philippine Airlines)は、ハノイ市とフィリピンのマニラを結ぶ新路線を3月31日から就航する。  同路線は週4便の運航で、マニラ発ハノイ行き(PR595)が月・水・金・日、ハノイ発マニラ行き(PR...>> 続き
これより過去の記事は、観光記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)