ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミンの「マレー街」、1区グエンアンニン通り

2018/03/11 05:47 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 ホーチミン市には、中華系の人々が集まる「中華街」(チョロン地区=5区・6区・11区の一部)、西洋人が集まる「バックパッカー街」(1区ファングーラオ街区)のほかに、マレーシアやインドネシアなどの人々向けの店が立ち並ぶ「マレー街」が存在している。

 「マレー街」は、1区中心部のベンタイン市場の西側の出入り口から西へ伸びるグエンアンニン(Nguyen Anh Ninh)通りにある。グエンアンニン通りは全長約100mで、ベンタイン市場沿いのファンチューチン(Phan Chu Trinh)通りとチュオンディン(Truong Dinh)通りを結んでいる。

 この通りは、マレーシアやインドネシア、ブルネイなどから訪れる観光客の間で「サイゴンハラールストリート」の名で知られている。この通りの人々は皆、イスラム教徒のコミュニティ向けに商売を営んでいる。

 この通りに立ち並ぶ50余りの店は、イスラム教徒向けの飲食物や衣類、土産物を販売している。中にはイスラム教徒の女性の伝統的なスカーフ(ヒジャブ)を扱う店もある。価格はベトナムドンとマレーシアリンギットで記載されている。

前へ   1   2   次へ
[Dy Khoa, VnExpress, 8/3/2018 | 02:08 GMT+7, A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
大女優タイン・ガー殺害から40年、「舞台の女王」の人生をたどる【前編】 (9日)
 1978年11月26日、当時のベトナム南部で「舞台の女王」と称された大女優タイン・ガー(Thanh Nga)とその夫が、見知らぬ男2人に殺害される事件が起きた。この事件は犯人らの残虐さや犯行の大胆さから世間を震撼さ...>> 続き
合気道家と運命の出会い、寝たきりから自立できるようになった少年 (2日)
 ホーチミン市フーニュアン区児童館の3階では障がい者向けに無料の合気道教室が開かれている。教室に通じる階段には、母親に見守られながら伝い歩きで一歩ずつゆっくりと階段をあがる少年の姿がある。少年の名前...>> 続き
身長2.2mのボビナム選手、夢は「身長1.6m」 (11/25)
 身長があまりにも高いため、チャン・ゴック・トゥーさん(22歳・男性)はこれまで数々の不都合に直面し、外に出れば周りの人々から注目されてしまう。そんな彼は「身長がもっと低ければ…」と何度となく願...>> 続き
発売から86年、懐かしの「バーおばさんの石鹸」が復刻へ (11/18)
 1932年に発売されてから長きにわたりベトナムで広く親しまれつつも一度は市場から姿を消した、緑色のパッケージと女性の写真が印象的な石鹸ブランド「バーおばさん(Co Ba)の石鹸」が、本格的に復活を遂げようと...>> 続き
祖父母と暮らす両手両足のない少女、学校に通い夢を追う (11/11)
 メコンデルタ地方ソクチャン省クーラオズン郡第2アンタイン村に住むチャン・ヒエウ・タオちゃん(8歳)は、生まれつき両手両足がない。早くに父親を亡くし、母親も出稼ぎに行っているため、母方の祖父母とともに...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)