ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

雌雄見分ける「ひよこ鑑定士」、高収入も人手不足

2020/05/24 05:16 JST配信
Clip to Evernote
(C) danviet
(C) danviet 写真の拡大
(C) danviet
(C) danviet 写真の拡大

 養鶏場のニワトリのヒナ(ヒヨコ)の性別を鑑別する需要が日に日に高まっているが、総排出腔(直腸・排尿口・生殖口を兼ねる器官)で雌と雄を見分けられる人材がごくわずかしかいないため、この仕事は常に人手不足だ。

 ハノイ市ホアイドゥック郡ドゥックザン村在住のチン・ティ・メンさん(女性)は、まだ外が暗いうちに家を出て、早朝5時から恒温室で仕事を始める。

 メンさんの仕事場である恒温室は、住宅街から畑に向かって約500mのところにある。近付くほどにひっきりなしの機械音やヒヨコの鳴き声が大きく聞こえてきて、ヒヨコ特有のにおいが漂ってくる。

 恒温室に入ると、メンさんの「仕事机」が左側に整然と置かれている。手元には明るい電気スタンドとヒヨコの糞を入れるプラスチックの容器が、机の周りには合わせて1万羽ものヒヨコが入ったトレイがたくさん置いてある。

 メンさんは服を着替え、マスクと帽子を身に着けると、総排出腔を目視してヒヨコの性別を分け始める。メンさんの鑑別は熟練が必要な総排出腔による肛門鑑別法で、肛門をわずかに開けて体内にある生殖器官を目視し、雌雄の違いを区別している。

 まず、左手でヒヨコを持ち上げ、腹部をそっと押して糞をプラスチック容器に入れる。そして右手で肛門を軽く押し開けて総排出腔を露出し、両目で見て雌か雄かを鑑別する。1羽の鑑別はほんの数秒で終わる。

 「もし雄鶏であれば、総排出腔に針のような小さな突起があります。もし雌鶏であれば平らです。鑑別したら、雄鶏は右に、雌鶏は左に分けておきます。言うのは簡単ですが、正しく見分けられるようになるまでに私は5か月かかりました。技術を習得するための受講料は3000万VND(約14万円)以上でした」とメンさんは語る。

前へ   1   2   3   次へ
[Dan Viet 04:55 22/05/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
日本に留学して調理師免許取得、日越の食文化の架け橋に (10:36)
 ハノイ市ソンタイ町の農家に生まれたグエン・バー・フオックさん(男性・29歳)は、畑仕事と遊びには慣れていたが、勉強は苦手だった。かつてのフオックさんは、まさか自分がベトナムと日本の食文化の架け橋にな...>> 続き
サパでイチゴ栽培に奮闘する夫婦、年間3万人が訪れる人気のイチゴ狩りスポットに (13日)
 西北部地方ラオカイ省サパ町サパ街区からターフィン地域に向かって約7kmの場所に位置する面積2haのイチゴ農園は、イチゴ狩りが体験できるスポットとして多くの観光客で賑わい、サパを訪れる時に外せない「チェ...>> 続き
下半身不随でも諦めず、機械工として生きる男性 (6日)
 2歳の時に両脚が麻痺し、小学校3年生までしか学校に通えず、それでも独学で勉強し続けたカオ・コン・タインさん(男性・55歳)は、機械工として働き、数十種類もの農業機械を製造してきた。  工具が散らかっ...>> 続き
ジャングル生活40年の「森の人」、がんと闘う 村に戻って8年 (5/30)
 40年間もジャングルの中で暮らし、2013年8月に父親とともに保護された「森の人」ことホー・バン・ランさん(男性・52歳※)は、村に戻って今年で8年が経つ。南中部沿岸地方クアンガイ省チャーボン郡チャーフォン村...>> 続き
麻薬中毒から自力で抜け出した男性、20年経て中毒者の支援に尽力 (5/23)
 レ・チュン・トゥアンさんは、麻薬に溺れる日々から自力で立ち直り、麻薬中毒者の社会復帰を支援する施設を立ち上げ、数百人もの中毒者をサポートしている。  「母は6回の流産の後に私を出産したため、私は...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited