ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

19年の最低賃金、都市部は+5.0%引き上げの418万VNDに

2018/12/14 16:24 JST配信
(C) vneconomy
(C) vneconomy 写真の拡大

 政府はこのほど、2019年の一般労働者向け地域別最低賃金引き上げに関する政令第157号/2018/ND-CPを公布した。

 これにより、2019年における民間セクターの最低賃金は2019年1月1日より+5.0~5.8%、金額にして16万~20万VND(約790~990円)引き上げられる。国家賃金審議会が政府へ提出した最低賃金案と同等の引き上げ幅となった。

 地域別の最低賃金は以下の通り。

◇第1種:398万VND(約1万9600円) → 418万VND(約2万0600円) +5.0%増
◇第2種:353万VND(約1万7400円) → 371万VND(約1万8300円) +5.1%増
◇第3種:309万VND(約1万5200円) → 325万VND(約1万6000円) +5.2%増
◇第4種:276万VND(約1万3600円) → 292万VND(約1万4400円) +5.8%増

 この賃金の適用対象となるのは、企業法に基づいて事業を行っている企業(外資系も含む)、合作社、農場、個人事業者、労働者を雇用している外国の組織や個人など。

 上記の最低賃金は職業訓練を受けていない労働者に対して適用されるもので、訓練(企業内での研修も含む)を受けた労働者の場合は、この最低賃金に更に+7%以上を上乗せしなければならない。これは通常の労働条件および時間内で勤務する場合に適用され、残業や夜勤、重労働、有害な環境での労働は対象外となる。

 最低賃金がそれぞれ異なる複数の拠点を展開する企業の場合、拠点ごとに各所在地の最低賃金を適用する。また、最低賃金がそれぞれ異なる複数の地域に所在する工業団地、輸出加工区、ハイテク工業団地、経済区に拠点を置く企業の場合、最も高い最低賃金を適用する。

 なお、第1種地域は、◇ハノイ市各区および一部の郡、◇紅河デルタ地方ハイフォン市各区および一部の郡、◇ホーチミン市各区および一部の郡、◇東南部地方ビンズオン省トゥーザウモット市と各町および一部の郡、◇同バリア・ブンタウ省ブンタウ市、◇同ドンナイ省ビエンホア市、ロンカイン町および一部の郡。第2~4種地域は、経済の発展度合いによりそれぞれ地域が指定されている。

Clip to Evernote
[VnEconomy 21:19 13/12/2018, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ベトナムの22年GDP成長率+6.5%、23年は+8.3%に加速 英シンクタンク予想 (6:53)
 英国のシンクタンクであるオックスフォード・エコノミックス(Oxford Economics)とイングランド及びウェールズ勅許会計士協会(ICAEW)が先般発表した報告によると、2022年におけるベトナムの国内総生産(GDP)成長...>> 続き
ハノイ初のスターバックスが7月閉店、8年の歴史に幕 (5:00)
 米コーヒーチェーン大手スターバックス(Starbucks)のハノイ市1号店である「スターバックス・ランビエン店(Starbucks Lan Vien)」(所在地:ホアンキエム区ハンバイ=Hang Bai通り32番地)が7月1日に閉店する。 ...>> 続き
地場フィンテックのアンフィン、480万USDの出資獲得 (2:41)
 個人投資家向けの株式取引プラットフォームを開発するフィンテック(ITを活用した金融サービス)のスタートアップ企業アンフィン(Anfin)は、プレシリーズAラウンドと呼ばれる初期段階の資金調達で、計480万USD(約...>> 続き
ホーチミン:メトロ1号線、運営会社の資金不足で従業員の給料が未払いに (24日)
 ホーチミン市で建設中の都市鉄道(メトロ)1号線(ベンタイン~スオイティエン間)は2023年末に完成して商業運転を開始する予定だが、運営会社の資金が底をついており、従業員の給料と保険料が数か月にわたり未払い...>> 続き
ダナン:投資誘致案件リストを公表、航空・宇宙やロボットも (24日)
 南中部沿岸地方ダナン市人民委員会は、2030年までを視野に入れた2022~2026年期の投資誘致プロジェクトのリストに関する決定を発表した。  リストには36件の投資誘致プロジェクトが含まれている。分野別の...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved