ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

雌雄見分ける「ひよこ鑑定士」、高収入も人手不足

2020/05/24 05:16 JST配信
(C) danviet
(C) danviet 写真の拡大
(C) danviet
(C) danviet 写真の拡大

 養鶏場のニワトリのヒナ(ヒヨコ)の性別を鑑別する需要が日に日に高まっているが、総排出腔(直腸・排尿口・生殖口を兼ねる器官)で雌と雄を見分けられる人材がごくわずかしかいないため、この仕事は常に人手不足だ。

 ハノイ市ホアイドゥック郡ドゥックザン村在住のチン・ティ・メンさん(女性)は、まだ外が暗いうちに家を出て、早朝5時から恒温室で仕事を始める。

 メンさんの仕事場である恒温室は、住宅街から畑に向かって約500mのところにある。近付くほどにひっきりなしの機械音やヒヨコの鳴き声が大きく聞こえてきて、ヒヨコ特有のにおいが漂ってくる。

 恒温室に入ると、メンさんの「仕事机」が左側に整然と置かれている。手元には明るい電気スタンドとヒヨコの糞を入れるプラスチックの容器が、机の周りには合わせて1万羽ものヒヨコが入ったトレイがたくさん置いてある。

 メンさんは服を着替え、マスクと帽子を身に着けると、総排出腔を目視してヒヨコの性別を分け始める。メンさんの鑑別は熟練が必要な総排出腔による肛門鑑別法で、肛門をわずかに開けて体内にある生殖器官を目視し、雌雄の違いを区別している。

 まず、左手でヒヨコを持ち上げ、腹部をそっと押して糞をプラスチック容器に入れる。そして右手で肛門を軽く押し開けて総排出腔を露出し、両目で見て雌か雄かを鑑別する。1羽の鑑別はほんの数秒で終わる。

 「もし雄鶏であれば、総排出腔に針のような小さな突起があります。もし雌鶏であれば平らです。鑑別したら、雄鶏は右に、雌鶏は左に分けておきます。言うのは簡単ですが、正しく見分けられるようになるまでに私は5か月かかりました。技術を習得するための受講料は3000万VND(約14万円)以上でした」とメンさんは語る。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[Dan Viet 04:55 22/05/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
クジラを祀るベトナムの「鯨寺」 (23日)
 北中部地方ハティン省カムスエン郡には、クジラを祀る「ドゥックグーオン廟(mieu Duc Ngu Ong)」がある。死んだクジラを見つけると、人々は死骸をこの「鯨寺」に運んで埋葬し、頭部の十字の印または陰陽コイン...>> 続き
彼女にフラれてボディビルの道へ、ベトナム人青年が日本でチャンピオンになるまで (16日)
 今から7年前、ルオン・ホン・ソンさん(男性・30歳)は恋人と別れたモヤモヤやストレスを晴らすため、ジムでのトレーニングを始めることにした。予期せず、この決断が彼の人生の方向を変えることになった。  ...>> 続き
精神疾患の母親を支える大学生、18年間変わらぬ願い (9日)
 6歳のとき、自宅でクラスメイトに「お前のお母さんはどこ?」と聞かれたレ・ドゥック・ヒエウさん(18歳)は、台所に鎖でつながれている人をおそるおそる指さした。するとクラスメイトたちは「頭がおかしいおばさ...>> 続き
【特集】2021年ベトジョー記事アクセス数ランキング (2日)
 VIETJOベトナムニュースが2021年に配信した「特集」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 https>> 続き
ハノイで初のメトロ運行開始、着工10年の軌跡 (21/12/26)
 緑色の車体の電車が、警笛を鳴らしながらカットリン駅のホームに到着した。ホームでは、老若男女問わず多くの人々が興奮を隠せずにいた。2021年11月6日の朝、人々は一張羅で出かけ、それまで先進国にしかなかっ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited