ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

たばこの消費、庶民向けから中間層向けに移行傾向

2018/07/12 16:23 JST配信
Clip to Evernote
(C)VnEconomy
(C)VnEconomy 写真の拡大

 商工省のレポートによると、2018年上半期の国内たばこ市場は拡大傾向にあり、庶民向けから中間層向けのたばこへの移行が進みつつある。ただし、たばこメーカーは激しい競争や原料栽培面積の減少などの困難に直面している。

 庶民向けのたばこは依然として市場シェアが高いものの、外国産たばこの密輸入の横行が脅威になっている。中間層向けたばこは、大半のメーカーがこの市場を重視しており、競争が厳しい。富裕層向けの高級たばこだけが、生産量も消費量も安定している。

 上半期の紙巻きたばこ生産量は前年同期比+3.2%増の28億箱に上る。毎年上半期よりも下半期の消費量が増える傾向にあるが、たばこ産業の競争は激しくなる一方だ。

 たばこに対する特別消費税の税率が、2019年1月1日に引き上げられる。さらにたばこの害防止基金にたばこ生産業者が納付する金額も2019年5月1日から引き上げられる。これらは、たばこの価格や消費市場に影響を及ぼす可能性がある。
 

[VnEconomy,09/07/2018 12:12,O].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ビナフォン、料金据え置きで通信容量6倍に (20日)
 ベトナム郵便通信グループ(Vietnam Posts and Telecommunications Group=VNPT)傘下の携帯通信大手ビナフォン(Vinaphone)は9月から、モバイルインターネットサービス「MAX200」、「MAX300」、「BIG200」、「BIG...>> 続き
地場配車アプリ「Aber」、市場参入から2か月でサービス休止 (20日)
 6月9日にホーチミン市でサービスを開始した地場配車アプリ「アバー(Aber)」が、システム改修のためとして8月10日から配車サービスを一時休止していることを発表した。  利用客やドライバーの獲得競争が激し...>> 続き
マサングループ、韓国SKグループが大口株主に (20日)
 マサングループ[MSN](Masan Group)はこのほど、石油精製業や通信事業を軸とする韓国の財閥SKグループとの間で、戦略的提携契約を締結した。  SKグループはMSNの金庫株1億1000万株(流通株式数の9.5%相当)の...>> 続き
商銀4行、24時間対応の電子納税サービス導入―対象銀行22行に (20日)
 商業銀行4行は税関総局との提携契約のもと、9月20日から週7日・24時間対応の電子納税サービスを新たに導入する。これにより、対象銀行は今回の4行を合わせて計22行となる。  サービスを新たに導入するのは...>> 続き
配車アプリ「Go-Viet」、ハノイでもサービス開始 (20日)
 インドネシアの配車サービス大手ゴジェック(Go-Jek)はこのほど、ハノイ市で配車アプリ「Go-Viet(ゴーベト)」のサービスを開始した。  同社はこれに先立つ8月にホーチミン市内の12の区で同サービスの試験展...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)