ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:市内全域に社会的隔離措置適用、31日午前0時から

2021/05/30 15:21 JST配信
2021/07/01 12:40 JST最終更新
(C) tuoitre
(C) tuoitre

 ホーチミン市人民委員会は、市内で市中感染が急拡大していることを受け、5月31日午前0時より市内全域に社会的隔離措置を適用することを決定した。この措置は15日間にわたり適用される。

 このうち市中感染が深刻なゴーバップ区と12区タインロック街区は最も規制が厳しい首相指示第16号/CT-TTg、その他の地域は首相指示第16号/CT-TTgより規制が緩い首相指示第15号/CT-TTgに沿った社会的隔離措置を適用する。

 今回の社会的隔離措置は、公共の場に5人以上で集まらないことなど、通常の首相指示第15号よりも一部の規制が厳しくなっている(通常の規制では10人以上)。

 市内の商業施設や家電量販店、ホテル内のカジノなども休業する。スーパーマーケットは営業する。

 ゴーバップ区とタインロック街区については、31日午前0時から15日間にわたり封鎖措置を講じる。

 同市人民委員会はまた、公立高校1年生(10年生)の試験日程を、新たな通知が出るまで延期することも決定した。

 なお、保健省の発表によると、ホーチミン市では30日正午までに、4月27日以降の第4波で計108人の市中感染が確認されている。この大半は28日以降に相次いで感染者が確認されている、ゴーバップ区3街区グエンバンコン(Nguyen Van Cong)通り415/8/4番地に拠点を置くキリスト教福音団体「リバイバル・エクレシア・ミッション(Revival Ekklesia Mission)」関連の集団感染(クラスター)となっている。

Clip to Evernote
[Tuoi Tre 12:07 30/05/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
22年の祝日、テト9連休・建国記念日4連休を政府に提案 労働省 (6:52)
 労働傷病兵社会省は、2022年のテト(旧正月)(旧暦1月1日=新暦2022年2月1日)と9月2日の建国記念日に伴う休暇について、テトを2022年1月29日(土)から2022年2月6日(日)までの9連休、建国記念日を2022年9月1日(木)...>> 続き
ホーチミン:市の感染流行レベル維持、3つの区・郡は引き上げ (6:12)
 ホーチミン市人民委員会は6日、同市の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染流行状況レベルに関する通知を発表し、市の感染流行レベルを「レベル2」で維持した。  ただし、市内の3つの区・郡は先週から...>> 続き
ホーチミン:中心部でシェアサイクルを試験導入、10日から (4:42)
 ホーチミン市でシェアサイクル事業の展開を計画するチーナムグループ(Tri Nam Group)は、同市中心部で10日から公共自転車(コミュニティサイクル)サービス「モバイク(Mobike)」を試験的に導入する。試行期間は1...>> 続き
新型コロナ:6日の市中感染1万4558人、累計感染者132万人超 (6日)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する6日の発表によると、59省・市で市中感染者1万4558人が新たに確認された。1日あたりの感染者数としては15日連続で1万人を超えた。海外からの入国者33人も陽...>> 続き
アフリカ10か国からの旅客便受け入れ停止を提案、日本からの入国者も隔離強化の方針 オミクロン株対応 (6日)
 交通運輸省傘下のベトナム民間航空局(CAAV)は3日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の侵入を防ぐべく、交通運輸省に対し、アフリカ10か国からの特別便を含む全ての国際線旅客便の受け入れ一時...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited