ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

女性が出稼ぎ、男性が子育てする村―別居婚の光と影

2020/02/23 05:12 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 アインさんの妻が出稼ぎに行ったのは、息子が5歳、娘が離乳して間もないころだった。妻の両親は遠くにいて、アインさんの生みの親は既に亡くなっていたため、アインさんは男手1つで炊事から2人の子供の風呂の世話までしていた。

 「昔、子供が泣くと抱っこして村のあちこちを歩き回っていました。何周かすると、自分と同じように子供を抱っこして歩き回っている男性がいて、お互い顔を見合わせて泣き笑いしたものです」とアインさんは語る。

 現在、ドンタン村では500人近い男性が同じような状況にある。2000年代初頭、ドゥックさん夫妻が一緒に暮らすようになったころ、2人は田んぼで稲を育てていたが、食べていくには十分でなかった。

 そこで妻のヒエウさんは8000万VND(約38万3000円)を借り、台湾に渡って働くことを決めた。3年後に帰国したが、故郷には田畑しかない。そこでヒエンさんは下の子が3歳になったとき、再び子供たちを夫に預けて出稼ぎに行くことにした。

 ヒエウさんが出稼ぎに行ったことで、自宅はおんぼろの家から広々とした2階建てに変わった。ドゥックさんと息子は、家にいても以前のように借金帳にサインすることなく、何でも好きなものを食べることができるようになった。

 一方、アインさんの妻は、息子をハノイ市の大学に通わせるため、毎月1000万VND(約4万8000円)近くを拠出している。

 1990年代初頭、ドンタム村在住のある2人が労働者派遣会社に勤めており、海外へ出稼ぎに行かないかと村で募集をかけた。最初は4~5人しか行かなかったが、出稼ぎに行った人たちやその家族の変化を目の当たりにし、ドンタン村の多くの住民が故郷を離れて人生を変えたいという夢を爆発させた。

 1990年代後半になると、女性が台湾に出稼ぎに行くというのがトレンドになった。ここ5年ほど、ドンタン村の女性は誘い合ってマカオにも行っている。統計によると、2019年はドンタン村から570人が海外へ派遣され、うち74%が女性だった。そのほとんどはマカオのカジノや台湾の家事手伝いの仕事だ。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[VnExpress 01:41 07/02/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
自閉症の少年画家たちの夢、絵画で人生を彩る (10:21)
 2021年12月、「障がい者が学校に通う権利」というテーマで開催された絵画コンテストで最優秀賞を受賞した17歳のチャン・ナム・ロンさんは、成功に満ちた1年を締め括った。  障がいを持つ子どもたちが他の多...>> 続き
父親は麻薬中毒に暴力・母親は家出…幼い弟を育てる小学4年生の少年 (15日)
 西北部地方ソンラ省に住む小学4年生のザン・アー・ソン君は、麻薬中毒の父親から暴力を受け、母親が家出する中で、これまで3年間にわたり母親の帰りを待ちながら弟の世話を続けている。  ソン君は2019年末...>> 続き
ロンタイン空港建設、地図から消えた村と人々の新生活 (8日)
 ベトナム最大の空港となるロンタイン国際空港。この一大プロジェクトのために土地を譲った人々はいま、どのような暮らしを送っているのだろうか。 地図から消えた村  3月はじめ、ロンタイン国際空港建...>> 続き
ヤミ美容整形の世界【後編】SNSで手に入る資格 (1日)
前編はこちら  ホーチミン市ゴーバップ区のヤミ美容整形クリニックで仕事をする男性T(31歳)は、施術のコツをこう話す。  「鼻のフィラー注射は難しい。施術するときは、>> 続き
ヤミ美容整形の世界【前編】あなたも3日で「センセイ」に (4/24)
 美しくなりたいと受ける美容整形……しかし術後のトラブルは後を絶たず、死亡事故も出ている。ホーチミン市には、美容整形の技術を教えるという「教室」も多数存在するが、果たしてその実態は――。 練習はホ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved