ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

国際原子力開発のベトナム人材育成プログラム、第3期生が修了式

2018/02/09 13:44 JST配信
Clip to Evernote
(C) 日本原子力産業協会
(C) 日本原子力産業協会 写真の拡大

 ベトナム電力グループ(EVN)から選ばれた発電所幹部候補生に対し、国際原子力開発(JINED)が東海大学で実施する人材育成プログラムの第3期生修了式が6日に都内で行われ、ベトナムから訪日し1年半の研修を終えた8人に修了証書が授与された。

 同プログラムは、2012年より南中部沿岸地方ニントゥアン省における第2原子力発電所建設プロジェクト推進の一環として、EVNの人材育成を図るべく日本語教育を施すとともに、原子力工学の基礎から実務までを幅広く学ばせ、現場実習も行う実践的教育コースとして行われてきた。

 大学院レベルの高度な知識を身に付け、発電所・工場現場のほか、日本の文化・風習なども体験するのが特色で、これまでにプログラムを修了した発電所幹部候補生は第1、2期合わせて24人となっている。

 一方で、2016年11月にベトナム国会が原子力発電所建設プロジェクトの中止を決定したことに伴い、同プログラムは第3期で液化天然ガス(LNG)火力に関する研修を追加するなど、内容に変更を加えたほか、2年間予定の研修期間を1年半に短縮し、今期で終了することとなった。

[2018年2月8日 一般社団法人日本原子力産業協会ニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved.  免責事項
最新ニュース [日系]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)