ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

御年86歳、サイゴン中央郵便局の代筆屋

2016/08/28 05:28 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress, My Phuong
(C) vnexpress, My Phuong 写真の拡大
(C) vnexpress, My Phuong
(C) vnexpress, My Phuong 写真の拡大

 夫婦はその場所を写真に収め親族に確認を取ったところ、まさに両親がかつて住んでいた所だったことが分かり、喜びと感謝の手紙が送られてきたという。手紙の最後には「あなたはベトナム人の優しさと尊さの象徴です」と書かれていた。

 こんな感動のエピソードもある。ベトナム人とフランス人夫婦の間に生まれた息子が、終戦に伴いフランス人の父親についてフランスへ帰国したが、大人になってベトナム人の母親を探しに東南部地方ビンフオック省を訪れた。再会した母子は、ゴさんの代筆を介して文通をするようになったのだ。

 再会から長い年月が経った今でも、母親は2~3か月に一度、息子宛てのフランス語の手紙を代筆してもらうためにビンフオック省からサイゴン中央郵便局へ来るそうだ。さらにフランスに住む息子は、母親宛ての直筆の手紙だけでなく、ゴさん宛てにも文通の手助けに感謝する旨の手紙を送ってきたという。

 代筆することで人々の距離を縮め、幸せをもたらしているゴさんだが、「少しの手助けで私自身も皆さんからたくさんの喜びを得ています」と語る。毎日30~40人の客と記念撮影をし、語らい、たとえ疲れていても熱心に訪問客に対応する。

 高齢のため、郵便局側もゴさんが昼休憩に涼める場所を設けたが、ゴさんは「職員に面倒はかけられない」と断り、昼になると近くの大衆食堂に行き1万VND(約45円)の食事を摂り、休憩するのだという。

 御年86歳の代筆屋の信念はこうだ。「今日まで元気に人々のために代筆をしていられるのも神様のお陰なのだから、できる限りの謙虚さと道徳をもって生きなければならないのです」。

前へ   1   2   次へ
[My Phuong , VnExpress, 18/8/2016 | 14:05 GMT+7, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
コロナ関連記事を翻訳、フェイクニュースと戦う在ベトナム英国人男性 (1日)
 ネット上に氾濫するフェイクニュースと日夜格闘しながら、在ベトナムの外国人コミュニティ向けに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する最新情報を収集・翻訳している英国人男性がいる。男性は1日14ӏ...>> 続き
障がい者の職業訓練縫製工場を立ち上げた男性、自身も障がいと生きる (7/25)
 両脚の麻痺により、這いながら脚を引きずって移動することしかできなかった10年間を経て、両脚の手術を受けてから少しずつ自力歩行ができるようになったファン・ミン・クイさん(男性・31歳)は、障がい者の仕事...>> 続き
脱サラして起業、ダチョウの飼育で成功した男性 (7/18)
 東北部地方クアンニン省でダチョウの飼育を手掛けるグエン・ミン・ゴックさん(男性・36歳)の牧場は、ダチョウの飼育数が2015年時点の50羽から今では100羽余りに増えてクアンニン省最大規模となり、年間10億VND(...>> 続き
「ホーチミン市」命名の歴史的起源を追う (7/11)
 2021年7月2日、サイゴンが「ホーチミン市(Thanh pho Ho Chi Minh)」と名付けられた日から45周年を迎えた。「『ホーチミン市』と名付けるアイデアを思い付いたのは誰ですか?」という読者からの質問を受け、地元...>> 続き
妻の前夫が事故で寝たきりに、8年続く「妻1人に夫2人」の一家の生活 (7/4)
 妻の前夫が交通事故で外傷性脳損傷を受け、一生寝たきりになってしまうことを知ったグエン・バン・キエンさん(31歳、南部メコンデルタ地方アンザン省チャウドック市ビンテー村在住)は、前夫を家に迎え、妻とと...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited