ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

移り住んで20年、チャム族で賑わうホーチミンのアパート

2017/11/18 05:05 JST配信
(C) VnExpress
(C) VnExpress 写真の拡大
(C) VnExpress
(C) VnExpress 写真の拡大

 ホーチミン市ビンタイン区ファンバンハン(Phan Van Han)通りにあるアパートは、この20年間にチャム族が多く移り住むようになった。今ではチャム族の入居者数が200人近くに上り、全体の約半数を占めている。

 アパートに住むチャム族はメコンデルタ地方アンザン省チャウドック町にルーツを持ち、フランス植民地時代からホーチミン市で暮らすようになった。当初はティゲー運河沿いに住んでいたが後に立ち退きが行われ、その移転先としてこのアパートが住民に充てられた。同アパートのほか、8区や1区のナンシー市場周辺、フーニュアン区にチャム族が多く暮らしている。

 ここに住むチャム族はイスラム教徒だが、ホーチミン市に移り住んで長い年月が経った今でも民族の文化や慣習、イスラム教の教えを守っている。女性はヒジャブと呼ばれるベールを被り、男性はガラベイヤと呼ばれる足元まで隠れる長い衣装に帽子を被っている。

 アパートの最上階は礼拝や儀式を行うモスクのように位置付けられており、壁には1日5回の礼拝の時間を示す時計が掛けられている。ここは通常、女人禁制で、ラマダン月(イスラム教徒の断食月)にのみ女性も上がることが認められている。

 アパートに住むマリヤ(Marihah)さんの亡くなった実母はキン族だったが、イスラム教徒である父と結婚したことで仏教から改宗したそう。チャム族では結婚すると夫は妻側の家族と同居するため、アパートで暮らす世帯のほとんどが二世帯以上の大家族だ。チャム族では女性は結婚すると家庭に入るのが慣例だったが、時代の流れから女性も次第に自宅で小さな商店や仕立て屋などを商うようになり、現在では会社勤めの女性もいる。

 夜になるとアパートではチャム語の無料教室が開かれる。大人は母語やチャム族の文化を忘れないようチャム語やコーランを学び、幼児はベトナムの勉強をしている。

Clip to Evernote
[Quynh Tran, VnExpress, 20/8/2017 00:00 GMT+7,T].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
ドイツ、ベトナムに英アストラゼネカ製ワクチン260万回分を追加供与 (5:02)
 ドイツ政府から供与された英アストラゼネカ(AstraZeneca)製ワクチン計260万回分がホーチミン市に到着し、27日に外務省の事務所で引き渡し式典が催された。  式典には、トー・アイン・ズン外務次官や在ベト...>> 続き
新型コロナ:28日の市中感染4583人、他にホーチミンの3417人が抗原検査陽性 (28日)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する28日の発表によると、34省・市で市中感染者4583人が新たに確認された。海外からの入国者6人も陽性となった。  また、ホーチミン市の感染リスクが「高い...>> 続き
気候変動による水没リスクが高いアジア10都市、ベトナムから2都市がリスト入り (28日)
 米国ニュース専門放送局CNBCはこのほど、2070年までの気候変動による水没・洪水リスクが最も大きいアジア10都市のリストを発表した。この中には、ベトナムの商都ホーチミン市と北部紅河デルタ地方ハイフォン市...>> 続き
ハノイ:28日から屋外スポーツ活動やショッピングセンターの営業を再開 (28日)
 ハノイ市人民委員会は27日午後、直近4日間で市中感染が確認されなかったことを受け、社会的隔離措置の更なる緩和を決定した。同日付で公布された公文書によると、28日以降、屋外でのスポーツ活動やショッピング...>> 続き
ホーチミン:10月1日から社会的隔離措置を大幅緩和、再開可能な事業・活動計画案 (28日)
 ホーチミン市人民委員会のレ・ホア・ビン副主席は、ニューノーマル(新常態)に向けた社会的隔離措置の緩和に関する計画案を発表し、同市直轄トゥードゥック市と各区・郡の自治体の意見聴取を行っている。10月1日...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited