ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム人のイスラム教徒が迎えるテト

2020/01/26 05:05 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 ハノイ市ドンアイン郡ボンラー村(xa Vong La, huyen Dong Anh)では、テト(旧正月)が近付くと人々は桃の木とキンカンの木を家に運び入れ、ラーゾン(la dong)の葉っぱを柱にくくって乾かし、子供たちは新しい服を身に着ける。

 しかし、ブー・ティ・ブイさん(女性・42歳)の小さな家だけはテトらしい雰囲気がみられない。ブイさん一家は村で唯一のイスラム教徒だからだ。

 ブイさんは2009年にサウジアラビアで働いていたときにイスラム教に改宗した。ブイさんは、嘘をついたり他人を中傷したりせず、神聖な生活を送れるよう導いてくれると感じ、イスラム教徒になった。

 イスラム教徒は自分の宗教以外の正月を祝うことが認められていないため、ブイさんの家族もテトに備えて何かすることはない。それでも、「ある程度」はベトナムのテトの空気を味わう。

 テトになると毎年、ブイさん一家は鶏肉、羊肉、牛肉を使った約10kgもの料理を持って、東北部地方フート省の故郷に帰る。「私たちは豚肉を食べませんし、他の家畜や家禽もムスリムの手によって決まりに沿って屠殺されたものしか食べません。野菜や魚介類は普通に食べることができます」。

 新年は、ブイさんも両親や親戚に少しのお金を渡すが、「お年玉(li xi=リーシー)」とは呼ばない、単なる訪問時の「お見舞金」のようなものだ。「バインチュン(banh chung=ちまき)も作りますが、ただ食べる楽しみのために作るんです」とブイさんは語る。

前へ   1   2   3   次へ
[VnExpress 00:00 21/01/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
女性が出稼ぎ、男性が子育てする村―別居婚の光と影 (23日)
 北部紅河デルタ地方タイビン省ドンフン郡ドンタン村(xa Dong Tan, huyen Dong Hung)では、村から海外へ出稼ぎに行く人の4分の3が女性だ。女性は子供たちを夫に任せて故郷を離れる。  ビンニン村落(thon Vin...>> 続き
ごみに人生を捧げる、大学卒業し資源回収で起業した若者 (16日)
 資源回収(ベーチャイ=ve chai)により資金を集め、3人の若者が資源回収で起業した。周りからは反対されたが、それでも彼らは諦めず、環境保護のメッセージを伝え続けている。  ホーチミン市内の多くの集合...>> 続き
新型コロナ感染の中国人男性、ベトナムでの治療の日々を語る (9日)
 「最初の病院からチョーライ病院までの道は全て封鎖されました。チョーライ病院の先生方は迅速に行動してくれて、私たち親子を1つの部屋に隔離し、いくつかの検査を行いました……」。  ベトナム国内で最初に...>> 続き
山林に1人で暮らす10歳の少年、父の死を乗り越え強く生きる (2日)
 父親の遺影を手にした日、少年は「お父さんはこんな見た目だったんだ」と震えながらつぶやいた。父親とは長いこと会えていなかった。  ある日の午前10時のことだった。東北部地方トゥエンクアン省ハムイエ...>> 続き
車椅子の妻と年下夫の愛の形、2人で歩む新たな人生 (1/19)
 「本当にいいの?私は一生、車椅子に座ったままよ」と言う女性を横目に、男性は婚姻届にサインをした――。  昼の12時、ファン・ゴック・ジエムさん(31歳)は宝くじを売り切り、夫に電話をかけて迎えにきてと...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)