ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:メトロ2号線、コンサルタント変更へ

2021/06/07 06:35 JST配信
Clip to Evernote
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大

 ホーチミン市人民委員会は、建設準備中の同市都市鉄道(メトロ)2号線(ベンタイン~タムルオン間)について、コンサルタント契約の付属文書の交渉で合意に至らなかったため、現コンサルタントとの契約を終了することを決定した。

 ホーチミン市メトロ管理委員会(MAUR)は2012年、ドイツ系コンサルティング会社が中心となる企業連合体との間で、メトロ2号線のコンサルタント契約を締結した。契約期間は18か月の予定だったが、これまでに12回の付属文書を締結し、契約を延長してきた。

 こうした中、企業連合体は2018年10月から同事業向けのコンサルティングを一時停止しており、MAURは2020年から2021年年初にかけて付属文書第13号の交渉を進めていた。

 しかし、コンサルタント側は交渉で、契約とその付属文書で定められた代金が十分に支払われてから付属文書第13号を締結することを提案。受領済みの1850万EUR(約24億6000万円)のほか、追加で40万EUR(約5300万円)の支払いを求めていた。

 これに対して市は、コンサルタント側が契約とその付属文書で定められた任務を十分に果たさなかったとして、この条件に同意しなかった。MAURはこれを受け、入札を実施しコンサルタントを新たに選定する。

[VnExpress 08:00 04/06/2021 / Tuoi Tre 19:00 03/06/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
地場フェニカー、路線バスアプリ「BusMap」を傘下に 150万USD出資 (4:43)
 地場コングロマリット(複合企業)フェニカーグループ(Phenikaa Group)は、路線バス情報の無料アプリ「バスマップ(BusMap)」を開発する地場スタートアップ企業バスマップ社(BusMap)に150万USD(約1億6500万円)を出...>> 続き
ビットコイン取引利益が高い国トップ25、ベトナムが13位 (16日)
 ブロックチェーン分析会社チェイナリシス(Chainalysis)はこのほど、2020年にビットコイン取引により最も利益を上げた国のランキングトップ25を発表した。  ベトナムの取引利益は4億USD(約440億円)で世界13...>> 続き
ホーチミン:旅行会社171社が市場撤退、新型コロナの影響続く (16日)
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が拡大していることを受け、ホーチミン市の旅行会社の2021年1~5月期の観光収入は前年同期の3割程度に縮小した。  これを背景に、旅行会社171社が営業許可証の取...>> 続き
ホーチミン証取とハノイ証取は海外投資家売り越し、UPCoMは買い越し 年初来データ (16日)
 地元紙のデータによると、年初から6月7日までの約5か月間におけるホーチミン証券取引所(HSX)・ハノイ証券取引所(HNX)・未上場公開株取引市場(UPCoM)での海外投資家による取引は、合わせて約31兆VND(約1480億円)...>> 続き
ベトナム英国自由貿易協定、商工省が原産地規則の通達を発出 (16日)
 商工省はこのほど、5月1日に発効したベトナムと英国の自由貿易協定(UKVFTA)における原産地規則を定める通達第2号/2021/TT-BCTを発出した。同通達は2021年7月26日に発効する。  同通達は5章と42条、8つの付...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited