ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

住友商事、第2タンロン工業団地第2ステージ開発へ

2011/02/08 14:12 JST配信
Clip to Evernote

 住友商事(東京都中央区)はこのほど、紅河デルタ地方フンイエン省の第2タンロン工業団地において、ベトナムの好調な経済環境を背景に第2ステージの開発を決定し、1月19日に安全祈願祭を執り行い、造成工事に着手したと発表した。

 第2タンロン工業団地は2006年11月に設立され、2008年8月から第1ステージ154ヘクタールの販売が開始された。リーマンショックの影響により販売は一時停滞したが、新興国市場の成長に伴う日系製造業の海外生産拠点の強化、中国事業リスクの高まりなどを受け、2010年夏以降、第2タンロン工業団地の土地販売は加速。2011年度も前年を大きく上回る土地販売が見込まれている。

 現在交渉中の案件も多く、早々に第1ステージ完売が見込まれることから、このたび第2ステージ66ヘクタールのインフラ工事に着手。竣工は2011年末を予定しており、土地販売の予約受付を既に開始している。

 住友商事はインフラが整備された工業団地の開発・販売に止まることなく、入居企業の会社設立から従業員の採用支援、現地事情を反映した労務管理アドバイスや物流サービスの提供など、入居企業の操業を幅広く支援しており、今後も成長著しい新興国において企業の海外進出を支援していく。

<第2タンロン工業団地詳細>

1)名称 : 第二タンロン工業団地

2)立地 : ベトナム フンイエン省(ハノイ中心部より南東33キロメートル)

3)資本金 : 1500万米ドル(総投資額 約5110万米ドル)

4)出資比率 : 住友商事株式会社81.5%

タンロン工業団地18.5%(住友商事58%、DMC社42%)

5)事業内容 : 工業団地の開発、販売、運営

6)開発規模 : 220ヘクタール (第1ステージ:154ヘクタールは既に開発済み)

7)設立時期 : 2006年11月

8)竣工 : 2009年11月(第1ステージ154ヘクタール)

[2011年1月31日 住友商事ニュースリリース T].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
大垣共立銀行、ホーチミンに現地法人支社を開設 (21日)
 大垣共立銀行(岐阜県大垣市)は3月2日、新たな海外戦略として、ホーチミン市に現地法人支社「OKBコンサルティング・ベトナム・ホーチミンシティ・ブランチ(OKB Consulting Vietnam Co.,Ltd. Ho Chi Minh City Br...>> 続き
日越大学とJICA、教育・研究・運営能力向上プロジェクト実施へ (20日)
 ベトナム国家大学ハノイ校の7番目の傘下大学で、日越共同の高度人材育成機関として2016年9月に開学した日越大学(Vietnam Japan University=VJU、ハノイ市)と国際協力機構(JICA)ベトナム事務所(ハノイ市)は18日...>> 続き
JOGMEC、出光興産とペトロベトナム子会社と石油・天然ガス分野で共同調査 (20日)
 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC、東京都港区)は4日、出光興産株式会社(東京都千代田区)およびペトロベトナムグループ(Vietnam National Oil and Gas Group=PVN)子会社の石油ガス試掘・掘...>> 続き
宮城県、タイビン省に桜の苗木60本を贈呈 (19日)
 北部紅河デルタ地方タイビン省人民委員会は17日、ベトナムを訪問した宮城県の日越友好協会代表団と会談を行い、同協会から贈呈された桜の苗木60本を受け取った。  同省人民委員会のグエン・ホアン・ザン副...>> 続き
こころネット、ベトナムの墓石加工販売会社を連結子会社化 (19日)
 冠婚葬祭や石材卸売・小売などの事業を手掛けるこころネット株式会社(福島県福島市)は18日、ベトナムの墓石加工販売会社であるカンノ・ベトナム・トレーディング(Kanno Vietnam Trading、ホーチミン市)の出資持...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)