ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

中国に嫁いだ女性、行方不明後に国境で錯乱状態のところを保護

2019/07/16 05:51 JST配信
(C) nld.com.vn
(C) nld.com.vn 写真の拡大

 数か月前から中国で行方不明になっていたメコンデルタ地方カマウ省出身のブイ・ティ・モーさん(女性・26歳)が、数か月前ぶりに中国とベトナムの国境付近で保護され、このほどベトナムの家族と再会を果たした。

 モーさんは3人兄妹の末っ子として生まれた。家計が苦しかったためモーさんは学校を退学し、家族と一緒にカマウ省から東南部地方ビンズオン省へ移り住んだ。18歳の時にメコンデルタ地方カントー市の男性と結婚し子宝にも恵まれたが、子供が生後6か月のときに離婚した。20歳の時に人の紹介で中国人男性と結婚し、中国へ移住するも1年後に再び離婚。その後、また人の紹介で別の中国人男性と結婚し子供2人を授かっていた。

 ところが今から数か月前、モーさんの実家の家族は、モーさんが在留期限切れで不法滞在となっているとして逮捕されたと、モーさんの夫から連絡を受けた。モーさんは強制送還になり中国を出国したが、そこから音信不通となってしまった。

 そして6月末に、東北部地方ランソン省でモーさんを保護したという慈善団体がモーさんの実家を訪れた。これと同じ頃、モーさんの父親は近隣住民にフェイスブック(Facebook)に投稿されている中国語を話す女性の動画や写真を見せられ、娘だと確信した。

 慈善団体の代表によれば、モーさんは5月末頃に中国とベトナムの国境付近で放浪しているのを地元住民に発見され、慈善団体が保護しランソン省の社会保護センターへ連れて行ったという。保護時のモーさんは錯乱状態にあり、記憶も曖昧で自身の身元すら言えなかったが、センターで1か月過ごすうちに「ラックチャウ町、カマウ、お父さんの名前はビー」と身元に繋がる情報を口にするようになった。

 モーさんを引き取りにランソン省へ赴いた父親のビーさんだったが、当初は父親を見ても「知らない」と叫んだという。10日間滞在した後、ビーさんは有志や当局の協力を得てモーさんを連れてカマウ省に戻った。

 現在もモーさんは中国語やベトナム語で聞き取れない支離滅裂な言葉を発する状態で、家族は医療機関でモーさんに治療を受けさせる予定だ。ラックチャウ町人民委員会も関連機関と連携し全面支援するとしている。

Clip to Evernote
[motthegioi.vn 08:19 10/07/2019 / nld.com.vn 08:34 10/07/2019, T].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [三面]
ビントゥアン省:13歳未満の少女と性交渉した18歳の男に禁固7年 (20日)
 南中部沿岸地方ビントゥアン省人民裁判所は18日、16歳未満の未成年者に対する性的暴行の罪に問われていたチャン・バン・ロイ被告(同ニントゥアン省出身、男・18歳)に禁固7年の判決を言い渡した。被告自身も犯行...>> 続き
元ミス、恋人の高級腕時計を盗んで質屋に 仮想通貨で借金苦 (20日)
 ミス・ベトナム・コンティネンツ2018(Miss Viet Nam Continents 2018)の優勝者が恋人の男性から高級腕時計を盗んで質に入れた事件で、ホーチミン市警察は捜査を完了し、同市人民検察院に書類を送致し窃盗容疑で...>> 続き
ソンラ省:夫の局部を切断した妻、傷害容疑で在宅起訴 (13日)
 西北部地方ソンラ省イエンチャウ郡チエンハック村(xa Chieng Hac, huyen Yen Chau)で妻の連れ子に性的暴行を加えた男が妻に局部を切断された事件で、妻のハー・ティ・グエット容疑者(女・36歳)が傷害容疑で在宅...>> 続き
ハノイ:タイ湖街路樹の間の極小スペースに三菱ミニバン駐車、「神業」と話題に (12日)
 5月8日、ハノイ市タイホー区にあるタイ湖(Ho Tay)周辺の歩道に、三菱自動車のミニバン「エクスパンダー」が駐車されていた。人目を引いたのは、車両が街路樹と街路樹の非常に狭いスペースに駐車されていたため...>> 続き
ダナン:下水道から男性の遺体、電力ケーブル窃盗で感電死 (9日)
 南中部沿岸地方ダナン市ハイチャウ区を通過するフンブオン(Hung Vuong)通りにある下水道で4日昼に男性の遺体が発見された事件について、同区警察は6日午前、遺体の身元が判明したと明らかにした。  死亡し...>> 続き
これより過去の記事は、三面記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved