ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミンの「マレー街」、1区グエンアンニン通り

2018/03/11 05:47 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 ホーチミン市には、中華系の人々が集まる「中華街」(チョロン地区=5区・6区・11区の一部)、西洋人が集まる「バックパッカー街」(1区ファングーラオ街区)のほかに、マレーシアやインドネシアなどの人々向けの店が立ち並ぶ「マレー街」が存在している。

 「マレー街」は、1区中心部のベンタイン市場の西側の出入り口から西へ伸びるグエンアンニン(Nguyen Anh Ninh)通りにある。グエンアンニン通りは全長約100mで、ベンタイン市場沿いのファンチューチン(Phan Chu Trinh)通りとチュオンディン(Truong Dinh)通りを結んでいる。

 この通りは、マレーシアやインドネシア、ブルネイなどから訪れる観光客の間で「サイゴンハラールストリート」の名で知られている。この通りの人々は皆、イスラム教徒のコミュニティ向けに商売を営んでいる。

 この通りに立ち並ぶ50余りの店は、イスラム教徒向けの飲食物や衣類、土産物を販売している。中にはイスラム教徒の女性の伝統的なスカーフ(ヒジャブ)を扱う店もある。価格はベトナムドンとマレーシアリンギットで記載されている。

前へ   1   2   次へ
[Dy Khoa, VnExpress, 8/3/2018 | 02:08 GMT+7, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
ホー・チ・ミン主席の胸像が70年ぶり帰国、コンダオ刑務所から渡仏 (5:20)
 2020年5月19日、故ホー・チ・ミン主席の生誕130周年を迎えた。  これに合わせて、70年近くフランスにあったホー・チ・ミン主席の胸像が、外交ルートを通じてベトナムに帰ってきた。この彫刻は長い間、最上...>> 続き
雌雄見分ける「ひよこ鑑定士」、高収入も人手不足 (24日)
 養鶏場のニワトリのヒナ(ヒヨコ)の性別を鑑別する需要が日に日に高まっているが、総排出腔(直腸・排尿口・生殖口を兼ねる器官)で雌と雄を見分けられる人材がごくわずかしかいないため、この仕事は常に人手不足...>> 続き
難民船で生まれたベトナム系女性、命の恩人の英空軍兵とZoomで45年ぶり再会 (17日)
 米国カリフォルニア州オレンジ郡に住むチエウ・アイン・ブー・リーバーマンさんは、45年前にエンジンが故障し海に漂流していた船の上で生まれた。そして生後わずか1日で、英国空軍のヘリコプター2機に救助され...>> 続き
本を修復して40年、ホーチミン最後の「本のお医者さん」 (10日)
 ホーチミン市3区リーチンタン(Ly Chinh Thang)通りの路地裏に暮らすボー・バン・ザンさん(男性・60歳)は、古本を修理・修復する仕事に就いて40年余りになる。ザンさんは、ホーチミン市でこの仕事をまだ続けてい...>> 続き
オンライン学習のため4G電波探し道路沿いに「書斎」を建築したモン族の学生 (3日)
 少数民族モン族のラウ・ミー・サーさん(男性・21歳)は、東北部地方ハザン省ドンバン郡スンチャイ村スンクア地区(ban Sung Cua, xa Sung Trai, huyen Dong Van)を走る道路の間に4Gの電波が入るポイントがあるこ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)